北関東を走る(12)

2017年07月27日 12:59

04204.jpg


半年後、真冬になれば冷たい北風が吹き、架線も凍る。
霜取りパンタグラフを装備した列車は、勇ましく、静かに停まっていた。


2013/7 小山駅 JR両毛線449M小山行終着(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(11)

2017年07月27日 12:57

04203.jpg


耐震補強が剥き出しの、新幹線の高架下。
日の当たる東北本線から離れて、ローカル線は片隅に。


2013/7 小山駅 JR両毛線449M小山行終着(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(10)

2017年07月26日 12:56

04202.jpg


切り欠きのホームは、既に線路を剥がされていた。
この路線に、長いホームが必要な列車が走ったことがあったのだろうか。


2013/7 JR両毛線 小山駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(9)

2017年07月26日 12:54

04201.jpg


両毛線のホームは、新幹線の高架下。
行き止まりの線路に、折り返しを待つ近郊型電車。


2013/7 小山駅 JR両毛線454M高崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(8)

2017年07月25日 12:36

04200.jpg


両毛線でこの駅だけが、列車の行き違いができない。
使われなくなったホームに、跨線橋の跡だけが寂しく残る。


2013/7 大平下駅 JR両毛線449M小山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(7)

2017年07月25日 12:30

04199.jpg


岩船山の異様な姿が、車窓に映り込む。
有名な霊山をも、採石で形を変えてしまうことに驚き。


2013/7 佐野駅~岩舟駅 JR両毛線449M小山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(6)

2017年07月24日 12:18

04198.jpg


刻々と、車窓はうつろう。
列車は走り、僕はゆっくりとそれを眺めている。


2013/7 足利駅~富田駅 JR両毛線449M小山行 車窓(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(5)

2017年07月24日 12:17

04197.jpg


緑濃き車窓は、どこまでも続いている。
列車に揺られて、光のコントラストを楽しんでいる。


2013/7 足利駅~富田駅 JR両毛線449M小山行 車窓(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(4)

2017年07月23日 11:36

04196.jpg


向かいから、高崎に戻る列車が旅立ってゆく。
真夏の日差しに、新しい高架橋が輝いている。


2013/7 伊勢崎駅 JR両毛線449M小山行(211系)・630M高崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(3)

2017年07月23日 11:02

04195.jpg


真夏の暑さが、駅を包み込んでいる。
クーラーの効いた車内に入ろう。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)449M小山行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(2)

2017年07月22日 11:00

04194.jpg


この列車に乗って、旅に出よう。
上野の大混雑からは離れて、北関東の長閑な風景を走る列車に。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)449M小山行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北関東を走る(1)

2017年07月22日 10:45

04193.jpg


この車両には、湘南色が本当によく似合う。
高崎を訪ねれば、駅に停まる列車がいつも魅力的に映る。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)633M伊勢崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません