造られた町へ(12)

2018年01月31日 14:57

04643.jpg


高度成長期に造られた、鉄道と町。
ここを初めて訪ねて、僕は、真新しかった頃を想像している。


2015/1 西台駅 志村車両検修場 都営三田線滞泊列車(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(11)

2018年01月31日 14:56

04642.jpg


線路を覆うのは、人工的に作られた地盤。
人々の暮らしの下で、東京を走る列車が休んでいる。


2015/1 西台駅 志村車両検修場 都営三田線滞泊列車(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(10)

2018年01月30日 14:52

04641.jpg


この路線を、東急の車両が走っているのが不思議。
三田線の孤立していた印象、それも過去の話に。


2015/1 西台駅 志村車両検修場 都営三田線滞泊列車(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(9)

2018年01月30日 14:46

04640.jpg


一つの線路に、列車が並んで停まっている。
夕方には、再び乗客を乗せて走るのだろうか。


2015/1 西台駅 志村車両検修場 都営三田線滞泊列車(6300系・3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(8)

2018年01月29日 14:45

04639.jpg


この町が作られたとき、夢見た人も多かったことだろう。
駅も団地も変わらないまま、風景はいつしか、時代から離れていった。


2015/1 都営三田線 西台駅 志村車両検修場


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(7)

2018年01月29日 14:40

04638.jpg


駅の反対側には、大きな団地と、三田線の車庫。
鉄とコンクリートで造られ、数十年を経て古びて、列車だけが新しい。


2015/1 西台駅 志村車両検修場 都営三田線滞泊列車(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(6)

2018年01月28日 13:19

04637.jpg


差し込む日差しは、車内を温かくしているだろうか。
冬の抜けるような空、風は冷たい。


2015/1 西台駅~高島平駅 都営三田線1247T西高島平行(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(5)

2018年01月28日 13:13

04636.jpg


線路が2層に重なり合っている。
人工的な鉄道の風景に、ビルが陰陽の模様をつける。


2015/1 西台駅~高島平駅 都営三田線1135T西高島平行(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(4)

2018年01月27日 13:03

04635.jpg


ニュータウンという言葉を思い出す。
今では聞かなくなった、高度成長期を思い出させる言葉。


2015/1 西台駅 都営三田線1242T白金高輪行(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(3)

2018年01月27日 12:50

04634.jpg


この路線が作られた昭和40年代前半。
まだ余裕があって、地下にする必要がなかったのかもしれない。


2015/1 志村三丁目駅~蓮根駅 都営三田線1139T西高島平行 車窓(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(2)

2018年01月26日 12:23

04633.jpg


昭和の面影残る駅にまで、ホームドアがある時代。
東急への直通運転が、この地下鉄を進化させた。


2015/1 都営三田線 神保町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

造られた町へ(1)

2018年01月26日 12:21

04632.jpg


東京にいても、普段使わない路線がたくさんある。
その名前を知っていても、この街を歩いたことがあっても。


2015/1 神保町駅 都営三田線1143T西高島平行(6300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません