大切な風景(10)

2017年02月05日 11:27

03819.jpg


冬の澄んだ景色に包まれて、今日も列車は走っている。
いつまでも見ていたい、大切な鉄道の風景。


2012/2 丹荘駅~群馬藤岡駅 JR八高線235D高崎行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

大切な風景(9)

2017年02月05日 11:08

03818.jpg


隣の駅を訪ねれば、そこにも、落ち着いた駅の風景。
程なくして、無人駅になった。


2012/2 JR八高線 丹荘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(8)

2017年02月04日 10:52

03817.jpg


エンジン音も高らかに、排煙を噴き上げて、列車は次の駅へと走り始めた。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(7)

2017年02月04日 10:52

03816.jpg


風を切って、乗客を乗せて走る、鉄道は凛々しい。
エンジンの音が、頼もしく聞こえてくる。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(6)

2017年02月03日 10:52

03815.jpg


上り列車が到着した。
ブレーキの音を立てて、この列車を待つ人のもとへ。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(5)

2017年02月03日 10:45

03814.jpg


本屋と書かれた木札。
木造の駅舎は、優しい風景を作り出す。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(4)

2017年02月02日 10:44

03813.jpg


関東近郊のローカル線。
100Km近くを走る中、こんなに静かな駅にも停まってゆく。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(3)

2017年02月02日 10:43

03812.jpg


鉄道の、時間の流れの雄大さを感じる。
昔は荷役用だっただろう線路に、大正10年と刻印された名もなき建屋。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(2)

2017年02月01日 10:40

03811.jpg


澄んだ空、透明な風。
陽だまりのベンチは、乗客が来るのを待っている。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大切な風景(1)

2017年02月01日 10:33

03810.jpg


列車を通してきた歴史が違うのだろう。
繋げられた2本のレールは、輝き方を異にしている。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西東京・気ままに(12)

2016年03月13日 18:09

03112.jpg


電化された八高線の南側、一体となった川越線、気動車が走り続ける八高線の北側。
ローカル線同士であっても、いくつかの路線が交わる駅は、複雑な様相を見せてくれる。


2004/3 JR八高線 高麗川駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西東京・気ままに(11)

2016年03月12日 18:00

03111.jpg


単線を走る列車に乗り、行き違いの待ち時間をホームに過ごすのが好き。
あちこちを走る見慣れた電車でさえ、旅の時間に包まれている気分。


2004/3 東飯能駅 JR八高線川越行(205系)・八王子行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西東京・気ままに(8)

2016年03月11日 16:28

03108.jpg


ステンレスボディーの綺麗な電車が走っていても、流れる時間はのんびりしている。
列車が来るまで、駅には静かな時間が流れる。


2004/3 拝島駅 JR八高線滞泊列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(18)

2015年07月31日 10:40

02718.jpg


八王子から96.4km、乗り継いできた列車は終着駅に滑り込んだ。
ホームに降りたとき、一つの旅が終わり、またその次の旅が始まる。


2013/7 高崎駅 JR八高線(JR高崎線)233D高崎行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(17)

2015年07月31日 10:22

02717.jpg


東京を発ち、埼玉を抜けて、群馬へ。
旅人は自由だ。どこにでも行ける。列車に乗って。


2013/7 丹荘駅~群馬藤岡駅 JR八高線233D高崎行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(16)

2015年07月30日 10:04

02716.jpg


夏の盛んな緑の世界に、2本のレールがどこまでも続いている。
空間を仕切るものは、何もない。


2013/7 用土駅~松久駅 JR八高線233D高崎行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(15)

2015年07月30日 09:47

02715.jpg


このまま列車は山に入ってゆくのだろうか。
それとも、再び町に出るのだろうか。


2013/7 折原駅~寄居駅 JR八高線233D高崎行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(14)

2015年07月29日 09:34

02714.jpg


軽やかな音を立てて、列車は走る。
行く手の線路を見据えて、左右に車体を揺らしながら。


2013/7 明覚駅~小川町駅 JR八高線233D高崎行 車内(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(13)

2015年07月29日 09:26

02713.jpg


僕が知っている時代も、そのはるか昔も、駅はずっとここで列車を迎えてきた。
確かにそのことを実感させてくれる、時の蓄積。


2013/7 明覚駅 JR八高線233D高崎行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(12)

2015年07月28日 09:23

02712.jpg


車窓の全てが鮮やかな緑一色に染まった瞬間、夏真っ盛りなんだと今を感じて。


2013/7 越生駅~明覚駅 JR八高線233D高崎行 車窓(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(11)

2015年07月28日 08:59

02711.jpg


ワンマン列車が、間もなく発車の時刻を迎える。
エンジンの音を聞いていると、ここがとても遠くのように感じられてくる。


2013/7 高麗川駅 JR八高線233D高崎行(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(10)

2015年07月27日 08:55

02710.jpg


都市近郊を走る。
里山を走る。
この駅で、2つの表情を乗せた列車が出会う。


2013/7 高麗川駅 JR八高線233D高崎行(キハ110形)・872E八王子行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(8)

2015年07月26日 08:52

02708.jpg


緑のトンネルを走り抜けて、もう少しで次の駅に着くだろう。
ずっと真っ直ぐの線路を。


2013/7 東飯能駅~高麗川駅 JR八高線877E川越行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(7)

2015年07月26日 08:50

02707.jpg


森の中へ、列車は走る!
その向こうの風景を見るために、もっと走る!


2013/7 東飯能駅~高麗川駅 JR八高線877E川越行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京発ローカル線(6)

2015年07月25日 08:47

02706.jpg


列車に揺られて、やがて緑に包まれてきたある駅で、伸びやかに心で深呼吸する。


2013/7 東飯能駅 JR八高線874E八王子行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません