単行気動車、小さな私鉄で(21)

2018年03月07日 20:12

04732.jpg


都会から常磐線で帰ってくるのだろう。
皆が降りてしまった列車、折り返しに僕は乗ってゆこう。


2016/3 竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線72佐貫行(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(20)

2018年03月07日 20:12

04731.jpg


3駅だけの、小さな路線。
片道7分、今日も単行気動車が行ったり、来たり。


2016/3 竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線72佐貫行(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(19)

2018年03月07日 20:07

04730.jpg


改札を通り、ホームに出る。
列車を待つ時間が、ゆったりと流れてゆく。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(18)

2018年03月06日 19:55

04729.jpg


駅に戻り、そろそろ家に帰ろうかと思う。
次に列車が出るのは、何時だろう。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(17)

2018年03月06日 19:51

04728.jpg


車庫の片隅で、ここにも線路の終わり。
列車がここまで来ることはない、線路の寂しさ。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅 車両基地


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(16)

2018年03月06日 19:49

04727.jpg


建屋の中に、古い気動車の姿があった。
またいつか、この車両で車窓を眺めてみたい。


2016/3 竜ケ崎駅 車両基地 関東鉄道竜ケ崎線滞泊列車(キハ532形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(15)

2018年03月05日 19:46

04726.jpg


明日の朝まで、ここで休むのだろう。
エンジンが掛けられるところを、見てみたい。


2016/3 竜ケ崎駅 車両基地 関東鉄道竜ケ崎線滞泊列車(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(14)

2018年03月05日 19:43

04725.jpg


車庫の暗がりから駅を眺めれば、ホームの灯が恋しい。
次の列車が来るまでの、静けさの中で。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(13)

2018年03月05日 19:41

04724.jpg


すぐに折り返して、走ってゆく。
ホームでこの列車が来るのを待つ人のために。


2016/3 竜ケ崎駅~入地駅 関東鉄道竜ケ崎線70佐貫行(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(12)

2018年03月04日 19:38

04723.jpg


宵闇にも微かな光を集めて、銀色の輝き。
列車の走るレールは、生きている。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅~入地駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(11)

2018年03月04日 19:37

04722.jpg


速度を落として、終点の駅へ。
1両だけの気動車は、身軽に、軽やかに。


2016/3 竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線65竜ケ崎行終着(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(10)

2018年03月04日 19:37

04721.jpg


郊外の、静かになってゆく夜。
遠くから聞こえてきた列車の音、ヘッドライトが鮮烈に。


2016/3 入地駅~竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線65竜ケ崎行(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(9)

2018年03月03日 19:34

04720.jpg


駅に向かう線路。
車庫に向かう線路。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(8)

2018年03月03日 19:25

04719.jpg


夜の町に、明かりが灯る。
駅は、いつ列車が来てもいいよと、静かに待っている。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(7)

2018年03月03日 19:20

04718.jpg


車庫の端っこに、1両の綺麗な気動車が佇んでいる。
町の路地から、手の届きそうなところに。


2016/3 竜ケ崎駅 車両基地 関東鉄道竜ケ崎線滞泊列車(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(6)

2018年03月02日 19:19

04717.jpg


駅の近くにある車庫は、静まり返っていた。
小さな明かりが、そっと、レールを輝かせている。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅 車両基地


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(5)

2018年03月02日 19:17

04716.jpg


一日の仕事を終えて、車庫に休んでいる。
音のない気動車に、安らぎが満ちているよう。


2016/3 竜ケ崎駅 車両基地 関東鉄道竜ケ崎線滞泊列車(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(4)

2018年03月02日 19:17

04715.jpg


終点の駅は、夜が似合う。
今日という日の終わりに、線路の終端の哀しさが重なり合う。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(3)

2018年03月01日 19:15

04714.jpg


夜空に、警報機の赤いサインが一際鮮やか。
列車はエンジンの音を響かせて、夜に走り始めた。


2016/3 竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線68佐貫行(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(2)

2018年03月01日 19:13

04713.jpg


気動車が駅に着けば、皆、足早に駅を出て、夜の町に消えていく。
残されたのは、春に少し手前の冷えた空気だけ。


2016/3 関東鉄道竜ケ崎線 竜ケ崎駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

単行気動車、小さな私鉄で(1)

2018年03月01日 19:12

04712.jpg


夜を走る列車に、言葉にならない魅力を感じている。
家路につく人、遠くまで旅する人、その数だけ想いを乗せた列車に。


2016/3 竜ケ崎駅 関東鉄道竜ケ崎線63竜ケ崎行終着(キハ2000形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

夏を走る列車(15)

2016年07月12日 21:54

03356.jpg


旅した路線との別れのとき。
またいつか、訪ねるときもあるだろう。
暑さの残る、夏の夜。


2010/7 取手駅 関東鉄道常総線1176取手行終着(2100形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

夏を走る列車(14)

2016年07月12日 21:19

03355.jpg


僕も帰宅の路へ。
単行気動車は2両編成にバトンタッチして、町へと乗客を運んでゆく。


2010/7 水海道駅 関東鉄道常総線3176水海道行終着(2200形)・1176取手行(2100形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

夏を走る列車(12)

2016年07月11日 19:27

03353.jpg


大切なのは、時を感じ取ること。
毎日繰り返される列車の発着にも、その日、そのときにしかない情景がある。


2010/7 下館駅 関東鉄道常総線5135下館行終着(2400形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

夏を走る列車(11)

2016年07月11日 19:22

03352.jpg


夜のホームに零れる列車の灯。
終着駅は、情感に満たされる。


2010/7 下館駅 関東鉄道常総線5135下館行終着(2400形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません