隅田川、傍の駅(6)

2017年05月16日 14:22

04035.jpg


小さく間口を開けて、電車に乗る人を待っている。
昭和初期に作られた高架橋、ずっと変わっていないのかもしれない。


2013/5 JR総武本線 浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

隅田川、傍の駅(5)

2017年05月16日 14:14

04034.jpg


この独特な景観、他にもこんな駅はあるのだろうか。
道に覆い被さる、高架駅のホーム。


2013/5 JR総武本線 浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

隅田川、傍の駅(4)

2017年05月15日 14:07

04033.jpg


鉄橋の金属音、カーブを通る軋む音。
次々にやって来る列車は、都市の躍動感。


2013/5 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線1315B中野行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

隅田川、傍の駅(3)

2017年05月15日 14:05

04032.jpg


この鉄橋は、真っ直ぐに鉄骨が並んでいる。
そのデザインに、70年の時を経た今の電車が似合う。


2013/5 浅草橋駅~両国駅 JR総武本線1334B津田沼行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

隅田川、傍の駅(2)

2017年05月14日 14:02

04031.jpg


街の隙間を縫うようにして、列車は走る。
駅を捉え、車掌氏は前を見ている。


2013/5 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線1379B三鷹行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

隅田川、傍の駅(1)

2017年05月14日 13:50

04030.jpg


鉄橋を渡る電車の音、街にこだまするようにして、少し遅れて聞こえてくる。


2013/5 浅草橋駅~両国駅 JR総武本線1314C千葉行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

黄色・橙色・時にカラフル(9)

2016年03月31日 16:20

03148.jpg


街の真ん中の駅にも、さりげない緑の風景は広がっている。
時を積み重ねた神田川の石垣の美しさと共に。


2010/3 御茶ノ水駅 JR総武本線支線下り列車(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

黄色・橙色・時にカラフル(2)

2016年03月27日 14:20

03141.jpg


無骨な鉄骨の上に並ぶ枕木が、レールを支えている。
木って、すごい。
真下から暫く見上げていた。


2010/3 JR総武本線支線 浅草橋駅~両国駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

黄色・橙色・時にカラフル(1)

2016年03月27日 14:16

03140.jpg


早春の隅田川は、青に包まれた澄んだ景色。
黄色を纏った列車が、重々しい鉄橋の音を響かせて、視界を横切っていった。


2010/3 浅草橋駅~両国駅 JR総武本線支線下り列車(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(10)

2015年12月20日 17:49

02957.jpg


高架下には隙間なく店が入り、駅を支える柱は曲線を描いている。
雑多と優美、時を経て、今日もここを列車は走り続けている。


2014/12 JR総武本線支線 浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(9)

2015年12月20日 17:48

02956.jpg


自動改札になっても、大きな液晶画面の券売機になっても。
駅の佇まいは、開業の頃の面影を残して、時代を滲ませて。


2014/12 JR総武本線支線 浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(8)

2015年12月19日 17:46

02955.jpg


昭和初期、この近辺は既に街になっていて場所がなかったのかもしれない。
他では見ることのない、道路に迫り出して作られた高架駅のホーム。


2014/12 浅草橋駅 JR総武本線支線1715C三鷹行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(7)

2015年12月19日 17:40

02954.jpg


信号機の放つ、眩しい青。
空の深い色合いは、まだ微かに光を帯びている。


2014/12 JR総武本線支線 浅草橋駅~秋葉原駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(6)

2015年12月18日 17:38

02953.jpg


年の瀬、列車は光の帯となって走り去る。
もう少しで1年が終わる、そんな日にも毎日変わらず。


2014/12 浅草橋駅~秋葉原駅 JR総武本線支線1669B三鷹行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(5)

2015年12月18日 17:27

02952.jpg


人工物には馴染まないような、角のないコンクリートアーチの表面。
この先も長く列車が走り続けるために、補修が続けられている。


2014/12 JR総武本線支線 秋葉原駅~浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(4)

2015年12月17日 17:24

02951.jpg


今日も夜な夜な人が集う高架下。
昭和7年、この線路ができたときには、どんな風景だったのだろう。


2014/12 JR総武本線支線 秋葉原駅~浅草橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(3)

2015年12月17日 17:22

02950.jpg


ビルの狭い隙間にも、列車の灯が流れてゆく。
線路だけが、変わらずに街と列車を見続けている。


2014/12 浅草橋駅~秋葉原駅 JR総武本線支線1681B三鷹行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(2)

2015年12月16日 17:17

02949.jpg


今日も賑わうこの街の、まるで空を走る総武線。
開業から80年以上経った高架橋が、今も列車を支え続けていることに驚く。


2014/12 浅草橋駅~秋葉原駅 JR総武本線支線1673B中野行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

昭和7年(1)

2015年12月16日 17:12

02948.jpg


地表の道を超えて、高いところに線路が敷かれ、それを潜る高速道路が作られ。
昭和の初期には、人の暮らしは高さを重ねて拡大していった。


2014/12 浅草橋駅~秋葉原駅 JR総武本線支線1663B三鷹行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(8)

2015年02月14日 15:05

02460.jpg


川がこんなにも冷たい色をしている。
降り続く雪、霞む東京、今も列車は走り続けている。


2014/2 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線支線1433B三鷹駅(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(7)

2015年02月14日 14:55

02459.jpg


今日は家から出る人も少ないのだろうか。
暖かな店、曇った窓硝子の向こうを列車は通り過ぎてゆく。


2014/2 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線支線1445B中野駅(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(6)

2015年02月13日 14:55

02458.jpg


寒さに身体が芯まで冷えて、近くでコーヒーを飲む。
窓越しに、ぼんやり列車を眺めている。


2014/2 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線支線1445B中野駅(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(5)

2015年02月13日 13:56

02457.jpg


寒さに手が悴む。
駅に人影は疎ら、駅舎が一際クラシカルに映る。


2014/2 両国駅 JR総武本線支線1302C津田沼行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(4)

2015年02月12日 13:55

02456.jpg


まだまだ、雪は降り続くのだろう。
くぐもった音を立てて、列車は走り去った。


2014/2 両国駅~浅草橋駅 JR総武本線支線1313C三鷹行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京・雪(3)

2015年02月12日 13:54

02455.jpg


凍り付いた列車は、それが見慣れた電車であっても情を掻き立てる。


2014/2 両国駅 JR総武本線支線1313C三鷹行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません