雨降る小さな私鉄で(18)

2017年12月16日 11:36

04526.jpg


初めて訪ねた駅、何故だろう、僕はほっとした。
手書きのような文字、小さな私鉄の終着駅で。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行終着(5000系)・滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(17)

2017年12月16日 11:35

04525.jpg


ホームに木が植えられている。
電車は検査中だろうか、穏やかな駅の時の流れ。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(16)

2017年12月15日 11:35

04524.jpg


同じデザインで、1本だけが鋼鉄で、他はステンレスで。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行終着(5000系)・滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(15)

2017年12月15日 11:34

04523.jpg


終着駅には、同じ形の電車が昼寝。
雨の昼間に、乗客のいなくなった駅は静か。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行終着(5000系)・滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(14)

2017年12月14日 11:33

04522.jpg


運転台の濡れたガラスの向こうには、混雑した通勤ラッシュを思わせる、ステンレスの電車。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓・滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(13)

2017年12月14日 11:33

04521.jpg


線路の終わりは、駅と小さな車庫。
枝分かれする線路に、休む列車の姿。


2014/12 大雄山駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓・滞泊列車(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(12)

2017年12月13日 11:28

04520.jpg


雨が車窓をぼやけさせ、冬が景色のコントラストを落としてゆく。
濡れた車窓から、濡れた景色を見て。


2014/12 塚原駅~和田河原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(11)

2017年12月13日 11:23

04519.jpg


3両編成の列車が行き違えるだけの、小さな駅。
向こうから列車は来るのだろうか。


2014/12 相模沼田駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(10)

2017年12月12日 11:19

04518.jpg


降ったり、止んだり。
走ったと思えば、すぐに次の駅へ。


2014/12 穴部駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(9)

2017年12月12日 11:16

04517.jpg


駅を出れば、すぐに次の駅に。
雨は止んで、五百羅漢という名の駅に着いた。


2014/12 五百羅漢駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(8)

2017年12月11日 11:13

04516.jpg


雨が、列車を濡らしてゆく。
この上ない急カーブで町の裏を抜けて。


2014/12 緑町駅~井細田駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(7)

2017年12月11日 11:12

04515.jpg


ゆっくりと走り始めて、駅を出て、単線へ。
この列車のために、進路が定まっている。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(6)

2017年12月10日 11:10

04514.jpg


もう少しで、発車の時刻。
暖かな車内に入ろう。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(5)

2017年12月10日 11:08

04513.jpg


大きな窓が今も美しい、30年前のデザイン。
光る車体は、時を忘れさせてくれる。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(4)

2017年12月09日 11:07

04512.jpg


大きな駅の片隅のホームから、望む先は単線に。
10キロに満たない先に、どんな町があるのだろう。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(3)

2017年12月09日 11:05

04511.jpg


改札を入れば、そのままホームに出られる。
私鉄らしい、駅の情景。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雨降る小さな私鉄で(2)

2017年12月08日 11:04

04510.jpg


改札に向かう通路、窓から駅を見渡してみる。
東京の延長の路線、ここから始まる小さな私鉄。


2014/12 小田原駅 伊豆箱根鉄道大雄山線53大雄山行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません