風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category唐津線 1/1

EC meets DC(12)

九州の列車の鮮やかな色合いは、また次の列車を楽しみにさせる。地下鉄直通の電車が行き交う高架駅に、終点までの一駅を残して停まる気動車。[2011/9 唐津駅 JR唐津線5845D西唐津行(キハ125形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

EC meets DC(11)

2メートルの車体の長さの差、こんなに違って見えるんだと興味深く感じた。色も形も性能も、時代と共に変化して、それでも一緒に走っている。[2011/9 唐津駅 JR唐津線5845D西唐津行(キハ47形・キハ125形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  4
  •  -

EC meets DC(10)

筑肥線の改良、乗り入れ以来、唐津駅は高架駅になったという。綺麗に整えられた駅前の街路樹が、ちょっと雰囲気を異にした気動車を駅に馴染ませる。[2011/9 唐津駅 JR唐津線5845D西唐津行(キハ47形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

EC meets DC(9)

一面一線のみの小さな駅は、車庫の存在感の方が大きく感じられる。ここも、ある一つの終着駅。[2011/9 JR唐津線西唐津駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -