風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category中央本線 辰野支線 1/1

長野を北へ(10)

特急列車が行き交う駅に、単行列車がぽつんと停まっていた。新線の開通で鄙びた、中央本線の辰野廻りを1両で守っていた。2009/3 塩尻駅 JR中央本線辰野支線163M塩尻行終着(123系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

長野を北へ(9)

今では、新しい車両が飯田線を走る。変わらないものと、時間と共に変わっていくものと。2009/3 岡谷駅 JR中央本線辰野支線230M天竜峡行(313系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

長野を北へ(8)

中央本線の旧線を抜けて、岡谷に到着した。特急街道の新線には入ることのない、ローカル列車。この車両ともお別れ、素敵な旅をありがとう。2008/4 岡谷駅 JR中央本線辰野支線1427M岡谷行終着(119系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

早春・中央本線(11)

車窓に映る駅はどこも静かで、寂しげだ。先へとつながる鉄路は、善知鳥トンネルに向けて、角度をつけて上り坂になっている。[2009/3 小野駅 JR中央本線辰野支線163M塩尻行 車窓]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

早春・中央本線(10)

この駅は、中央本線で唯一単線なのだという。以前はレールがあったであろう、空いたスペースを見て、ここにも新線ができる前の面影を感じる。[2009/3 信濃川島駅 JR中央本線辰野支線163M塩尻行 車窓]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

早春・中央本線(9)

この車両も、もはや老兵といってもいいのかもしれない。荷物電車として昭和53年に走り始めてから30年以上、何回もの改造を受け、今この静かな路線を走っている。[2009/3 辰野駅 JR中央本線辰野支線163M塩尻行(123系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

早春・中央本線(8)

ぽつんと佇む列車、1両だけで出発の時間を待っている。青空の下、広い駅の構内が賑やかだった頃を思い出させようとしている。[2009/3 辰野駅 JR中央本線辰野支線163M塩尻行(123系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

早春・中央本線(5)

昭和58年、長大トンネルの開通により塩尻への新たな短絡ルートができあがると、やがて優等列車がなくなった。列車の本数も人の数も減ったこの駅の長いホームに降り立ち、往年の賑わいを想像してみる。今は、中央本線の旧線と飯田線を分岐する、山の麓の静かな駅。[2009/3 JR中央本線辰野支線辰野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -