もう一つの梅田駅(5)

2012年09月07日 00:35

00959.jpg


人気のない、夜中の有蓋車用ホーム。
ドーム型の大きな屋根に覆われて、貨車は荷役を待っている。
この貨物駅は、近い将来、再開発で廃止されるという。
鉄道貨物の発展につながる合理化と近代化、そしてまた消えてゆこうとしている昭和の香り。

[2010/9 JR東海道本線梅田貨物線梅田駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

もう一つの梅田駅(4)

2012年09月06日 00:30

00958.jpg


踏切から、難しいと分かりつつも、望遠で線路の向こうを見通してみる。
微かな身体の動きが、光を拡散させ、ぶれる。
それでも、モノクロのように線路が冷たく光るこの写真、嫌いにはなっていない。

[2010/9 JR東海道本線梅田貨物線梅田駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

もう一つの梅田駅(3)

2012年09月05日 00:20

00957.jpg


どこからやってきた貨物列車なのだろう。
都会の暗闇に浮かび上がる、長距離ランナーの表情。

[2010/9 JR東海道本線梅田貨物線梅田駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

もう一つの梅田駅(2)

2012年09月04日 00:17

00956.jpg


再開発が進む大阪駅周辺、高層ビルの灯りを背に、貨物駅の構内が広がっている。
光を反射する幾重ものレール、ハードボイルド、という単語を思い浮かべる。

[2010/9 JR東海道本線梅田貨物線梅田駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

もう一つの梅田駅(1)

2012年09月03日 00:14

00955.jpg


大阪を中心とした鉄道網は、普段乗りなれない僕にとってはとても複雑に感じられる。
そして、大阪・梅田駅のすぐ近くに、大きな貨物ヤードがあるのに気付いたとき、すぐに見に行こうと思った。
深夜の貨物線。

[2010/9 JR東海道本線梅田貨物線梅田駅(DE10形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません