EC meets DC(16)

2012年09月23日 16:25

00975.jpg


車窓は、山。
まだ頑張り続ける通勤電車の窓に、かわいらしい小山。
電車と気動車が出会う路線で、今日も走り続けている。

[2011/9 浜崎駅~筑前深江駅 JR筑肥線1686C快速福岡空港行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(15)

2012年09月22日 16:22

00974.jpg


車窓は、海。
日本の各地で活躍してきた通勤電車の窓に、穏やかな海。

[2011/9 浜崎駅~筑前深江駅 JR筑肥線1686C快速福岡空港行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(14)

2012年09月21日 16:14

00973.jpg


静かな途中駅。
旅先を感じさせる縦書きの駅名票、ホームに生長した樹の穏やかさ。

[2011/9 浜崎駅 JR筑肥線1686C快速福岡空港行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(13)

2012年09月20日 16:08

00972.jpg


車窓に大きな景色が広がる、松浦川の長い橋梁。
ここは全通することのなかった国鉄呼子線として建設されていた。
今は筑肥線の一部に組み込まれて、電車が行き交っている。

[2011/9 和多田駅~東唐津駅 JR筑肥線1686C快速福岡空港行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(8)

2012年09月15日 11:39

00967.jpg


終着駅に着いた電車は、始発の地下駅で見たときとは少し違っている。
過ぎてきた車窓の記憶を背負って到着した、終着駅。

[2011/9 西唐津駅 JR筑肥線(JR唐津線)1685C快速西唐津行終着(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(7)

2012年09月14日 11:33

00966.jpg


電車から見送る気動車。
エンジンを唸らせてゆっくりと走る気動車、コンクリートの高架橋に響き渡る。

[2011/9 唐津駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行 車窓(103系)・JR唐津線5838D佐賀行(キハ47形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(6)

2012年09月13日 11:32

00965.jpg


地下鉄、ベッドタウン、田畑、海、トンネル、松原、そして着いた唐津駅。
景色はめくるめく変わり、都会の通勤電車はローカル色溢れる気動車に出会ったのだった。

[2011/9 唐津駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行(103系)・JR唐津線5838D佐賀行(キハ47形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(5)

2012年09月12日 11:18

00964.jpg


海、トンネル、そして抜けるときっとまた海が見える。
過ぎ行く車窓を眺めながら、時折カメラを構えて。

[2011/9 筑前深江駅~浜崎駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(4)

2012年09月11日 11:14

00963.jpg


車窓に映る海は、何故こんなにも魅力的なのだろう。
目にしたときに、嬉しさ、切なさ、哀しさ、懐かしさ、入り混じった感情が湧き上がってくる。
そしていつでも、車窓の海はドラマチックだ。

[2011/9 筑前深江駅~浜崎駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(3)

2012年09月10日 11:09

00962.jpg


列車は景色を置き去りにして、先へと走り抜ける。
玄界灘が穏やかに輝いている。

[2011/9 筑前深江駅~浜崎駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行 車窓(103系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

EC meets DC(2)

2012年09月09日 11:05

00961.jpg


地下から地上に出、ベッドタウンの景色を見ながら筑肥線に入り、筑前前原を過ぎる。
線路は単線になり、景色は、長閑な田園地帯になっている。

[2011/9 一貴山駅~筑前深江駅 JR筑肥線1685C快速西唐津行 車窓]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません