博多から近郊へ(8)

2014年06月22日 14:22

01953.jpg


気動車が走る姿に、在りし日の筑豊本線を思う。
古びたホームに響くエンジンの音。


2008/6 折尾駅 JR筑豊本線6450D若松行(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

博多から近郊へ(7)

2014年06月22日 13:34

01950.jpg


筑豊本線の名に残る、石炭を運ぶ長い貨物列車のイメージ。
今では“福北ゆたか線”として電化され、最新の電車が軽やかに走る。


2008/6 鞍手駅~筑前垣生駅 JR筑豊本線4634H快速門司港行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

筑豊本線の今

2010年05月27日 14:22

00134.jpg


筑豊本線と聞くと、非電化の複線での盛んな石炭輸送を想像する。
しかし今の時代にその面影は、車窓にはなかなか見つけられなかった。
折尾駅から終点の若松駅までは、今でものんびりとディーゼルカーが走っている。もうすぐ発車だ。

[2008/6 折尾駅 JR筑豊本線6452D若松行(キハ47形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

改札の向こう

2010年05月25日 13:45

00132.jpg


改札口の向こうに列車が見える、そんな風景が好きだ。
今からどこかへと旅立ってゆく列車が、その向こうに見える駅の日常の風景。

[2008/6 折尾駅 JR筑豊本線6450D若松行(キハ47形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません