大糸線 一駅の旅(11)

2017年06月30日 08:29

04134.jpg


山間の小さな駅に、列車は長くは停まらない。
僕の真横を、エンジン音を響かせて通り過ぎ、次の駅へと向かっていった。


2008/6 小滝駅~根知駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(12)

2017年06月30日 08:29

04135.jpg


1両だけの列車は、自然を前にしてあまりにも小さい。
車内でもらった乗車記念のカードを手に、その姿を見送っていた。


2008/6 小滝駅~根知駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(10)

2017年06月29日 08:28

04133.jpg


この駅に降りたのは、僕だけ。
国鉄時代の気動車が、この山の風景に溶け込んでいる。


2008/6 小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(9)

2017年06月29日 08:27

04132.jpg


豪雨災害のときに架け替えられた鉄橋だろうか。
見るからに頑強、ゆっくりと古い気動車が渡ってゆく。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(8)

2017年06月28日 08:27

04131.jpg


山に挟まれて、川の近くにしかなだらかな平地はない。
その車窓に魅せられて、列車に揺られている。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(7)

2017年06月28日 08:26

04130.jpg


列車は長いロックシェッドを抜けて、空の下に出た。
川向うの道もロックシェッドの中に。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(5)

2017年06月27日 08:25

04128.jpg


列車は、山の懐に飛び込んだ。
川に面した山の裾野を、ロックシェッドに守られて。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(6)

2017年06月27日 08:25

04129.jpg


山が迫り、川が迫り、他に方法もなかったのだろう。
強固な鉄骨に守られて、きっと大変な労力をもって敷かれた鉄路をゆく。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(4)

2017年06月26日 08:19

04127.jpg


このまま進めば、正面に山が迫ってくる。
僅かに緊張しながら、線路の先を見ている。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(3)

2017年06月26日 08:18

04126.jpg


山を縫うようにして、列車は走る。
姫川はひときわ眩しく輝いて。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(2)

2017年06月25日 08:16

04125.jpg


山に入ってゆく。
ゆっくりでも、確かな足取りで、陰影のはっきりした世界へ。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

大糸線 一駅の旅(1)

2017年06月25日 08:15

04124.jpg


1両の古めかしい気動車は、小さな駅を出発した。
唸るエンジン、窓を開ければ負けないくらいに雪解け水の轟音。


2008/6 平岩駅~小滝駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(30)

2016年12月31日 11:25

03732.jpg


次の上りは単行列車。
新幹線を降りて旅すれば、心に染み込む風景がどこまでも広がっている。


2014/12 三次駅 JR芸備線4865D狩留家行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(29)

2016年12月31日 11:24

03731.jpg


気動車は随分と色褪せていた。
快速の表示も誇らしげに、終着駅に佇む。


2014/12 三次駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行終着(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(28)

2016年12月31日 11:21

03730.jpg


進路予告をせずに横棒線だけを表示している。
貨物列車が走っていた名残、側線はもうない。


2014/12 西三次駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)・4863D狩留家行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(27)

2016年12月30日 11:20

03729.jpg


いつまでも流れてゆく車窓が、ふと、一幅の絵のように。
どこまでも走ってゆく列車が、とても静かな存在に。


2014/12 志和地駅~西三次駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(26)

2016年12月30日 11:13

03728.jpg


田畑の中にぽつぽつと家が点在し、冬の風が吹き渡る。
細い線路は土地に馴染み、溶け込んでいる。


2014/12 上川立駅~志和地駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(25)

2016年12月30日 11:12

03727.jpg


鄙びた風景が、どこまでも続いている。
この列車にしかない、ここにしかない車窓。


2014/12 上川立駅~志和地駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(24)

2016年12月29日 11:06

03726.jpg


ホームに生えた雑草も、寒風に枯れている。
この駅を発てば、終着駅までもう停まらない。


2014/12 甲立駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(23)

2016年12月29日 11:00

03725.jpg


85Km/hで走る列車は、快調そのもの。
終着駅を目指して、走り切るまで。


2014/12 向原駅~吉田口駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車内(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(22)

2016年12月29日 10:57

03724.jpg


2両の快速列車は、跨線橋の近くに停まった。
長いホームを持て余すようにして。


2014/12 向原駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(21)

2016年12月28日 10:53

03723.jpg


中国山地に向かう列車に乗るのは、これが初めて。
流れてゆく風景は、僕の心を捉えて離さない。


2014/12 井原市駅~向原駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(20)

2016年12月28日 10:48

03722.jpg


列車の中で運賃箱を見るのも珍しくはなくなった。
ワンマンなど考えもしなかった国鉄時代の車両であっても。


2014/12 志和口駅~井原市駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車内(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(19)

2016年12月28日 10:46

03721.jpg


上りの快速列車と離合する。
急行から格下げされ、ワンマン運転になっても、今もこの路線の代表列車。


2014/12 志和口駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)・5861D快速みよしライナー広島行(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

新幹線のその先へ(18)

2016年12月27日 10:44

03720.jpg


車内にもエンジン音を響かせて、真っ直ぐの線路を走り抜けてゆく。
冬の日差しは、どこまでも柔らかい。


2014/12 上三田駅~志和口駅 JR芸備線5856D快速みよしライナー三次行 車窓(キハ47形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません