房総のローカル線(17)

2017年12月24日 20:16

04543.jpg


エンジン音を響かせ、警笛を鳴らし、夜の駅を発車していった。
テールライトが見えなくなるまで、後姿を見送っている。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(16)

2017年12月24日 20:10

04542.jpg


間もなく、発車の時間になる。
隣のホームには、列車の来ない錆びた線路。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(15)

2017年12月24日 20:09

04541.jpg


今まで、何十年もこの土地を走り続けてきた。
いくつものドラマを、見届けてきた。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(14)

2017年12月23日 20:08

04540.jpg


紺色のサボ、K.T.K.の切り抜きロゴ。
今では見る機会の少なくなった、素朴な鉄道の姿。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(13)

2017年12月23日 20:08

04539.jpg


発車までのひととき。
気温が下がってゆく。
暖かな缶コーヒーを手に、列車を眺めて、旅を想う。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(12)

2017年12月22日 20:07

04538.jpg


木造のラッチに、駅員の姿はなかった。
人影のない駅、2両の気動車だけ。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(11)

2017年12月22日 20:06

04537.jpg


到着したのは、国鉄の古い気動車のよう。
時代を越えて、僕に懐かしさを思い出させてくれる。


2008/12 養老渓谷駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(10)

2017年12月21日 19:53

04536.jpg


観光地の駅は、夜も更けて、もう少しで最終列車がやって来る。
ホームに女性が一人、寒さを堪えるように立っていた。


2008/12 小湊鉄道 養老渓谷駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(9)

2017年12月21日 19:28

04535.jpg


この駅のすぐ先で途切れている。
すぐ横には、もう一つの線路、つながってはいない。


2008/12 小湊鉄道 上総中野駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(7)

2017年12月20日 19:21

04533.jpg


僕がまだ小さかった頃、確か、無人駅ではなかったと思う。
今では、待合室だけ、通り抜けるだけの小さな駅舎になっている。


2008/12 小湊鉄道 上総中野駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

房総のローカル線(4)

2017年12月18日 19:14

04530.jpg


片方向への列車は、既に終わっていた。
夜7時過ぎ、冬の夜は、暗く、長い。
明日、再び列車がやって来るまで。


2008/12 小湊鉄道 上総中野駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

千葉・昭和の頃(12)

2017年07月21日 15:40

04192.jpg


大きな駅舎は、やがて取り壊された。
木原線は廃止され、いすみ鉄道に変わった。
父に連れてきてもらった思い出を心に、せめて小湊鐡道のそのままの姿を見たい。


1987 上総中野駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません