工業地帯へ向かう赤い列車(12)

2018年02月12日 21:56

04673.jpg


単線で大きな通りを横切って、小さな駅で複線に戻る。
町とこの路線、暫く見続けていきたい。


2015/2 京急大師線 産業道路駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(11)

2018年02月12日 21:54

04672.jpg


この大きな踏切をなくすために、地下化を進められている。
町と線路の近さが京急らしさ、それも徐々に消えてゆく。


2015/2 小島新田駅~産業道路駅 京急大師線2183京急川崎行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(10)

2018年02月11日 21:50

04671.jpg


工事現場の高い柵の隙間から、走る列車の灯が漏れてくる。


2015/2 産業道路駅~小島新田駅 京急大師線2182X小島新田行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(9)

2018年02月11日 21:47

04670.jpg


この真下の地中で、新しい駅が造られているのだろうか。
この土地の、この風景の中に駅があって欲しいと思いながら。


2015/2 京急大師線 小島新田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(8)

2018年02月10日 21:45

04669.jpg


僕は、またいつかこの駅を訪ねることだろう。
都市の鮮やかさを忘れてしまったかのような情景に惹かれて。


2015/2 京急大師線 小島新田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(6)

2018年02月09日 21:37

04667.jpg


プレハブ造りの駅の周りには、これといって何もない。
列車が来ない時間、人もいない。


2015/2 京急大師線 小島新田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(5)

2018年02月09日 21:36

04666.jpg


この駅は、近い将来に地下駅になると言う。
仮設のホームは、歩くと鉄板に靴音が響く。


2015/2 小島新田駅 京急大師線2180小島新田行終着(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(4)

2018年02月08日 21:35

04665.jpg


10分もかからずに、終点の駅へ。
殺風景な佇まい、支線という言葉が似合っている。


2015/2 小島新田駅 京急大師線2180小島新田行終着(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(3)

2018年02月08日 21:15

04664.jpg


夜の時が刻々と過ぎてゆく。
静かになってゆく線路、列車は眠りについている。


2015/2 京急川崎駅 京急大師線滞泊列車(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(2)

2018年02月07日 21:14

04663.jpg


座席が埋まって、立っている人もちらほら。
ホームには、誰もいなくなった。


2015/2 京急川崎駅 京急大師線2180小島新田行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

工業地帯へ向かう赤い列車(1)

2018年02月07日 21:13

04662.jpg


本線は高架のホーム。
地上に降りると、支線の短いホームがあった。


2015/2 京急川崎駅 京急大師線2180小島新田行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(10)

2017年02月10日 20:10

03829.jpg


線路の終わりから、また夜の旅が始まる。
ここから、猛スピードで走る列車の躍動を感じ取って。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(9)

2017年02月10日 20:09

03828.jpg


ここもまた、線路の終わり。
その先へ延びる意思が形に見えている、今の末端。


2015/2 京急久里浜線 三崎口駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(8)

2017年02月09日 20:08

03827.jpg


僕は、このデザインが本当に好きだ。
スマートさと機能美を兼ね備えて、ダイナミックな真紅。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)・2059SH快特品川行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(7)

2017年02月09日 20:07

03826.jpg


もう一つの終点へ。
美しいデザイン、この路線の看板列車。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線1802A快特三崎口行終着(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(6)

2017年02月08日 19:35

03825.jpg


暗闇を照らし、一つ一つの駅を辿って品川まで。
列車の凛々しい姿にはっとして、カメラを向けた。


2015/2 浦賀駅 京急本線1901品川行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(5)

2017年02月08日 19:34

03824.jpg


夜の線路は、トンネルに吸い込まれてゆく。
丘が海に迫る、神奈川の鉄道の風景。


2015/2 京急本線 浦賀駅~馬堀海岸駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(4)

2017年02月07日 19:27

03823.jpg


再び、都会の駅へと帰ってゆく。
静かな夜の駅で、この列車の終着駅の喧騒を思い浮かべる。


2015/2 浦賀駅 京急本線1943品川行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(3)

2017年02月07日 19:25

03822.jpg


ここが終点、線路の終わり。
都会の駅とは、風が違う。


2015/2 京急本線 浦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(2)

2017年02月06日 19:24

03821.jpg


大きな1枚の扉、最近見なくなったと思いながら眺めていた。


2015/2 浦賀駅 京急本線1742浦賀行終着(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

終点から終点へ(1)

2017年02月06日 19:23

03820.jpg


夜の終点の駅に着いた列車、乗っていた人々は早々に改札に向かい、もう誰もいなくなった。


2015/2 浦賀駅 京急本線1742浦賀行終着 車内(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(2)

2017年01月01日 06:02

03734.jpg


本当は、車窓の変化を感じながら、旅の過程も楽しみたいのだけれども。
今日は、そうもできないから、ここにやって来た。


2016/1 羽田空港国内線ターミナル駅 京急空港線601Kエアポート急行成田空港行(3050系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

真紅の列車が夜に映える(13)

2016年02月23日 19:16

03074.jpg


大師線はゆっくり走って10分の旅。
そして乗り換えた本線は、120Km/hで駆け抜けて、一気に横須賀の先までやってきた。


2015/2 堀ノ内駅 京急久里浜線1778SH快特三崎口行(1000系)・京急本線1742浦賀行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

真紅の列車が夜に映える(14)

2016年02月23日 19:16

03075.jpg


ここからの本線の旅は、昭和を感じさせるデザインの列車で。
夜に鮮烈な色の対比、真紅の列車は、また走り始める。


2015/2 堀ノ内駅 京急本線1742浦賀行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

真紅の列車が夜に映える(12)

2016年02月22日 18:38

03073.jpg


川崎大師への参詣を担うこの路線が、今の京浜急行のルーツ。
その役割は、通勤路線になった今も、100年以上何も変わらずに続いている。


2015/2 京急川崎駅 京急大師線1880X小島新田行(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません