厳寒の鉄路へ(1)

2017年01月01日 05:17

03733.jpg


夜明けも遅い冬のある朝、乾いた寒風に吐く息は白い。


2016/1 都営浅草線 東日本橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

特急から地下鉄まで(5)

2016年09月05日 10:38

03460.jpg


何を表す信号機なのだろう。
白く光り、飛行機のマークは優等列車の判別だろうか。
次にやって来る列車に、何かを伝えようとしている。


2015/9 都営浅草線 浅草駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

特急から地下鉄まで(4)

2016年09月05日 10:37

03459.jpg


駅は綺麗に改装されていても、線路敷に残る古い時代の地下鉄の感覚。


2015/9 都営浅草線 浅草駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

特急から地下鉄まで(3)

2016年09月04日 10:31

03458.jpg


京急の優美な車両が輝いている。
光沢の美しい赤色が、この先の旅路をもっとわくわくさせてくれる。


2015/9 東日本橋駅 都営浅草線983H京成高砂行(600系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

特急から地下鉄まで(2)

2016年09月04日 10:29

03457.jpg


反対側のホームに行く必要さえなければ、階段を降りてすぐに改札とホームのある古い地下鉄の造りは、悪くない。


2015/9 東日本橋駅 都営浅草線1058H快特京急久里浜行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

特急から地下鉄まで(1)

2016年09月04日 10:27

03456.jpg


もう夏の盛りは過ぎて、ふと、列車に乗りたくなった。
車窓に様々な列車の映る、あの路線へ。


2015/9 都営浅草線 東日本橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(21)

2015年08月15日 22:35

02748.jpg


今日も東京の地下を走り続けている。
どんなに綺麗に改装されても、この路線が建設された時代の面影を漂わせながら。


2014/8 高輪台駅 都営浅草線西馬込行(3700系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(20)

2015年08月15日 17:06

02747.jpg


見上げきれない程の尖塔は、現代建築の一つの象徴だろう。
その足元に、4路線が集まるこの駅。


2014/8 都営浅草線 押上駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(19)

2015年08月14日 16:51

02746.jpg


東京スカイツリーへの観光客で混み合う駅。ひっきりなしに行きかう人々。


2014/8 都営浅草線 押上駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(18)

2015年08月14日 16:44

02745.jpg


都営の車両も、京成線へ直通していく。
地下を走り、地上を走り。


2014/8 押上駅 都営浅草線1643T京成高砂行(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(17)

2015年08月13日 16:42

02744.jpg


ここから先は京成押上線へ。
地下鉄らしくない信号機、私鉄らしい多くの列車種別の標識。


2014/8 都営浅草線 押上駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(16)

2015年08月13日 16:41

02743.jpg


開業したときからこんなに無骨なデザインだったのだろうか。
新しく綺麗な列車と駅が建設された時代の、強いコントラスト。


2014/8 押上駅 都営浅草線1656H快特京急久里浜行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(15)

2015年08月12日 16:40

02742.jpg


狭いホーム、その両端に通路。
地下鉄は都市交通の飛躍でありながらも、無意識に路面電車の延長上で発想された時代があったと思っている。


2014/8 都営浅草線 押上駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(14)

2015年08月12日 16:39

02741.jpg


地下鉄と私鉄の直通運転が日本で初めて始まった駅に、京急の車両で着いた。
今は4社局が、浅草線を介して複雑に絡み合っている。


2014/8 押上駅 都営浅草線1575H青砥行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(13)

2015年08月11日 16:36

02740.jpg


一たび駅を発てば、ヘッドライトの照らす針路はミステリアス。


2014/8 本所吾妻橋駅 都営浅草線1575H青砥行 車窓(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(12)

2015年08月11日 16:21

02739.jpg


地下鉄は、景色が流れていかないからつまらない。
地下鉄は、時折照らされるだけのよく見えない存在でいいのかもしれない。


2014/8 新橋駅 都営浅草線1575H青砥行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(11)

2015年08月10日 15:59

02738.jpg


京浜急行に直通する方がメインとなって、泉岳寺から終点までは支線のような雰囲気。
列車も空いていてどこか長閑、泉岳寺までで折り返してしまう。


2014/8 西馬込駅 都営浅草線1609TA泉岳寺行(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(10)

2015年08月10日 15:42

02737.jpg


平日のラッシュの時間帯には総動員で走る電車も、週末は揃って車庫で休んでいる。
見ているだけで、僕ものんびりした気持ちに。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(9)

2015年08月09日 15:41

02736.jpg


東京の地下鉄と言えば、まずは、帝都高速度交通営団の営団地下鉄。
「1号線」が営団ではなく東京都にあるのは、改めて知れば、不思議。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(8)

2015年08月09日 15:40

02735.jpg


洗われた電車から滴る水が、線路に緑を育んでいるのかもしれない。


2014/8 都営浅草線 馬込車両検修場


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(7)

2015年08月08日 15:37

02734.jpg


東京にも、こんなに大きな空があったんだ。
週末の午後、平日は忙しないはずの地下鉄を、穏やかな時間が包み込んでいる。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(6)

2015年08月08日 15:37

02733.jpg


都営大江戸線の車両は、ここまで機関車に牽かれてきて検査を受けるのだという。
街の地中の見えないところで、巨大な鉄道のネットワークができあがっている。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(E5000形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(5)

2015年08月07日 15:34

02732.jpg


終着駅の先への線路は、ここで地上に顔を出す。
車庫への線路、乗客を乗せた列車が走ることのないレール。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(4)

2015年08月07日 15:29

02731.jpg


少しの散歩、見えてきたのは大きな車庫。
普段目にすることのない場面、鉄道を支える大切な一場面。


2014/8 馬込車両検修場 都営浅草線滞泊列車(5300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

1号線(3)

2015年08月06日 15:19

02730.jpg


昭和43年開業、閑静な住宅街にある終着駅。
改札の造りとそのビルに、時代を感じ取る。


2014/8 都営浅草線 西馬込駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません