ローカル線・日暮れ(6)

2015年12月07日 15:15

02931.jpg


列車を乗り継いで、ベッドタウンの雰囲気の駅へ。
そしてここからは、山中を目指すローカル線の旅へ。


2007/12 木更津駅 JR内房線1215F快速君津行(E217系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(5)

2015年12月07日 14:55

02930.jpg


乗り継いで来た列車は、神奈川から東京を縦断して来た快速列車。
都会を抜け出して、車窓には牧歌的なローカル私鉄が映っている。


2007/12 五井駅 JR内房線1215F快速君津行 車窓・小湊鐵道滞泊列車(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(16)

2015年11月24日 15:39

02913.jpg


鉄橋を走る列車を眺めて、鉄橋から夕焼けに染まり始めた海を眺めて。
僕は、また次の列車に乗っている。


2010/11 上総湊駅~竹岡駅 JR内房線185M安房鴨川行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(15)

2015年11月24日 15:29

02912.jpg


都心側は両国をターミナル駅として、蒸気機関車の牽く客車や気動車の列車が走って来た時代があった。
今では特急列車も減って、駅はますます静かになってしまったことだろう。


2010/11 JR内房線 上総湊駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(14)

2015年11月23日 15:28

02911.jpg


色付き、葉を落とし始めた木々は、秋の気の早い落陽を美しく見せてくれる。
あと少しで、列車が来る時間だ。


2010/11 JR内房線 上総湊駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(13)

2015年11月23日 15:04

02910.jpg


列車が巻き起こした風に揺れた、名もなき草。
毎日列車が通い続けるからこその、美しき光の交錯。


2010/11 JR内房線 佐貫町駅~上総湊駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(12)

2015年11月22日 15:01

02909.jpg


列車は1時間に1本、あるかないか。
次の列車が通る頃には、海は、夕焼けに染まっているかもしれない。


2010/11 佐貫町駅~上総湊駅 JR内房線181M館山行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(11)

2015年11月22日 15:01

02908.jpg


地図を見て、海の見渡せそうな場所まで歩いて来てみた。
森を抜けると暫くして、列車の走り抜ける音。


2010/11 佐貫町駅~上総湊駅 JR内房線181M館山行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(10)

2015年11月21日 14:16

02907.jpg


青と黄の明るいカラーが、似合っているとも思う。
東京のど真ん中を離れて、海と山里に走り始めた新しい車両に。


2010/11 上総湊駅~竹岡駅 JR内房線177M安房鴨川行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(9)

2015年11月21日 14:15

02906.jpg


海をかすめて、列車はすぐに山の中に入ってしまう。
もう、傾き始めた秋の斜光線を浴びながら。


2010/11 上総湊駅~竹岡駅 JR内房線177M安房鴨川行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(8)

2015年11月20日 13:51

02905.jpg


房総のこの風景を走る列車までもが、ステンレスの通勤型になる時代か。
思わず言葉が、口を衝いて出る。


2010/11 竹岡駅~上総湊駅 JR内房線184M千葉行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(7)

2015年11月20日 13:51

02904.jpg


国鉄時代からの近郊型電車は、もう走っていないようだった。
京浜東北・根岸線から移って来たステンレスの車両ばかりがやってくる。


2010/11 竹岡駅~上総湊駅 JR内房線184M千葉行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(6)

2015年11月19日 13:46

02903.jpg


その日乗ることはない特急列車を、ただじっと眺めていた。
その颯爽と走り去る姿、変わらぬ憧れの気持ちを込めて。


2010/11 竹岡駅~上総湊駅 JR内房線8042M特急新宿さざなみ2号新宿行(E257系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(5)

2015年11月19日 13:46

02902.jpg


通い慣れた景色に黙々と走っているのだろうか、開けた海の風景に心を躍らせているのだろうか。
広がる秋の空、大きな海の青、走り抜ける特急列車は、旅人にはドラマチック。


2010/11 竹岡駅~上総湊駅 JR内房線8042M特急新宿さざなみ2号新宿行(E257系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(4)

2015年11月18日 13:46

02901.jpg


川を渡る小さな鉄橋を望めば、その向こうには海。
心がのびのびするような秋晴れ、今、特急列車が顔を出した。


2010/11 竹岡駅~上総湊駅 JR内房線8042M特急新宿さざなみ2号新宿行(E257系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(3)

2015年11月18日 13:28

02900.jpg


屋根のない跨線橋は、この土地が温暖であることの一つの表現。
駅を出て、ぶらり歩いてみよう。


2010/11 JR内房線 上総湊駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(2)

2015年11月17日 13:25

02899.jpg


秋の空は、どこまでも澄んでいる。
次の列車が来るまでは、静かな時が流れてゆくのだろう。


2010/11 JR内房線 上総湊駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

気まぐれに海の近くへ(1)

2015年11月17日 13:09

02898.jpg


房総半島の暖かな鉄道を見たくなって、列車を乗り継いで来た。
ホームは陽だまりの暖かさ、静かに列車を見送る。


2010/11 上総湊駅 JR内房線171M安房鴨川行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

近郊型電車 無機質な駅へ(3)

2013年03月01日 12:54

01127.jpg


国鉄時代から慣れ親しんだ近郊型電車のデザイン。
手の届くくらいの、でも遠いところへ行けそうな、旅の気持ちになってくる。

[2010/3 千葉駅 JR内房線(JR外房線)177M安房鴨川行(113系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません