只見線・会津若松へ(18)

2018年02月06日 20:54

04661.jpg


ホームに降りた僕の前には、この駅で旅を終えた列車。
夢は、この駅から旅立つ列車が引き継いでゆく。


2010/2 会津若松駅 JR只見線434D会津若松行終着(キハ40形)・JR磐越西線239D野沢行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(17)

2018年02月06日 20:22

04660.jpg


列車は、雪原に明かりを振り撒き走り始めた。
終点まで37分の旅路。


2010/2 会津坂下駅~若宮駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(16)

2018年02月06日 20:15

04659.jpg


上下の列車が出会い、エンジンの音がこだまする。
寂しいことに、彼方にも此方にも乗客の姿が見えない。


2010/2 会津坂下駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)・433D会津川口行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(15)

2018年02月05日 20:14

04658.jpg


対向列車が到着するまで。
夜の駅に停まる列車、エンジンの音だけを響かせて。


2010/2 会津坂下駅 JR只見線434D会津若松行 車内(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(14)

2018年02月05日 20:11

04657.jpg


乗客はやって来るだろうか。
この列車が、会津若松に向かう今日の終列車。


2010/2 会津坂下駅 JR只見線434D会津若松行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(13)

2018年02月05日 20:11

04656.jpg


会津若松へ。
山を下り、様々な列車の集まる町の駅へ。


2010/2 会津坂下駅 JR只見線434D会津若松行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(12)

2018年02月04日 18:46

04655.jpg


線路の雪は融けていき、あと少しでやって来る春を待っている。
列車が来るまで、ゆっくりと過ごそう。


2010/2 JR只見線 会津坂下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(11)

2018年02月04日 18:45

04654.jpg


駅舎から漏れる灯だけが、辺りを照らしている。
列車は、まだ来ない。


2010/2 JR只見線 会津坂下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(10)

2018年02月04日 17:59

04653.jpg


木々の向こう、上の方にあるホーム。
ここに次の列車が来るのは、何時間後か。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(9)

2018年02月03日 17:58

04652.jpg


山の斜面のホームへ、階段だけが延びている。
昔はあったはずの駅舎も、今はなく。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(8)

2018年02月03日 17:57

04651.jpg


ああ、もう見えなくなってしまう。
列車が駅に着いてから、たったの2、3分。
こんなにも心惹かれた時間。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(7)

2018年02月03日 17:56

04650.jpg


エンジンを唸らせる列車の音が、随分遠くに聞こえる。
青みを増す世界に、冷え切った風が吹く。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(6)

2018年02月02日 17:56

04649.jpg


乗るつもりの列車でもないのに。
まだ行かないで欲しいと、無人駅の静かさに一人、身を置いて。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(5)

2018年02月02日 17:56

04648.jpg


次の駅まで、森の中を走ってゆく。
後姿を、森に包まれた駅で見詰めている。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(4)

2018年02月02日 17:56

04647.jpg


列車は、もうこの駅を離れてゆく。
人の気配が、遠退いてゆく。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(3)

2018年02月01日 17:56

04646.jpg


どんなに小さな無人駅でも、列車が来ると時が華やぐ。
ドアが閉まり、その一瞬が終わろうとしている。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(2)

2018年02月01日 17:55

04645.jpg


一番前の乗務員室から降りて、車掌氏がホームの安全を見届けている。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

只見線・会津若松へ(1)

2018年02月01日 17:55

04644.jpg


数時間ぶりにやって来た下り列車。
刻々と寒くなってゆく無人駅に、列車の音が響く。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(21)

2017年02月28日 17:54

03872.jpg


ゆっくりと近付いてくる。
夜、この路線を走破する列車の旅路は、まだまだ長い。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(20)

2017年02月28日 17:54

03871.jpg


下り列車が、宵闇を衝いて山を登ってくる。
電球の温かな色合いのヘッドライトを照らして。


2010/2 塔寺駅 JR只見線429D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(19)

2017年02月28日 17:46

03870.jpg


ホームを照らす電灯が灯り、駅は夜を迎える。
次の列車が走ってくる頃まで、空に残照はあるだろうか。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(18)

2017年02月27日 17:44

03869.jpg


日が暮れて、世界の全てが青く染まってゆくとき。
次の列車を待ちながら、冷たい風に凍えている。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(17)

2017年02月27日 17:21

03868.jpg


森の奥へ。
滑らかなカーブを描いて、レールは山へ入ってゆく。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(16)

2017年02月27日 16:42

03867.jpg


雲が流れて、列車のいない駅に、今日最後の日が差し込んだ。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕暮れ、静けさ(15)

2017年02月26日 16:35

03866.jpg


雪降る土地故だろう、ホームに上がる階段には屋根が付いている。
とうの昔に無人化され、駅舎も既に失われている。


2010/2 JR只見線 塔寺駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません