勢いをつけて(7)

2016年12月11日 18:19

03681.jpg


風が冷たく、冬を実感する。
もっと寒い場所への旅。
列車で走り始めて、自分に勢いをつける。


2003/12 新木場駅 JR京葉線快速府中本町行(103系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(6)

2016年12月11日 18:17

03680.jpg


東京は光の乱反射。
走り去った列車は、残照を残すようにして。


2003/12 新木場駅~葛西臨海公園駅 JR京葉線下り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(5)

2016年12月10日 18:04

03679.jpg


東京は、エネルギーを放散し続けて、夜空に見える星が一つもない程。
それは美しくもあり、エネルギッシュでもあり。


2003/12 新木場駅~潮見駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(4)

2016年12月10日 18:02

03678.jpg


列車が去ったと思えば、すぐにやって来る。
疲れと安堵の充満した通勤電車が。


2003/12 新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(3)

2016年12月09日 18:01

03677.jpg


都会を貫いてゆく。
列車は、一筋の光となって。


2003/12 新木場駅~潮見駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(2)

2016年12月09日 18:01

03676.jpg


身近な夜景が、今日はやけに美しく見える。
ありふれた景色から、旅が始まった。


2003/12 新木場駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(1)

2016年12月08日 17:43

03675.jpg


今日、今から旅に出るのに、目指す先とは無関係な方向への列車に乗る。


2003/12 東京駅 JR京葉線快速府中本町行(205系)・下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

ローカル線・日暮れ(2)

2015年12月05日 14:17

02927.jpg


国鉄末期に山手線に華々しく登場した車両。
この海辺の新しい路線には、他から移って来た車両ばかりが全力で走っていた。


2007/12 南船橋駅 JR京葉線海浜幕張行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(1)

2015年12月05日 14:16

02926.jpg


儚く感じる程に弱い日差しは、もう夕暮れに近付いている感覚。
冬の午後、思い立ってショートトリップへ。


2007/12 南船橋駅 JR武蔵野線(JR京葉線)南船橋行終着(205系)・JR京葉線海浜幕張行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(14)

2013年12月31日 16:31

01432.jpg


今日の終わりが見えてくる時間。
薄暮の柔らかな光の中で、やがて第一線を退く車両が、最後の頑張りを見せている。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(201系)


2013年が終わりを告げようとしています。
本年も多くの方に『風旅記』をご覧頂き、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(13)

2013年12月31日 16:22

01431.jpg


貯木場だけは昔から変わらないのかもしれない。
何が、いつできたのか。
列車は何事もなかったかのように、車体に残照を浴びている。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(12)

2013年12月30日 16:22

01430.jpg


水とコンクリートと金属でできた空間を走る。
大きな景色は、都市にもあると感じた。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(11)

2013年12月30日 16:12

01429.jpg


車窓に映る夕焼けは、重なり合う窓を通して僕に優しい色合いを届けてくれる。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(10)

2013年12月29日 16:11

01428.jpg


飛行機が空高くを目指している。
列車は、東京の真ん中を目指して走ってゆく。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(9)

2013年12月29日 16:00

01427.jpg


どう気持ちを表現したらいいのだろう。
列車を眺めて、寒風の中に、夕陽が最も美しい姿を見せたとき。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(8)

2013年12月28日 15:50

01426.jpg


車内に過ごす人に、こんなにも切ない都会の情景が映っているのだろうか。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(7)

2013年12月28日 15:49

02146.jpg


また1本、列車が走り去る。
何もない。
そこにある、漠とした寂寥感。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(6)

2013年12月27日 15:49

01425.jpg


雲が大きな影を作り、時は過ぎてゆく。
列車が離合した。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(205系)・下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(5)

2013年12月27日 15:43

01424.jpg


冬の夕暮れは早い。
都会の余地を貫く列車が、ただ走る。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(4)

2013年12月26日 15:37

01423.jpg


ダイナミックに車体を傾けて、高架を走り抜ける。
終点までの40Km超を走る姿は、やがて新しい車両に取って代わられた。


2009/12 潮見駅 JR京葉線快速蘇我行(201系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(3)

2013年12月26日 15:36

01422.jpg


通勤路線の一時代を築いた車両が、最後の力走を見せていた。
海風に吹かれて、爽やかなブルーを纏って、全速力で走り抜けて。


2009/12 潮見駅 JR京葉線快速東京行(201系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(2)

2013年12月25日 15:27

01421.jpg


平成になってから開業した地下駅に、列車が滑り込む。
1970年代、未成のまま終わった成田新幹線用に計画されたルートだと言う。


2009/12 越中島駅 JR京葉線海浜幕張行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(1)

2013年12月25日 15:21

01420.jpg


東京に木枯らしが吹く頃。
週末、物静かな駅から今日の旅が始まる。


2009/12 JR京葉線 越中島駅


Merry Xmas!!
街が賑やかな夜、気ままに楽しい時間をお過ごしください。


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ウォーターフロント(16)

2011年11月14日 19:00

00652.jpg


京葉線の顔、ピンクのラインカラーと柔らかいデザインが、この路線の新しさを感じさせた。
この車両も、段々と新形式への置き換えが進み、いずれ世代交代するのだろう。

[2009/11 東京駅 JR京葉線快速君津行(205系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ウォーターフロント(15)

2011年11月13日 18:52

00651.jpg


レールの終わりの一つの形。
ここは国鉄時代に、成田空港に向かう新幹線の駅として、東京駅の地下深くに作られていたのだった。

[2009/11 JR京葉線東京駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません