北海道の鉄道の記憶(22)

2017年09月16日 15:05

04319.jpg


本当は、この控車が、機関車が、船内に留まることはなかった。
航送車両を連絡船に押し込むためだけの役割、もう、薄れゆく渡道の記憶。


1996/9 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸保存車両(ヒ600形・DD16形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北海道の鉄道の記憶(21)

2017年09月16日 15:00

04318.jpg


青森港の専用の桟橋に、今も残された青函連絡船。
船内に保存された荷物車、その時代の海峡の渡り方。


1996/9 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸保存車両(スユニ50形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

スローモーション(8)

2016年05月04日 07:43

03217.jpg


真夏の暑さも、真冬の豪雪も、この機関車が上越線の列車を通してきた。
水上に機関区があって、石打までの区間を黙々と、昭和57年まで。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

スローモーション(7)

2016年05月04日 07:39

03216.jpg


走ることさえなくなってしまった機関車は、目の前で途切れた線路を黙って見詰めている。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

スローモーション(6)

2016年05月03日 07:39

03215.jpg


そして、過ぎ去った存在。
戦後直後から昭和の末期まで、列車を牽き続けてきた。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

土合駅を訪ねる(5)

2011年05月19日 07:44

00473.jpg


メカニカルな台車。
梃子や発条が重なり合って、一つの機構を成立させている。

[2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

土合駅を訪ねる(4)

2011年05月18日 07:41

00472.jpg


主電動機の刻印は、昭和22年。
鉄道車両は金属の塊、製造から60年弱を経ても、原形を失うことはなかった。

[2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

土合駅を訪ねる(3)

2011年05月17日 07:39

00471.jpg


ありったけの力で、飾り気もなく、仕事をするためだけに造られた機械。
そこに遊びを挟む余地などなかったのだろう。
今となっては、それがむしろ、物悲しい。

[2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

土合駅を訪ねる(2)

2011年05月16日 07:37

00470.jpg


この車両は1980年頃まで、上越線で使用された機関車であるという。
県境の勾配を上り下りするための設備を追設され、ひたすらに走り働いてきたのだろう。
今では荒れて、輝きを失った姿が悲しい。

[2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません