時を遡るように(3)

2018年05月25日 18:40

04906.jpg


新幹線の完成されたスタイルもいいけれど、夕暮れを一路走ってゆくL特急の姿に、心を掴まれた。


2009/5 関ヶ原駅 JR東海道本線13ML特急しらさぎ13号富山行(683系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

時を遡るように(2)

2018年05月25日 18:37

04905.jpg


やっぱり、在来線が好きだ。
時に哀愁を漂わせて、僕をどこかへ連れていってくれるから。


2009/5 関ヶ原駅 JR東海道本線5128F豊橋行(117系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

時を遡るように(1)

2018年05月25日 09:32

04904.jpg


新幹線は、気付かない内に次々と新しい車両に。
初代とは違った愛嬌、明るい景色を走ってゆく。


2009/5 豊橋駅~浜松駅 JR東海道新幹線110Aのぞみ110号東京行(N700系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(31)

2017年10月18日 23:15

04393.jpg


新幹線とは違って、時間がかかる。
名古屋に着いたのは夜、駅を出てほろ酔いになり、ゆっくりそんな旅がいい。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(30)

2017年10月18日 23:07

04392.jpg


ベッドタウンに向かう列車を見て、ここは旅先だと心に響く。
僕の家はここにはないのだと。


2014/10 名古屋駅 JR中央本線4101M高蔵寺行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(29)

2017年10月18日 23:05

04391.jpg


夜の駅、鈍く光る線路を見ているのが好きだ。
ファインダーから伝わる、柔らかな光が。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(28)

2017年10月17日 23:04

04390.jpg


オレンジ色を見て、名古屋に着いたのだと実感した。
夜の駅、列車の来ないホームは、もう静かになっている。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(27)

2017年10月17日 23:01

04389.jpg


東海道本線を旅して、夜になって着いた大きな駅。
先へと向かう列車を見送って、今日はここで降りよう。


2014/10 名古屋駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(26)

2017年10月17日 21:11

04388.jpg


車両に、車両が近付いてゆく。
連結器の繋がる音がするまで、慎重に、慎重に。


2014/10 浜松駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(25)

2017年10月16日 21:11

04387.jpg


ここから先は、ようやく通常通りのダイヤ。
混み合う夜の時間に備えて、車両を増結している。


2014/10 浜松駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(24)

2017年10月16日 20:39

04386.jpg


JR東海の車掌氏は、手笛を3回吹いてドアを閉める。
国鉄がJRになって四半世紀以上、それぞれの会社の独自に気付くことも多くなった。


2014/10 磐田駅 JR東海道本線473M浜松行 車内(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(23)

2017年10月16日 19:01

04385.jpg


夜の駅の片隅に、列車が1本だけ停まっている。
今日は、この駅を通り抜けてゆく列車は、走っていない。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(22)

2017年10月15日 18:59

04384.jpg


改札を入る人、改札を出る人、案内を見ている人。
いつもと少しだけ違う、駅の人の往来。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(21)

2017年10月15日 18:57

04383.jpg


やっぱり、鉄道の車両は大きい。
代行バスは何台か連なっていたけれど、列車に移ればまだまだ余裕。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行 車内(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(20)

2017年10月15日 18:56

04382.jpg


一日も早く、鉄路が元通りに復旧しますように。
そう願いながら、ここからまた列車で旅できることを嬉しく思って。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(19)

2017年10月14日 18:54

04381.jpg


狭い駅前、スーツ姿の男性が、声を嗄らしてバスを誘導している。
応援で現場に来ているのかもしれない、その努力のお陰様で、僕は旅を続けられている。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(18)

2017年10月14日 18:40

04380.jpg


この先もまた、臨時ダイヤ。
次の下り列車は、40分後。
改札前に集まる人達も、仕方ないね、と。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(17)

2017年10月14日 18:31

04379.jpg


暗くなってもなお、東海道本線の復旧作業が続いているのを、見た。
列車代行のバスの中で、一人、胸が熱くなる。


2014/10 JR東海道本線 由比駅~興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(16)

2017年10月13日 18:11

04378.jpg


由比まで行く列車を、一つ手前で降りる。
駅前で、列車代行バスが来るのを、皆待っている。


2014/10 JR東海道本線 蒲原駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(15)

2017年10月13日 17:51

04377.jpg


普段は、身延線の特急列車なのかもしれない。
ゆったりとしたシートは、普通列車の旅の中で、ひときわ快適。


2014/10 富士駅 JR東海道本線臨時由比行 車内(373系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(14)

2017年10月13日 17:48

04376.jpg


この駅で、列車を待った30分。
秋の早い日暮れに、随分と長く感じられた。


2014/10 富士駅 JR東海道本線臨時由比行(373系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(13)

2017年10月12日 17:47

04375.jpg


自然災害に寸断された線路。
臨時列車が時折来るだけの様子に、緊張感を感じていた。


2014/10 富士駅 JR東海道本線臨時由比行(373系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(12)

2017年10月12日 17:46

04374.jpg


特急用の車両、普段とは違う案内表示。
出掛けるのを控えているのだろうか、駅はやけに静か。


2014/10 富士駅 JR東海道本線臨時由比行(373系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(11)

2017年10月12日 17:44

04373.jpg


台風で土砂崩れが起きていた。
そのすぐ手前の駅まで、できる限り列車を走らせる、使命感のようなもの。


2014/10 富士駅 JR東海道本線臨時由比行(373系)・JR身延線3571M西富士宮行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(10)

2017年10月11日 17:39

04372.jpg


急ぐ人は、新幹線の新富士駅に向かうようだ。
だいぶ時間が空いてしまう僕は、外に出て、のんびり一服。


2014/10 JR東海道本線 富士駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません