いつもとは反対側へ(12)

2018年04月24日 15:48

04835.jpg


僕の中では、京成は古い車両も多いイメージ。
駅で見ていれば、次々と来るのは新しい車両ばかり、見飽きることはない。


2016/4 京成高砂駅 京成本線1434京成上野行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(10)

2018年04月23日 15:39

04833.jpg


上りホームから、まさに列車が発車してゆく。
金町線、北総鉄道、成田空港線、そしてこの本線、列車の集まる駅。


2016/4 京成高砂駅 京成本線1459K快速佐倉行 車窓・1506京成上野行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(9)

2018年04月23日 15:38

04832.jpg


青砥を出て、次の京成高砂まで、1駅だけが複々線。
本線、押上線、北総鉄道が交わる、京成の要衝の区間。


2016/4 青砥駅~京成高砂駅 京成本線1459K快速佐倉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

失われし駅(6)

2016年08月31日 16:24

03455.jpg


列車に乗って、暗いトンネルの中で目を凝らせば、仄かに灯の点いたホームが見えるそうだ。
列車が停まらなくなって、間もなく20年の歳月が過ぎようとしている。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(5)

2016年08月31日 16:23

03454.jpg


自動券売機も自動改札もない、昭和初期のままの駅。
時を超えて、今もそのままに。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(4)

2016年08月30日 16:21

03453.jpg


意匠の凝らされた石造りの駅舎。
モダン、という言葉が、上野の杜のこの駅に似合っている。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(3)

2016年08月30日 16:20

03452.jpg


石造りの駅の中は、昭和初期の開業当時のままだと言う。
どこからか、微かにでも中を伺い見ることができたなら。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(2)

2016年08月29日 16:19

03451.jpg


裏手を覗き込めば、洒落た窓が少しだけ開けられていた。
今もこの駅は生きている。
中を見てみたい、強い衝動に駆られる。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(1)

2016年08月29日 16:17

03450.jpg


美術館に博物館、図書館、東京芸大もある。
歴史ある文教地区、その一角に、ひっそりと佇む駅の跡。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません