重たげな曇り空の下(8)

2016年06月17日 17:30

03304.jpg


黄色も鮮やかな電車は、東京の第一線からは退いた一昔前の通勤電車。
いつ来るかも分からない貨物列車は、昭和の風情の名もなき貨車たち。


1997/6 JR鶴見線大川支線 大川駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

重たげな曇り空の下(7)

2016年06月16日 16:45

03303.jpg


一駅だけ乗れば、ここも終点の駅。
この貨車には、何が積まれているのだろう。どこから来たのだろう。


1997/6 大川駅 JR鶴見線大川支線鶴見行(103系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

鶴見線 夜(1)

2015年09月22日 17:58

02810.jpg


日も暮れた頃、貨物列車が走らなくなって半年、錆びついた線路だけが延びていた。


2008/9 JR鶴見線大川支線 大川駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一日3本の列車(8)

2011年09月24日 18:01

00601.jpg


今日もまた、一日が終わってゆく様を、列車の車窓から眺めている。
遠くに夕焼けが見えたとき、運河の景色は流れ去っていった。

[2008/9 大川駅~武蔵白石駅 JR鶴見線大川支線1800鶴見行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一日3本の列車(7)

2011年09月23日 17:58

00600.jpg


あと少しで18時、だいぶ日が短くなってきた。
あと少しでこの列車が出発してしまえば、今日のこの駅の役割は終わる。

[2008/9 大川駅 JR鶴見線大川支線1800鶴見行(205系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一日3本の列車(6)

2011年09月22日 17:58

00599.jpg


道路に面して、遠慮がちに木造駅舎が建っている。
静かに列車が停まるこの薄っぺらい無人駅に、ぽつぽつと乗客が集まってくる。

[2008/9 JR鶴見線大川支線大川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一日3本の列車(5)

2011年09月21日 17:57

00598.jpg


今日、休日の3本だけの列車の3本目。
貨物列車がなくなって半年が経ち、夏を過ぎたこの駅には、緑鮮やかな草と大きな空が広がっている。

[2008/9 大川駅 JR鶴見線大川支線1800鶴見行(205系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません