下町電車(21)

2015年03月31日 18:13

02528.jpg


都会の片隅を、小さく旅した休日。
テールライトの赤い輝きは、それ自体が心を更なる旅へと誘う。


2014/3 亀戸駅 東武亀戸線A64曳舟行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(19)

2015年03月30日 17:53

02526.jpg


今では純然たる支線、3キロ強の亀戸線は、明治の時代には本線だったこともあるそうだ。
浅草からの本線だけでなく半蔵門線・日比谷線との直通運転、その時代には想像もつかなかったことだろう。


2014/3 曳舟駅 東武亀戸線B67亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(18)

2015年03月30日 17:46

02525.jpg


日が延びてきたと実感する。
冬ならもう暗くなっていた時刻、まだ空が仄かに光を蓄えている。


2014/3 小村井駅 東武亀戸線A61亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(17)

2015年03月29日 17:45

02524.jpg


この一つ先の駅で、特急も走る本線につながるこの路線では、どの電車もワンマン運転。


2014/3 曳舟駅~小村井駅 東武亀戸線A61亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(16)

2015年03月29日 17:30

02523.jpg


明治通りを行く車に向けて、鉄道の存在を強調している。
線路にまで跡を残す轍。


2014/3 東武亀戸線 小村井駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(15)

2015年03月28日 17:26

02522.jpg


日が暮れ、今日も楽しい一日だったと。
線路沿いの道を歩きながら。


2014/3 小村井駅~東あずま駅 東武亀戸線A59亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(14)

2015年03月28日 17:23

02521.jpg


2階建ての駅舎は、普通の民家のよう。
自動券売機になり、自動改札になり、少しずつ手入れされてきたのだろう。


2014/3 東武亀戸線 東あずま駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(13)

2015年03月27日 17:22

02520.jpg


歩いていると、間もなく次の駅に着いてしまった。
構内踏切が、この路線の柔らかな時間の象徴。


2014/3 東武亀戸線 東あずま駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(12)

2015年03月27日 17:15

02519.jpg


暮らしがあって、町の風景がある。人と電車が出会う一瞬。
夕暮れにテールライト。


2014/3 亀戸水神駅~東あずま駅 東武亀戸線A58曳舟行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(11)

2015年03月26日 17:08

02518.jpg


小さな川に映った電車が走ってゆく。
時は、夕暮れ。


2014/3 東あずま駅~亀戸水神駅 東武亀戸線A57亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(10)

2015年03月26日 16:59

02517.jpg


冬枯れと蕾の萌え始めの狭間。
移ろう季節。


2014/3 東あずま駅~亀戸水神駅 東武亀戸線B61亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(9)

2015年03月25日 15:19

02516.jpg


2両編成にぴったりのホームの短さ。
電車がそろりと入ってきて、停まった。


2014/3 亀戸水神駅 東武亀戸線B51亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(8)

2015年03月25日 15:04

02515.jpg


散歩しながら見知らぬ路地に入っていく感覚。
カーブで車輪を軋ませながら、また電車が通り過ぎた。


2014/3 亀戸駅~亀戸水神駅 東武亀戸線B50曳舟行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(7)

2015年03月24日 15:00

02514.jpg


普通の通勤電車さえ、この路線の空気に馴染んで穏やかになってゆく。


2014/3 亀戸水神駅~亀戸駅 東武亀戸線B49亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(6)

2015年03月24日 14:59

02513.jpg


住宅が立ち並ぶ町を、ひっそりと、細やかに結んでいる。
大きな私鉄の会社の、小さな路線。


2014/3 亀戸水神駅 東武亀戸線B49亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(5)

2015年03月23日 14:51

02512.jpg


急カーブを支える脇役。
線路敷の中に、気付かれることのないギミック。


2014/3 東武亀戸線 亀戸駅~亀戸水神駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(4)

2015年03月23日 14:50

02511.jpg


見慣れた東武の車両が、ミニチュアのように2両だけで走ってくる。
ほのぼのさせてくれる亀戸線の雰囲気。


2014/3 亀戸水神駅~亀戸駅 東武亀戸線A43亀戸行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(3)

2015年03月22日 14:34

02510.jpg


JRの線路を潜った先に、町に溶け込むような踏切。
列車はゆっくりと通り過ぎた。


2014/3 亀戸駅~亀戸水神駅 東武亀戸線A42曳舟行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(2)

2015年03月22日 14:31

02509.jpg


一段高いところの総武本線に寄り添うように、小さな路線がこの駅から始まっている。


2014/3 亀戸駅 東武亀戸線A42曳舟行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

下町電車(1)

2015年03月21日 14:19

02508.jpg


列車が着く度に、人の流れが複雑に絡み合う。
通路の店舗と駅ビルが、次々と視線を捉えてゆく。


2014/3 東武亀戸線 亀戸駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません