オレンジ色の電車を乗り継いで(5)

2017年04月05日 08:34

03959.jpg


朝日が、白い列車を輝かせる。
眩しさに眠気も醒めて、列車の旅をまた続けて。


2008/4 豊橋駅 JR飯田線501M天竜峡行(119系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

オレンジ色の電車を乗り継いで(4)

2017年04月04日 05:56

03958.jpg


昔からある湘南色も、白い車体のアクセントに変わった。
東日本ではグリーンがメインに、東海ではオレンジが主役に。


2008/4 豊橋駅 JR飯田線501M天竜峡行(119系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

オレンジ色の電車を乗り継いで(3)

2017年04月04日 05:53

03957.jpg


東海道本線の傍らに、不思議な空間。
鉄道の歴史は、競合の2社を今も一つの駅に並べている。


2008/4 豊橋駅 JR飯田線501M天竜峡行(119系)・名古屋鉄道特急中部国際空港行(2200系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

オレンジ色の電車を乗り継いで(2)

2017年04月03日 22:32

03956.jpg


行きたいところまで。
気が済むまで、列車を乗り継いでゆく。


2008/4 浜松駅 JR東海道本線469M浜松行終着(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

オレンジ色の電車を乗り継いで(1)

2017年04月03日 20:30

03955.jpg


列車は、夜の駅に停まった。
待合せだろうか、静かに時が流れる。


2008/4 富士駅 JR東海道本線469M浜松行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(5)

2016年12月23日 05:54

03707.jpg


ビジネスマンが、夜明け前から動き始めている。
社会が求め、社会が使いこなしてきた、新幹線。


2014/12 東京駅 JR東海道新幹線1Aのぞみ1号博多行(N700系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(4)

2016年12月23日 05:53

03706.jpg


今から暫くの間は、移動の時間。
それは、旅よりも、便利を優先すること。


2014/12 東京駅 JR東海道新幹線1Aのぞみ1号博多行(N700系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(18)

2016年11月23日 10:26

03660.jpg


地元の人、旅する人、車窓に流れてゆく緑。
みんなを乗せて、山に分け入り列車は走り続ける。


2013/11 駿河小山駅~足柄駅 JR御殿場線2533M三島行 車内(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(17)

2016年11月23日 10:15

03659.jpg


列車は駅に停まった。
車窓には、山と川に寄り添う駅の姿があった。


2013/11 谷峨駅 JR御殿場線2533M三島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(16)

2016年11月23日 10:07

03658.jpg


旧型国電が、そして近郊型電車が走っていた時代。
昔の記憶を塗り替えるようにして、真新しい電車が駅に停まった。


2013/11 山北駅 JR御殿場線2533M三島行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(15)

2016年11月22日 09:57

03657.jpg


時折やって来る人がある。
一度無人化された駅、今では町が窓口を開けている。


2013/11 JR御殿場線 山北駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(14)

2016年11月22日 09:52

03656.jpg


ここが東海道本線だったとは、今では想像もつかない。
丹那トンネルの開通と引き換えに、この路線は一支線に切り離された。


2013/11 山北駅 JR御殿場線2536M国府津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(13)

2016年11月22日 09:51

03655.jpg


広い構内を、また1本、列車が去ってゆく。
単線に収束していく線路、ポイントを通る音を響かせながら。


2013/11 山北駅 JR御殿場線2536M国府津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(12)

2016年11月21日 09:47

03654.jpg


その昔には、峠越えを助ける補機の機関区も置かれていた。
秋深まる今、枯れた雑草が線路を覆う。


2013/11 JR御殿場線 山北駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(11)

2016年11月21日 09:41

03653.jpg


積荷のレールを降ろしている。
ここから山を越えてゆく線路を守るために。


2013/11 山北駅 JR御殿場線工事臨時列車(キヤ97系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(10)

2016年11月21日 09:40

03652.jpg


過ぎ去る列車を見ていることが多いと、ふと思った。
旅して来た列車への名残なのか、未知の車窓へのあこがれなのか。


2013/11 山北駅 JR御殿場線2531M沼津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(9)

2016年11月20日 09:40

03651.jpg


いつしか山へと向かい、行く手には上り坂が見えている。
見送った列車は、晩秋の木々の中へと走って行く。


2013/11 山北駅 JR御殿場線2531M沼津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(8)

2016年11月20日 09:27

03650.jpg


車窓に見えた小田急の駅は、まるで東京の延長のよう。
単線を走る列車に乗って、もう、僕の心は東京から離れている。


2013/11 相模金子駅~松田駅 JR御殿場線2531M沼津行 車窓・小田急小田原線 新松田駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(7)

2016年11月20日 09:13

03649.jpg


あの列車も、今から東京へ、いや、埼玉や群馬まで行くのかもしれない。
行先は逆、僕の旅は山へと向かう。


2013/11 国府津駅~下曽我駅 JR御殿場線2531M沼津行 車窓(313系)・回送列車(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(6)

2016年11月19日 09:13

03648.jpg


錆びの色に染まったスラブ軌道から、国鉄時代の設備の大きさが伝わってくる。
御殿場線と出入庫線、単線が並んで、東海道本線を越えてゆく。


2013/11 国府津駅~下曽我駅 JR御殿場線2531M沼津行 車窓(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(5)

2016年11月19日 09:06

03647.jpg


ダブルデッカーの大きな車体をくねらせて、始発列車がホームに入る。
東京に背を向けて、幹線からも離れてゆく旅が、始まる。


2013/11 国府津駅 JR御殿場線2531M沼津行 車窓(313系)・JR東海道本線2650E快速籠原行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(4)

2016年11月19日 09:04

03646.jpg


東京に向かう列車は、グリーン車の付いた15両編成。
僕は、その列車を眺めながら、静かに停まる2両編成の車内に入る。


2013/11 国府津駅 JR御殿場線2531M沼津行(313系)・JR東海道本線792M東京行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(3)

2016年11月18日 09:00

03645.jpg


水墨画のように淡く重なり合う山並み。
2両だけの列車は、この駅から首都圏という言葉を遠ざけている。


2013/11 国府津駅 JR御殿場線2531M沼津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(2)

2016年11月18日 08:58

03644.jpg


ビビッドな色で区別された乗り場の案内も、他社線には無地。
JR東海が乗り入れる、神奈川県の駅で。


2013/11 国府津駅 JR御殿場線2531M沼津行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

この路線のための車両(1)

2016年10月16日 07:30

03567.jpg


独特な外観と、5つの銘板が、車両の歴史を物語っている。
身延線のための事業用車が、単行運転できる旅客用に改造されていた。


1998/10 鰍沢口駅 JR身延線3622M富士行(123系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません