博多から近郊へ(14)

2014年06月25日 16:12

01960.jpg


開け放った車窓に飛び込んできた、異様な工場の風景。
雲が厚く広がってきた。


2008/6 香春駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

博多から近郊へ(13)

2014年06月25日 15:54

01959.jpg


とうの昔に廃止されたスイッチバック。
一段低いところに、以前のホームがそのまま残っているのを見て、また気動車はエンジンを震わせる。


2008/6 呼野駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

博多から近郊へ(12)

2014年06月24日 15:44

01958.jpg


小倉を出て30分もすれば、車窓に映っては消えてゆく駅も、長閑な風景になっている。


2008/6 志井駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

博多から近郊へ(11)

2014年06月24日 15:17

01957.jpg


ホームの端に停まっている日田彦山線への列車。
サボを差し替えるために、ホームと反対側のドアも開けられて、都市にもローカル線の緩さが漂う。


2008/6 小倉駅 JR日田彦山線(JR日豊本線)963D日田行(キハ147形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

走り続ける

2010年06月15日 17:11

00153.jpg


一つ一つの駅に停まりながら、目的地へと走ってゆく普通列車。
小さな駅にも、この列車には誰も乗り降りしない駅にも。
その片隅に咲く花、緑鮮やかな植木、今朝置かれたのであろう自転車。
鉄道は、今日も生活の一部となって走り続けている。

[2008/6 宝珠山駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雲の模様

2010年06月14日 17:07

00152.jpg


雲が薄墨を画用紙に垂らした文様であるかのように、モノトーンの陰影を描いている。
風を受けて、走る列車は終点を目指している。

[2008/6 大行司駅~夜明駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

次の駅へ

2010年06月13日 17:06

00151.jpg


ガタガタンと音を立てて、駅を出発した列車はポイントを通過し、再び単線の鉄路を走り始める。
山の静かな雨、風が吹き渡る。

[2008/6 大行司駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

交換列車

2010年06月12日 17:06

00150.jpg


974D田川後藤寺行と行き違う。
その列車は、今時らしい鮮やかな黄色を纏った、軽快な車両だ。
出発する様も、こちらの重々しさはなく、軽やかにスピードを上げてゆく。

[2008/6 大行司駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)・974D田川後藤寺行(キハ125形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

空と緑

2010年06月11日 17:01

00149.jpg


棚田が見え、山が迫り、空と緑の中を列車は走る。
鉄路は右へ、左へ。
窓を開けて、風を浴びる。

[2008/6 彦山駅~大行司駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

過ぎ行く駅

2010年06月10日 16:51

00148.jpg


雨粒の光る車窓に、草生したホームが流れてゆく。
駅を発車した列車は徐々に速度を上げ、景色は向こうへ、向こうへと過ぎ去ってゆく。

[2008/6 彦山駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓の駅

2010年06月09日 16:51

00147.jpg


山に囲まれた立派な駅舎が素晴らしい。
列車の少ない夜明側の区間にある、静かな駅。
今では無人駅だという。

[2008/6 彦山駅 JR日田彦山線963D日田行 車内(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

運転台からの景色

2010年06月08日 16:46

00146.jpg


エンジンを唸らせながら坂を登ってゆく列車。
車内は轟音で他の物音が聞こえなくなる程だ。
国鉄時代の車両を改良しながら、今でも大切に使っている。

[2008/6 添田駅~彦山駅 JR日田彦山線963D日田行 車内(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

梅雨の車窓

2010年06月07日 16:45

00145.jpg


低く垂れ込めた梅雨の雨雲が、爽やかなはずの里山の景色を重苦しくしている。
窓を開けると、濡れた緑の匂いが飛び込んできた。
列車はエンジン音を響かせて、次の駅へと向かう。

[2008/6 添田駅~彦山駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ボックスシート

2010年06月06日 16:08

00144.jpg


背もたれの硬いボックスシートに座っていると、レールの響きが心地良く身体に響いてくる。
小雨降る中、列車は緑に囲まれた鉄路を進んでゆく。

[2008/6 香春駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

次に訪れるときまで・・・

2010年06月05日 16:01

00143.jpg


停まった列車から見えたのは、見るからに古そうな木造の駅舎。
小型版の時刻表には表示もされていない、小さな駅。
列車が停まった出会いと、ほんの1、2分での別れ。

[2008/6 採銅所駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ホームの木々

2010年06月04日 16:00

00142.jpg


ホームに大きく育った木々の緑眩しく、眺めていると心穏やかになってくる。
静かな駅に、列車は到着した。

[2008/6 採銅所駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

夢のあと

2010年06月03日 15:54

00141.jpg


以前はスイッチバックがあったという。
向こうのホームは、その名残だろうか。今では草生して、往時を偲ぶのみ。
隣の駅の名は「採銅所」、この一帯に活気のあった頃を一目見てみたかった。

[2008/6 呼野駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

緑に囲まれて

2010年06月02日 15:49

00140.jpg


小倉を出た列車は日豊本線に入り、城野から日田彦山線へ。
景色が急に長閑に、そして緑の豊かな車窓に変化していく。
梅雨に濡れた小さな駅の、しっとりとした味わい。

[2008/6 石原町駅 JR日田彦山線963D日田行 車窓(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

サボ

2010年06月01日 15:18

00139.jpg


終着駅に着くたびに、一つ一つ人手で差し替えられる行先を示すサボ。
鉄道が、鉄道員によって成り立っていることを、些細かもしれない光景から感じる。

[2008/6 小倉駅 JR日田彦山線(JR日豊本線)963D日田行(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線の風情

2010年05月31日 15:17

00138.jpg


気動車の排気ガスが溜まらないよう、駅舎の下を避けてホームの端に停まっている。
カラフルな電車が忙しなく行き交う中、この列車の周りにだけ、ローカル線の先の景色への期待を漂わせている。

[2008/6 小倉駅 JR日田彦山線(JR日豊本線)963D日田行(キハ147形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません