列車が来るまで(5)

2018年06月19日 08:36

04969.jpg


列車が行き違う姿は、もう見られない。
1本だけ残った枕木、レールが乗っていた日々。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車が来るまで(4)

2018年06月18日 08:34

04968.jpg


駅を形作る一つ一つは、どこも同じ。
時刻表、時計、駅舎に待合室。
ただ、この駅は、無人。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車が来るまで(3)

2018年06月18日 08:32

04967.jpg


誰かが来るまで。
駅はただ静かに、その時を待っている。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車が来るまで(2)

2018年06月17日 08:32

04966.jpg


空が、どこまでも青い。
山は、緑盛んにこの駅に吹く風を清めている。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車が来るまで(1)

2018年06月17日 08:30

04965.jpg


時間は、今も流れてゆく。
まるで、それが止まっているかのような錯覚を覚えても。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線を辿れば(8)

2017年10月22日 15:20

04401.jpg


特急列車もやってくる駅、ホームは長い。
在りし日の記憶を呼び覚ますような旧い気動車、1両だけで。


2001/10 南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行終着(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線を辿れば(7)

2017年10月22日 15:00

04400.jpg


川に山の険しさが迫り、線路は少しの隙間に敷かれている。
古き単行の気動車、自然を前に、小さく見える。


2001/10 中土駅~南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線を辿れば(6)

2017年10月21日 15:00

04399.jpg


南小谷駅を出て北へ、姫川はどこまでも澄んでいた。
大きな岩に腰掛けて待っていた、この古めかしい気動車。


2001/10 中土駅~南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(12)

2017年06月30日 08:29

04135.jpg


1両だけの列車は、自然を前にしてあまりにも小さい。
車内でもらった乗車記念のカードを手に、その姿を見送っていた。


2008/6 小滝駅~根知駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(11)

2017年06月30日 08:29

04134.jpg


山間の小さな駅に、列車は長くは停まらない。
僕の真横を、エンジン音を響かせて通り過ぎ、次の駅へと向かっていった。


2008/6 小滝駅~根知駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(10)

2017年06月29日 08:28

04133.jpg


この駅に降りたのは、僕だけ。
国鉄時代の気動車が、この山の風景に溶け込んでいる。


2008/6 小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(9)

2017年06月29日 08:27

04132.jpg


豪雨災害のときに架け替えられた鉄橋だろうか。
見るからに頑強、ゆっくりと古い気動車が渡ってゆく。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(8)

2017年06月28日 08:27

04131.jpg


山に挟まれて、川の近くにしかなだらかな平地はない。
その車窓に魅せられて、列車に揺られている。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(7)

2017年06月28日 08:26

04130.jpg


列車は長いロックシェッドを抜けて、空の下に出た。
川向うの道もロックシェッドの中に。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(6)

2017年06月27日 08:25

04129.jpg


山が迫り、川が迫り、他に方法もなかったのだろう。
強固な鉄骨に守られて、きっと大変な労力をもって敷かれた鉄路をゆく。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(5)

2017年06月27日 08:25

04128.jpg


列車は、山の懐に飛び込んだ。
川に面した山の裾野を、ロックシェッドに守られて。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(4)

2017年06月26日 08:19

04127.jpg


このまま進めば、正面に山が迫ってくる。
僅かに緊張しながら、線路の先を見ている。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(3)

2017年06月26日 08:18

04126.jpg


山を縫うようにして、列車は走る。
姫川はひときわ眩しく輝いて。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(2)

2017年06月25日 08:16

04125.jpg


山に入ってゆく。
ゆっくりでも、確かな足取りで、陰影のはっきりした世界へ。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(1)

2017年06月25日 08:15

04124.jpg


1両の古めかしい気動車は、小さな駅を出発した。
唸るエンジン、窓を開ければ負けないくらいに雪解け水の轟音。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

車窓は春の姫川(14)

2016年06月24日 08:14

03319.jpg


ホームには、誰もいない。
姫川が、また車窓に映るだろう。ゆっくりと列車は動き始めた。


2008/6 平岩駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は春の姫川(13)

2016年06月24日 08:08

03318.jpg


行く手を遮るように、山が迫る。
車体を震わせるようなエンジンの音、次の駅を目指して。


2008/6 北小谷駅~平岩駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は春の姫川(12)

2016年06月23日 08:04

03317.jpg


列車を包む、緑と青。
風の音、川の音、車窓の遠くに眺める急峻な山並み。


2008/6 中土駅~北小谷駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は春の姫川(11)

2016年06月23日 08:02

03316.jpg


雪解け水で冷たいのだろうか。
川に迫り出すようにして、気動車はエンジンを唸らせ力行してゆく。


2008/6 中土駅~北小谷駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は春の姫川(10)

2016年06月22日 07:59

03315.jpg


柔らかな日差しが、シートを暖めている。
静かな駅、エンジンの音だけ。


2008/6 中土駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません