真夏、下町の電車(9)

2018年07月23日 13:16

05049.jpg


外の暑さが、ガラス越しに伝わってくる。
家並みの中を縫うように。


2015/7 町屋駅~千住大橋駅 京成本線1335京成臼井行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(8)

2018年07月22日 13:14

05048.jpg


普通列車に乗れば、冷えた車内にほっとする。
前を見れば、色の入ったガラスが町を晴天に染めていた。


2015/7 新三河島駅~町屋駅 京成本線1335京成臼井行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(7)

2018年07月22日 13:13

05047.jpg


アスファルトが、コンクリートが、熱を帯びて。
太陽は今も照り付けて、日陰から出たくなくなる。


2015/7 京成本線 新三河島駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(6)

2018年07月21日 13:08

05046.jpg


訪ねたことのなかったこの路線。
走るのは新しい車両ばかり、随分綺麗になっている。


2015/7 新三河島駅 京成本線1116京成上野行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(5)

2018年07月21日 13:06

05045.jpg


成田空港へ、特急が通過するときだけ風を浴びた。
じりじりと焼けるような暑さ。


2015/7 新三河島駅 京成本線13AE13スカイライナー29号成田空港行(AE形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(4)

2018年07月20日 13:03

05044.jpg


普通列車を、初めての駅に降りてみた。
時代を遡って、この駅の風景を想像してみたくなって。


2015/7 新三河島駅 京成本線1203津田沼行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(3)

2018年07月20日 13:00

05043.jpg


10年以上前に廃止された、公園の地下の駅。
戦前の姿を見たかったと思う内に、一気に高架線へ。


2015/7 京成上野駅~日暮里駅 京成本線1203津田沼行 車窓・JR常磐線(JR東北本線)378M上野行(E531系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(2)

2018年07月19日 12:59

05042.jpg


上野恩賜公園の真下、トンネルに薄明かりが灯る。
使われなくなったものは、色はくすみ、埃にまみれ、存在がぼやけてゆく。


2015/7 京成上野駅~日暮里駅 博物館動物園前駅跡 京成本線1203津田沼行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真夏、下町の電車(1)

2018年07月19日 12:57

05041.jpg


地下ホームは、どこかのんびりとした雰囲気。
JRや地下鉄の駅から少し離れているためだろうか。


2015/7 京成上野駅 京成本線1203津田沼行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(12)

2018年04月24日 15:48

04835.jpg


僕の中では、京成は古い車両も多いイメージ。
駅で見ていれば、次々と来るのは新しい車両ばかり、見飽きることはない。


2016/4 京成高砂駅 京成本線1434京成上野行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(10)

2018年04月23日 15:39

04833.jpg


上りホームから、まさに列車が発車してゆく。
金町線、北総鉄道、成田空港線、そしてこの本線、列車の集まる駅。


2016/4 京成高砂駅 京成本線1459K快速佐倉行 車窓・1506京成上野行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(9)

2018年04月23日 15:38

04832.jpg


青砥を出て、次の京成高砂まで、1駅だけが複々線。
本線、押上線、北総鉄道が交わる、京成の要衝の区間。


2016/4 青砥駅~京成高砂駅 京成本線1459K快速佐倉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(8)

2018年04月22日 15:36

04831.jpg


本線と出会う駅へ。
ダイナミックに坂を登って、2層に重なる駅のホームへ。


2016/4 京成立石駅~青砥駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(7)

2018年04月22日 15:35

04830.jpg


羽田と成田、2つの空港連絡の役割を担っている。
3社局を跨って、それぞれの車両が往来している。


2016/4 京成立石駅~青砥駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓・1400Kアクセス特急羽田空港行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(6)

2018年04月21日 15:34

04829.jpg


駅を通過して、また速度を上げて、次の駅も通過して。


2016/4 四ツ木駅~京成立石駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車内(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(5)

2018年04月21日 15:33

04828.jpg


荒川には、鉄道の橋が19本掛けられているそうだ。
上流から15番目、1999年に架け替えられた新しい鉄橋。


2016/4 八広駅~四ツ木駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(4)

2018年04月20日 15:33

04827.jpg


真っ赤な車体は、京急のアイデンティティ。
乗り入れ先の路線でも、その自己主張ははっきりしている。


2016/4 八広駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓・1560H三崎口行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(3)

2018年04月20日 15:33

04826.jpg


行く手を眺めている下り線、高架化されて半年足らず。
コンクリートが白く輝く、新しい線路。


2016/4 京成曳舟駅~八広駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもとは反対側へ(2)

2018年04月19日 15:30

04825.jpg


駅が地下に移って、56年。
柱には鉄板が巻かれ、間には斜交いの鉄骨、物々しい。


2016/4 押上駅 京成押上線1459K快速佐倉行 車窓・都営浅草線1466K西馬込行(3000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

スカイツリーから(5)

2017年04月07日 14:25

03950.jpg


4つの路線が複雑に絡まって、ダイナミックな姿を魅せてくれる。
東京の鉄道の姿。


2016/4 押上駅~京成曳舟駅 京成押上線1289H青砥行(1000系)・曳舟駅~小村井駅 東武亀戸線A47亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

失われし駅(6)

2016年08月31日 16:24

03455.jpg


列車に乗って、暗いトンネルの中で目を凝らせば、仄かに灯の点いたホームが見えるそうだ。
列車が停まらなくなって、間もなく20年の歳月が過ぎようとしている。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(5)

2016年08月31日 16:23

03454.jpg


自動券売機も自動改札もない、昭和初期のままの駅。
時を超えて、今もそのままに。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(4)

2016年08月30日 16:21

03453.jpg


意匠の凝らされた石造りの駅舎。
モダン、という言葉が、上野の杜のこの駅に似合っている。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(3)

2016年08月30日 16:20

03452.jpg


石造りの駅の中は、昭和初期の開業当時のままだと言う。
どこからか、微かにでも中を伺い見ることができたなら。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

失われし駅(2)

2016年08月29日 16:19

03451.jpg


裏手を覗き込めば、洒落た窓が少しだけ開けられていた。
今もこの駅は生きている。
中を見てみたい、強い衝動に駆られる。


2015/8 京成本線 博物館動物園駅跡


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません