通勤電車は遠くまで(3)

2017年03月09日 12:44

03891.jpg


路面電車を廃止して、代わりに地下鉄を作り、乗り入れるその先も地下鉄。
この車両にとっての風景は郊外だけ、東京はすっかり暗闇の中だろう。


2016/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線B1231K準急中央林間行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

通勤電車は遠くまで(2)

2017年03月09日 12:39

03890.jpg


この列車は、地下の終点まで。
東京の街の隅々まで地下鉄が至り、多くが郊外電車と繋がった。


2016/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1187S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

通勤電車は遠くまで(1)

2017年03月09日 12:39

03889.jpg


旅の始まりは、暗闇に光る線路から。
気持ちはもう、列車を乗り継いだ先へ。


2016/3 三越前駅~水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1187S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東武・東京メトロ・東急(14)

2016年03月20日 14:58

03127.jpg


ここから列車に乗ってゆけば、暫く経てば、車窓は旅人に何かを見せてくれる。
ベッドタウンの午後の気怠さ、田園地帯の緩慢な緑、どちらに向けて出発したっていい。


2015/3 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅~三越前駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(13)

2016年03月20日 14:57

03126.jpg


昼も夜も、何も変わらない。
いつも同じコンクリートの閉鎖空間に、ぼんやりと列車の残影が揺らめく。


2015/3 水天宮前駅~三越前駅 東京メトロ半蔵門線B1451S急行中央林間行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(12)

2016年03月19日 14:55

03125.jpg


北関東の閑散線区で無駄にならないよう、6両と4両の組合せにしたこの電車。
編成内の運転台が混雑時には邪魔だと、地下鉄直通からは早々に引き上げられた不遇の電車。


2015/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1372T急行南栗橋行(30000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(11)

2016年03月19日 14:51

03124.jpg


機能性だけを考えたデザイン。
装飾を廃することを徹底すると、それも一つの形として成立する、ということ。


2015/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1330K押上行(2000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(10)

2016年03月18日 14:43

03123.jpg


走り去る列車の後姿を見ているのが好きだ。
自然の中のローカル線でも、閉鎖空間の地下鉄であっても。


2015/3 清澄白河駅~水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線B1421K準急中央林間行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(9)

2016年03月18日 14:39

03122.jpg


ぐにゃりと曲がって、またゆるりと曲がって。
様々な障害物を掻い潜るようにして、東京の地下を走る。


2015/3 水天宮前駅~清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線A1375S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(8)

2016年03月17日 14:37

03121.jpg


モーターの大きな音がトンネルに響き渡る。
向こうから押し出されてきたような風、列車は幾筋かの光となって。


2015/3 水天宮前駅~清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線A1320K急行久喜行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(7)

2016年03月17日 14:27

03120.jpg


「通勤・近郊電車の標準仕様ガイドライン」に基づいた「標準車両」。
それでも、前頭部の“顔”だけは独自のデザインで、自己主張をしている。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1315K中央林間行(5000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(6)

2016年03月16日 14:18

03119.jpg


新玉川線という名前がなくなり、世田谷の長閑な路面電車は名残までもが消えてしまった。
新車や更新車ばかりの中、昭和の勢いのままの大きな音で走る電車も、この形式だけに。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1301K中央林間行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(5)

2016年03月16日 14:16

03118.jpg


3社の車両がひっきりなしに行き来する地下鉄。
慌ただしさの中にも、ふと、静まり返る瞬間がある。


2015/3 東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅~水天宮前駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(4)

2016年03月15日 13:57

03117.jpg


営団地下鉄らしい左右非対称のデザイン、その最終形。
民営化され東京メトロと名前を変えた今も、半蔵門線の紫色はそのままに走り続けている。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1271S中央林間行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(3)

2016年03月15日 13:30

03116.jpg


東武日光線の南栗橋を発ち、伊勢崎線、半蔵門線を経て、東急田園都市線の中央林間まで。
東武の真新しい車両が、片道98.5kmに及ぶダイナミックな直通運転に就いている。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1262T中央林間行(50050系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(2)

2016年03月14日 13:17

03115.jpg


地下鉄半蔵門線の開業時から走り続ける東急の車両。
昭和50年、このシンプルなデザインの車両は生まれた。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1203K中央林間行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東武・東京メトロ・東急(1)

2016年03月14日 13:13

03114.jpg


東武東上線と東急東横線、東武伊勢崎線と東急田園都市線。
東京メトロの地下鉄を介して、つながり合う東武と東急、それぞれの2大路線。


2015/3 清澄白河駅 東京メトロ半蔵門線B1368T準急中央林間行(50050系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません