思い出すこと(1)

2017年03月16日 05:55

03910.jpg


北に向けて、遠くへ旅しよう。
まだ幼かった頃、そう決めて乗った列車は、緑色の新幹線だった。


1989/3 上野駅 JR東北新幹線31Bやまびこ31号盛岡行(200系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線と在来線と(9)

2015年11月05日 21:49

02874.jpg


そして、遠くないいつの日にか、津軽海峡の向こうへ。
北海道へと向かう新幹線は、否応なく、鉄道の在り方を変えてゆく。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行終着(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(8)

2015年11月04日 21:48

02873.jpg


はやぶさは、北へ。
3時間を走り続けて、本州の北端の街へ。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行終着(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(7)

2015年11月04日 21:46

02872.jpg


ゾクゾクと寒さが背筋を伝う。
改札口へと向かう足取りは、皆、速い。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行終着(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(6)

2015年11月03日 21:46

02871.jpg


暖かな光に包まれた車内、席を立ち、ホームに出るときに一度だけ振り返る。
機能性は十分、もう少しだけでも旅の情感が新幹線を満たしていたならば。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(5)

2015年11月03日 21:45

02870.jpg


目的の駅に滑り込んだ。
ここまで時を共にした列車は、静かに止まった。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(4)

2015年11月02日 21:09

02869.jpg


車窓に流れる光を追うには、新幹線は速過ぎる。
静かになった車内で、背伸びし、顔を洗い、終着駅までの残りの時間を過ごす。


2012/11 盛岡駅~いわて沼宮内駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(3)

2015年11月02日 21:08

02868.jpg


昼間ならば、車窓をぼんやり眺めていたかもしれない。
車窓の暗闇が退屈で歩けば、真新しい車内は機能的で暖かくて。


2012/11 盛岡駅~いわて沼宮内駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(2)

2015年11月01日 21:00

02867.jpg


この新幹線が、昭和から平成の時代を貫いて目指した場所へ、走る。


2012/11 盛岡駅~いわて沼宮内駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

新幹線と在来線と(1)

2015年11月01日 20:58

02866.jpg


会社を駆け出して、お弁当と飲み物をコンビニで買って、チケットに書かれた列車に飛び乗る。
先を急ぐ慌ただしさは、東京を離れるごとに薄れていき、いつしか車内も夜の静けさに。


2012/11 盛岡駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行 車内(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません