風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category気仙沼線 1/1

三陸夜の旅(4)

...

  •  0
  •  -

三陸夜の旅(3)

...

  •  0
  •  -

三陸夜の旅(2)

...

  •  0
  •  -

三陸夜の旅(1)

...

  •  0
  •  -

風光る東北で(8)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(17)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(16)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(15)

...

  •  2
  •  -

気仙沼への列車(14)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(13)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(12)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(11)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(10)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(9)

...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(8)

山深くに分け入って行く。駅を発ち、次の駅まで7キロ余、緑に包まれてトンネルを潜って。2007/8 陸前横山駅~陸前戸倉駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行 車窓(キハ48形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(7)

そして、全線開通を果たすのは昭和52年。ここが国鉄で最後に開業した地方交通線だという。2007/8 陸前横山駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行 車窓(キハ48形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(6)

川はとても静かな表情を見せてくれた。昭和43年、高度成長期に開業して以来、毎日繰り返されてきた車窓。2007/8 御岳堂駅~柳津駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

気仙沼への列車(5)

列車が向かうのは、陸の孤島とまで言われた三陸。北上川を渡り、北へ走ってゆく。2007/8 御岳堂駅~柳津駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行 車窓(キハ48形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -