夕に和歌山、そして夜に大阪(6)

2018年05月03日 19:22

04853.jpg


次の列車へ、改札口へ、誰もがすぐに離れてゆく。
列車から眺めた車窓を思い出すこともないかのように。


2010/5 和歌山駅 JR和歌山線475M和歌山行終着(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕に和歌山、そして夜に大阪(5)

2018年05月03日 18:37

04852.jpg


夕暮れを走る列車は、何故か物悲しい。
遠くに行ってしまうから、ここから去ってゆくから。


2010/5 紀伊長田駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕に和歌山、そして夜に大阪(4)

2018年05月02日 18:35

04851.jpg


列車が行き違う。
ヘッドライトを灯した列車の姿が、薄暮に凛々しく見えた。


2010/5 粉河駅 JR和歌山県475M和歌山行 車窓・1472M五条行(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕に和歌山、そして夜に大阪(3)

2018年05月02日 17:59

04850.jpg


夕暮れに、車窓はシルエットに変わってゆく。
ドアが閉まり、また旅路を走り始める。


2010/5 隅田駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕に和歌山、そして夜に大阪(2)

2018年05月01日 17:57

04849.jpg


次は、どんな駅に停まるのだろう。
通勤電車のスタイルで、穏やかな緑の風景を走ってゆく。


2010/5 大和二見駅~隅田駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夕に和歌山、そして夜に大阪(1)

2018年05月01日 17:56

04848.jpg


和歌山を走る列車、窓を開ければ緑に包まれて、風を浴びて。


2010/5 大和二見駅~隅田駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

奈良をぐるりと(13)

2016年05月31日 17:51

03533.jpg


奈良から和歌山に向けて、旅を続ける。
行き違った古びた通勤電車さえ、薄暮に包まれ、ローカル線の趣に包まれ。


2010/5 五条駅 JR和歌山線466M王寺行(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

奈良をぐるりと(12)

2016年05月31日 17:51

03270.jpg


数年前までスイッチバックの駅もあった。
列車からも見える程の坂を下ってきて、この静かな駅で一休みしよう。


2010/5 五条駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

奈良をぐるりと(11)

2016年05月30日 17:35

03269.jpg


山がちな線路を走ってきた列車。
行き違う、そのひととき、僕はいつかこの列車に乗ることがあるだろうか。


2010/5 掖上駅 JR和歌山線475M和歌山行 車窓・464T高田行(117系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

奈良をぐるりと(10)

2016年05月30日 17:33

03268.jpg


運転室越しに見える長いホームは、時代を超えて存在し続けているのだろう。
ワンマン運転になった今、列車に車掌氏の姿はない。


2010/5 掖上駅 JR和歌山線475M和歌山行 車内(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

奈良をぐるりと(9)

2016年05月29日 17:29

03267.jpg


走る列車から、過ぎ去った線路を見ている。
所狭しと機器の並ぶ運転台の深緑色。


2010/5 御所駅~玉手駅 JR和歌山線475M和歌山行 車内(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

奈良をぐるりと(8)

2016年05月29日 17:11

03266.jpg


どの列車も皆、2両編成。
このホームへやってくる次の対向列車を待ちながら、日が長くなったと思う。


2010/5 高田駅 JR和歌山線460M王寺行(105系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません