近郊型電車 無機質な駅へ(16)

2013年03月14日 15:00

01140.jpg


コンクリートで固められた路線、それが建設された時代は、今から振り返れば既にレトロなのかもしれない。

[2010/3 佐原駅 JR鹿島線536M佐原行終着(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(15)

2013年03月13日 14:59

01139.jpg


行き止まりの短いホームに到着した。
ここから再び、無機質な駅に向かうのだろう。

[2010/3 佐原駅 JR鹿島線536M佐原行終着(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(14)

2013年03月12日 14:51

01138.jpg


ある時代になるまでは、ここに鉄道を通すことはできなかっただろう。
そして、ある時代になって、自然を切り裂くような鉄路が架けられた。
今振り返ると、技術と洗練の間で揺れながらも、勢いで突き進んだ昭和の時代を象徴するかのよう。

[2010/3 十二橋駅~香取駅 JR鹿島線536M佐原行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(13)

2013年03月11日 14:48

01137.jpg


そして近郊型電車で、この駅を離れる時。
風が吹く、雲が流れてゆく。
今でも、この日になると想うことがある。

[2010/3 十二橋駅 JR鹿島線536M佐原行(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(12)

2013年03月10日 14:48

01136.jpg


開業したときから無人駅。
小さな待合室に遊ぶ子供は、次の列車に乗るのだろうか。

[2010/3 JR鹿島線十二橋駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(11)

2013年03月09日 14:47

01135.jpg


無機質な駅。
昭和の高度成長を可視化したようなコンクリートの構造物は、飾り気のないまま、時を重ねている。

[2010/3 JR鹿島線十二橋駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(10)

2013年03月08日 14:46

01134.jpg


鉄建公団により建設され、昭和45年に開業した十二橋駅。
人工的で直線的な高架橋が、空間を貫いている。

[2010/3 JR鹿島線十二橋駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(9)

2013年03月07日 14:44

01133.jpg


一直線の高架橋には、木の枕木が並んでいる。
風が吹き抜ける。

[2010/3 JR鹿島線十二橋駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(8)

2013年03月06日 14:42

01132.jpg


列車はこの駅に着いた。
近郊型電車は、歴史あるカラーを纏い、身綺麗な印象で。

[2010/3 十二橋駅 JR鹿島線1537M鹿島神宮行(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(7)

2013年03月05日 14:40

01131.jpg


水を旅する車窓。
利根川は、平らな景色の中に一体になってさらに広がってゆく。

[2010/3 香取駅~十二橋駅 JR鹿島線1537M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(12)

2010年12月01日 11:14

00371.jpg


コンクリートの無機質な高架ホーム、高度成長期の頃の造作だ。
麗らかな日和、普通列車が静かに佇む。

[2004/11 鹿島神宮駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行終着(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(11)

2010年11月30日 11:10

00370.jpg


千葉から70キロ超の普通列車の旅、終点に着いた。
少しの乗客を降ろすと、早速千葉への折り返しの準備を始めている。

[2004/11 鹿島神宮駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行終着(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(10)

2010年11月29日 11:06

00369.jpg


長い鉄橋をもう少しで渡り終える。
向こう岸に着くということは、また新しい風景との出会いがあるということだ。

[2004/11 延方駅~鹿島神宮駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(9)

2010年11月28日 11:05

00368.jpg


車窓に映るのは、大きな水面と晴れ渡った空。

[2004/11 延方駅~鹿島神宮駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(8)

2010年11月27日 11:05

00367.jpg


霞ヶ浦の一端、北浦を長い鉄橋で渡る。
窓を開けると、初冬の冷たい風が入ってきた。
水辺を走る列車は、いつだってドラマチックだ。

[2004/11 延方駅~鹿島神宮駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(7)

2010年11月26日 11:02

00366.jpg


山に分け入るような景色に変わった。
枕木も木だ。
それでも列車はスピードを落とすことなく、走ってゆく。

[2004/11 潮来駅~延方駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北関東の東側へ(6)

2010年11月25日 10:54

00365.jpg


鹿島線に入った列車は、大きな鉄橋で利根川を渡る。
昭和45年開業のこの路線は、当時の雰囲気“重厚長大”を体現するかのように、橋梁と高架橋の連続で水郷を貫いてゆく。

[2004/11 香取駅~十二橋駅 JR鹿島線1531M鹿島神宮行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません