東京の美しき海辺を走る(13)

2017年11月30日 18:57

04487.jpg


東京湾を眺めて走り、列車は、いよいよ外海へ。
暗い車窓に流れる光は、少しずつ減っていくだろう。


2009/11 東京駅 JR京葉線73M特急わかしお23号安房鴨川行(E257系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(12)

2017年11月30日 18:51

04486.jpg


東京湾を眺めて走り、列車は、千葉へ、埼玉へ。
再び東京に戻る、大きな弧を描いて。


2009/11 東京駅 JR京葉線快速府中本町行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(11)

2017年11月30日 18:29

04485.jpg


冷たい風は、海からの風。
貯木場とゴミの埋立地だけが広がっていたとは、もう、思い出すこともない。


2009/11 新木場駅 JR京葉線東京行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(10)

2017年11月29日 18:23

04484.jpg


光の街に吸い込まれてゆく彗星のように。


2009/11 新木場駅 JR京葉線列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(9)

2017年11月29日 18:20

04483.jpg


千葉県から、幾度かの延伸を繰り返して東京に達した。
何もなかった海沿いに、今は街が続いている。


2009/11 新木場駅 JR京葉線東京行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(8)

2017年11月28日 18:13

04482.jpg


東京タワーが見えると、どこか心が安らぐ。
この駅からも見えるんだ、気が付いて、暫く見詰めて。


2009/11 新木場駅 JR京葉線快速勝浦行(201系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(7)

2017年11月28日 17:15

04481.jpg


東京は、光でできた街。
自然の、人口の、温かさ、冷たさ、そしてもうすぐ夜の漆黒。


2009/11 潮見駅~新木場駅 JR京葉線列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(6)

2017年11月27日 17:13

04480.jpg


光の矢は、晩秋の透明を貫いてゆく。
夜は、もう、すぐそこまで。


2009/11 潮見駅~新木場駅 JR京葉線列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(5)

2017年11月27日 17:12

04479.jpg


薄暮のとき、冷たい風に吹かれて。
列車は光の帯になり、水面はそれを写し取る。


2009/11 潮見駅~新木場駅 JR京葉線列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(4)

2017年11月26日 17:10

04478.jpg


小さな船が、波を描いて去ってゆく。
列車に乗る人々は、それに気付いているだろうか。


2009/11 潮見駅~新木場駅 JR京葉線列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(3)

2017年11月26日 16:44

04477.jpg


ここに鉄道が敷かれる前、街はどのような風景だったのだろう。
工場、造船所、倉庫、その頃から残るもの、既に消えていったもの。


2009/11 潮見駅~越中島駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(2)

2017年11月25日 16:44

04476.jpg


ここに鉄道が作られたときには、もう、陸地に空きがなかったのかもしれない。
それは、平成の時代に入ってからのこと。


2009/11 潮見駅~越中島駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

東京の美しき海辺を走る(1)

2017年11月25日 16:37

04475.jpg


水面をかすめるようにして、大きく弧を描いて。
潮の香り漂う運河を、走る列車の姿はダイナミック。


2009/11 潮見駅~越中島駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(7)

2016年12月11日 18:19

03681.jpg


風が冷たく、冬を実感する。
もっと寒い場所への旅。
列車で走り始めて、自分に勢いをつける。


2003/12 新木場駅 JR京葉線快速府中本町行(103系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(6)

2016年12月11日 18:17

03680.jpg


東京は光の乱反射。
走り去った列車は、残照を残すようにして。


2003/12 新木場駅~葛西臨海公園駅 JR京葉線下り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(5)

2016年12月10日 18:04

03679.jpg


東京は、エネルギーを放散し続けて、夜空に見える星が一つもない程。
それは美しくもあり、エネルギッシュでもあり。


2003/12 新木場駅~潮見駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(4)

2016年12月10日 18:02

03678.jpg


列車が去ったと思えば、すぐにやって来る。
疲れと安堵の充満した通勤電車が。


2003/12 新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(3)

2016年12月09日 18:01

03677.jpg


都会を貫いてゆく。
列車は、一筋の光となって。


2003/12 新木場駅~潮見駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(2)

2016年12月09日 18:01

03676.jpg


身近な夜景が、今日はやけに美しく見える。
ありふれた景色から、旅が始まった。


2003/12 新木場駅 JR京葉線上り列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(1)

2016年12月08日 17:43

03675.jpg


今日、今から旅に出るのに、目指す先とは無関係な方向への列車に乗る。


2003/12 東京駅 JR京葉線快速府中本町行(205系)・下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

ローカル線・日暮れ(2)

2015年12月05日 14:17

02927.jpg


国鉄末期に山手線に華々しく登場した車両。
この海辺の新しい路線には、他から移って来た車両ばかりが全力で走っていた。


2007/12 南船橋駅 JR京葉線海浜幕張行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(1)

2015年12月05日 14:16

02926.jpg


儚く感じる程に弱い日差しは、もう夕暮れに近付いている感覚。
冬の午後、思い立ってショートトリップへ。


2007/12 南船橋駅 JR武蔵野線(JR京葉線)南船橋行終着(205系)・JR京葉線海浜幕張行(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(14)

2013年12月31日 16:31

01432.jpg


今日の終わりが見えてくる時間。
薄暮の柔らかな光の中で、やがて第一線を退く車両が、最後の頑張りを見せている。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線上り列車(201系)


2013年が終わりを告げようとしています。
本年も多くの方に『風旅記』をご覧頂き、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(13)

2013年12月31日 16:22

01431.jpg


貯木場だけは昔から変わらないのかもしれない。
何が、いつできたのか。
列車は何事もなかったかのように、車体に残照を浴びている。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

metropolitan(12)

2013年12月30日 16:22

01430.jpg


水とコンクリートと金属でできた空間を走る。
大きな景色は、都市にもあると感じた。


2009/12 潮見駅~新木場駅 JR京葉線下り列車(205系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません