15年の時(3)

2015年02月02日 15:00

02435.jpg


"新幹線"がこの駅まで来たら、この歴史ある車庫も壊されてしまうのではないか。
そんなことを思いながらシャッターを切った。


1999/2 新庄駅 JR陸羽東線滞泊列車(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日東北から(1)

2015年01月16日 12:29

02401.jpg


小牛田駅、夜に着いた寒さの印象ばかりだったこの駅で、今日は暖かな日差しに包まれた。


2004/1 小牛田駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行終着(キハ112形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(24)

2014年08月25日 14:15

02037.jpg


ただ、車窓は淡々と流れてゆく。
旅人は、列車の窓辺に身を委ねて、黙ってそれを見ている。


2007/8 川渡温泉駅~池月駅 JR陸羽東線1736D小牛田行 車内(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(23)

2014年08月25日 14:00

02036.jpg


次の列車に乗ろう。
この空も、いずれ晴れ渡ることだろう。


2007/8 鳴子温泉駅 JR陸羽東線1736D小牛田行(キハ112形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(22)

2014年08月24日 13:58

02035.jpg


旅に思いを巡らし、旅で思いを巡らす。
真夏の今日、低く雲が垂れ込め、霧雨が降るこの駅。


2007/8 鳴子温泉駅 JR陸羽東線1736D小牛田行(キハ111形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(21)

2014年08月24日 13:58

02034.jpg


車窓は走馬灯のように。
列車は終着駅に着いた。


2007/8 鳴子温泉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行終着(キハ110形)・留置列車(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(20)

2014年08月23日 13:55

02033.jpg


闇のトンネルから飛び出した列車は、昼の世界へ。
足取り軽く、新世代の気動車はジョイント音を奏でて走る。


2007/8 中山平駅~鳴子温泉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(19)

2014年08月23日 13:52

02032.jpg


夜は一面の暗闇に一筋のヘッドライトが光るのだろう。
列車の旅は、時間を越えて。


2007/8 中山平駅~鳴子温泉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(18)

2014年08月22日 13:48

02031.jpg


ある年が終わりを告げる、冬。
そして寒さ極まる季節は、新たな年の始まり。
線路はどこまでも延びている。


2007/8 堺田駅~中山平駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(17)

2014年08月22日 13:47

02030.jpg


やがて来る秋を思う。
線路が分け入る森は、色付いて華やいで、そして一抹の哀愁を帯びる。
人恋しくなる、寒さへの季節。


2007/8 堺田駅~中山平駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(16)

2014年08月21日 13:45

02029.jpg


夏。
晴、雨、曇、夕立に追い立てられるかのように空が目まぐるしく変わり、喜怒哀楽を自分のこととして理解する季節。
静かな駅で。


2007/8 堺田駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(15)

2014年08月21日 13:41

02028.jpg


春を思い出してみたい。
一直線な考え方で毎日笑っていて、それでもこの上なく不安で寂しい。
草木は淡い色合いを輝かせて、その息を弾ませて。


2007/8 赤倉温泉駅~堺田駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(14)

2014年08月20日 13:36

02027.jpg


深い色合いの森、曇って満遍なく光る白い空。
冬、夏、この路線を何度か通って、その季節を感じ取る。


2007/8 立小路駅~赤倉温泉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(13)

2014年08月20日 13:30

02270.jpg


小さな駅で、列車が行き違う。
日常の繰り返される光景が、旅の視線には、一つの思い出になる。


2007/8 最上駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓・727D新庄行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(12)

2014年08月19日 13:19

02026.jpg


過ぎ去る景色を眺める内に、空も、山も、その色合いが変わってゆくのに気付く。
一筋の線路が、普段忘れていた心の目を覚ましてくれる。


2007/8 瀬見温泉駅~鵜杉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(11)

2014年08月19日 13:12

02025.jpg


上質な時間を楽しみたい。
旅人の無意識の感情に応えてくれる、流れ行く車窓。


2007/8 東長沢駅~瀬見温泉駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(10)

2014年08月18日 12:53

02024.jpg


食も旅。
牛肉のしぐれ煮がたっぷりの駅弁を頬張る。


2007/8 新庄駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行 車内(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

車窓は淡々と流れて(9)

2014年08月18日 12:48

02023.jpg


この駅から始まる、東への旅。
専用カラーを纏った気動車は、どんな車窓を楽しませてくれるのだろう。


2007/8 新庄駅 JR陸羽東線724D鳴子温泉行(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(9)

2013年02月07日 12:29

01105.jpg


午前中までの深い雪景色が、まるで夢だったかのよう。
終着駅に着いた列車は、快晴の青空の下でひなたぼっこをしている。

[2004/1 小牛田駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行終着(キハ112形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(8)

2013年02月06日 11:58

01104.jpg


日本海側とは、空模様も雰囲気も違う車窓。
列車は走り続けている。

[2004/1 池月駅~岩出山駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(7)

2013年02月05日 11:51

01103.jpg


早朝から起きていたからだろうか。
足元の暖かさ、心地良い列車の揺れ、うとうとと寝てしまう。
気付けば、車窓の雪は薄くなり、空は青く冬晴れ。

[2004/1 川渡温泉駅~池月駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(6)

2013年02月04日 11:02

01102.jpg


ここの温泉の歴史は古いと言う。
ホームには雪が積もり、静かに旅情が溢れている。

[2004/1 瀬見温泉駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(5)

2013年02月03日 10:58

01101.jpg


小さな鉄橋から見下ろす、雪の森を流れる川。
刻々と変化し続ける車窓。

[2004/1 長沢駅~瀬見温泉駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(4)

2013年02月02日 10:55

01100.jpg


山間の雪景色、流れる車窓をじっと見ていると、暖かな車内で幸せな気持ちになってくる。
ああ、今、旅をしているな、と。

[2004/1 長沢駅~瀬見温泉駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪の湯けむりライン(3)

2013年02月01日 10:52

01099.jpg


山間を進む列車、車窓はまた雪模様。
音もなく、深々と降りしきる。

[2004/1 長沢駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません