海近くから緑の世界へ(16)

2018年05月24日 14:29

04903.jpg


列車にも緑のアクセント。
遠くから、僕はただ、静かに見惚れていた。


2010/5 江田駅 JR磐越東線732Dいわき行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(15)

2018年05月24日 14:18

04902.jpg


静かな無人駅は、どちらを見ても、美しき緑。
信号場の頃、運転要員がいたことも忘れてしまったかのように。


2010/5 JR磐越東線 江田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(14)

2018年05月23日 14:17

04901.jpg


スイッチバックの信号場で、客扱いをしていたのだという。
左へ、ただ1本の引き上げ線が延びていた。


2010/5 JR磐越東線 江田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(13)

2018年05月23日 14:16

04900.jpg


駅が緑に包まれている。
春、柔らかな世界。


2010/5 JR磐越東線 江田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(12)

2018年05月22日 14:14

04899.jpg


道路から、階段の路地に入ってゆく。
駅舎は見当たらない、ホームだけの小さな駅。


2010/5 JR磐越東線 江田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(11)

2018年05月22日 13:58

04898.jpg


いつの時代からあるのだろう。
大きな空の下、堂々とした木造の駅舎。


2010/5 JR磐越東線 小川郷駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(10)

2018年05月21日 13:55

04897.jpg


向こうから、列車が走ってくるのを見ていたい。
ホームの時刻表、それは叶わないと教えてくれた。


2010/5 JR磐越東線 小川郷駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

海近くから緑の世界へ(9)

2018年05月21日 13:53

04896.jpg


空が、真夏のように濃さを増してゆく。
枝分かれしたローカル線、昼下がりの駅で。


2010/5 JR磐越東線 小川郷駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

会津から磐城へ(17)

2013年12月18日 16:00

02163.jpg


冷たい小雨が落ちてきた。
線路の向こうは霞んでいる。
この路線の旅も、あと少しだ。


1989/12 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(16)

2013年12月17日 15:45

02162.jpg


葉を落とした冬の木。
線路端の枯れ草。
普通列車は、降り出しそうに暗くなってきた空を走る。


1989/12 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(15)

2013年12月17日 15:30

02161.jpg


山間を走る列車は、トンネルに入る。
エンジンの音が一際大きく響く。


1989/12 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(14)

2013年12月16日 15:15

02160.jpg


ここにも、もう雪が降ったようだ。
短い冬の一日、重たい雲の下には、冷たく濡れた線路。


1989/12 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(13)

2013年12月16日 15:00

02159.jpg


エンジンを唸らせながら、冬の景色を走る。
トンネルの向こうには、どんな駅が待っているのだろう。


1989/12 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(12)

2013年12月15日 14:40

02158.jpg


エンジンを全力で回し、排煙を噴き上げて、ゆっくりと発車してゆく。
この駅との一瞬の出会い、そして、一つ一つの駅からの旅立ち。


1989/12 舞木駅 JR磐越東線738D平行 車窓(キハ40形・キハ58形・キハ28形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

会津から磐城へ(11)

2013年12月15日 14:30

02157.jpg


国鉄時代の面影を色濃く残していた頃。
ローカル線には、その昔と何も変わらない毎日があった。


1989/12 郡山駅 JR磐越東線738D平行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません