深秋の夜に(12)

2017年11月17日 18:05

04453.jpg


今から乗る下り列車は、新しい車両。
房総半島を走る列車が、次の世代に移ろうとしていた。


2010/11 大原駅 JR外房線287M安房鴨川行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(11)

2017年11月17日 18:00

04452.jpg


所狭しと機器が並ぶ運転台。
これを確認し、操作しながら列車を走らせる、すごいことだと思う。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(10)

2017年11月16日 17:52

04451.jpg


空の暗さに、街中にはない夜の駅の寒さを感じて。
ドアを開けた車内に、風が吹き込む。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(9)

2017年11月16日 17:51

04450.jpg


昔から変わらない、ボックスシート。
垂直の背凭れ、硬い乗り心地で走る列車の記憶。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(8)

2017年11月15日 17:49

04449.jpg


日が暮れた駅に、冷たい風が吹いていた。
この駅を出れば線路は単線、ゆっくりとした時の流れ。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(7)

2017年11月15日 17:47

04448.jpg


これから向かう千葉で折り返すとき、この列車は満員になるのだろう。
2つの編成を繋げて、発車の時刻を待っている。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(6)

2017年11月14日 17:45

04447.jpg


消えゆこうとしている電車。
そのデザイン、そのカラー、最後の活躍を心に刻む。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(5)

2017年11月14日 17:18

04446.jpg


日が暮れて、車窓はもう暗くなった。
千葉の喧騒が想像もつかないくらいに、今、車内は静か。


2010/11 上総興津駅 JR外房線298M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

深秋の夜に(4)

2017年11月13日 17:14

04445.jpg


山に囲まれた狭いホーム。
駅名になった施設がなくなった後も、きっと誰かが乗り降りしている。


2010/11 行川アイランド駅 JR外房線298M千葉行 車窓(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

千葉・昭和の頃(7)

2017年07月19日 14:15

04187.jpg


特急列車が駅を通過する、颯爽と。
普通列車の窓から、その姿を眺めていた。


1987 東浪見駅 JR外房線下り列車 車窓(113系)・特急わかしお号(183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

千葉・昭和の頃(6)

2017年07月18日 14:00

04186.jpg


国鉄時代から、まだ殆ど変わっていなかっただろう。
30年の歳月は、列車を変え、駅の風景を変えたことだろう。


1987 永田駅 JR外房線下り列車 車窓(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません