信州へ、越後へ(16)

2017年03月08日 12:55

03888.jpg


僕は、上越線で旅を続ける。
信濃から越後への列車、再び信州へと山道を帰ってゆくのだろう。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(15)

2017年03月08日 12:53

03887.jpg


暖かな車内で、少しの間転寝をしていた。
乗り換えの駅で冷たい空気に触れて、軽く身震い。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(14)

2017年03月07日 12:52

03886.jpg


単行列車の終着駅は、山間の小さな駅。
降りた人々は、駅を出てゆくのか、上越線に向かうのか。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(13)

2017年03月07日 12:04

03885.jpg


列車は新潟県へ。
時間を遡るような感覚は錯覚だろうか、車窓はまるで、冬。


2008/3 越後鹿渡駅~越後田沢駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(12)

2017年03月06日 11:19

03884.jpg


まだ、春は遠いのかもしれない。
季節は廻っているようで、実は止まることもあるのかもしれない。


2008/3 上桑名川駅~桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(11)

2017年03月06日 11:17

03883.jpg


この路線が、新幹線と交わることになるとは想像もせず、ゆっくりと車窓を楽しんでいた。


2008/3 上境駅~上桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

信州へ、越後へ(10)

2017年03月05日 11:16

03882.jpg


朝から列車を乗り継いで、再び、山深くに分け入ってゆく。
この列車で、冬に戻っていくような錯覚。


2008/3 上境駅~上桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

雪が光る(12)

2014年03月16日 11:01

02196.jpg


この先の旅路を、この列車で過ごそう。
70キロを2時間弱かけて走る、今から広がる美しい車窓。


2008/3 戸狩野沢温泉駅 JR飯山線131D越後川口行(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(11)

2014年03月16日 10:09

01521.jpg


解けるまでにあとどれくらいの時間がかかるだろう。
まだ来ない春、もうそこまで来てる春。


2008/3 JR飯山線 戸狩野沢温泉駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(10)

2014年03月15日 10:04

01520.jpg


右側の2両編成がゆっくりと動き始めた。
始発駅らしく、暫くの間、加速しないでゆっくり走っている。


2008/3 戸狩野沢温泉駅 JR飯山線130D長野行(キハ110系)・132D長野行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(9)

2014年03月15日 10:03

01519.jpg


乗ってきた列車が、間もなく長野に折り返してゆく。
春の日差しが気持ち良くて、ぼんやり眺めていた。


2008/3 戸狩野沢温泉駅 JR飯山線130D長野行(キハ110系)・132D長野行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(8)

2014年03月14日 10:01

01518.jpg


上下列車は暫くこの駅に停まり、それぞれが長野行になる。
下り列車が来るまでの間、少し散歩に出かけよう。


2008/3 戸狩野沢温泉駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行終着(キハ110系)・164D戸狩野沢温泉行終着(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(7)

2014年03月14日 09:51

01517.jpg


澄んだ空の駅に降りた。
ここは、温泉・スキー場への玄関口。
外国人が楽しそうに写真を撮っている。


2008/3 戸狩野沢温泉駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行終着(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(6)

2014年03月13日 09:47

01516.jpg


雪を渡る風に冷やされ、窓が曇ってゆく。
列車は、終着駅に向かって走る。


2008/3 飯山駅~戸狩野沢温泉駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(5)

2014年03月13日 09:45

01515.jpg


遅れて発車した列車は、スピードを上げて雪の高原を走る。
曇る窓ガラスに、鮮烈な春の日差し。


2008/3 飯山駅~戸狩野沢温泉駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(4)

2014年03月12日 09:28

01514.jpg


路線名となった飯山、大正時代から列車が走り続けている。
JR世代の気動車が走るようになり、そしてここを北陸新幹線が走ろうとしている。


2008/3 飯山駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(3)

2014年03月12日 09:17

01513.jpg


穏やかに晴れてきた。
もう少しで「はちす」駅に着くと、アナウンスが流れた。
時刻表を読むと、「蓮」。なかなか書けない。


2008/3 替佐駅~蓮駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(2)

2014年03月11日 09:13

01512.jpg


千曲川を車窓に映しながら、走る。
新しい気動車は、坂を快調に登ってゆく。


2008/3 替佐駅~蓮駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪が光る(1)

2014年03月11日 09:09

01511.jpg


信州の春は、雪が輝いて、太陽を感じ始めて少しずつやってくる。
列車の行き違いに停まった駅、まだ空気が冷たい。


2008/3 替佐駅 JR飯山線129D戸狩野沢温泉行(キハ110系)


今日で、東日本大震災と原発の事故から3年が経ちました。
時の流れを早く感じます。
今も被災地が復興の途上にあることを忘れないと、改めて意識したいと思います。


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません