思い出すこと(2)

2017年03月16日 09:25

03911.jpg


今では北海道まで通じた新幹線は、まだ盛岡まで。
東北の在来線には、活気と情感が溢れていた。


1989/3 盛岡駅 JR東北本線1003ML特急はつかり3号青森行(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(9)

2016年12月21日 11:37

03701.jpg


雪が降っても走り続けられるように。
気の遠くなるような青空に、スノープラウも厳めしい列車の表情が浮かび上がる。


2008/12 郡山駅 JR東北本線1139M福島行(E721系)・貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(8)

2016年12月20日 10:48

03700.jpg


どこまでも均等に並ぶ枕木と、美しき三角形の連続。
レールは、空の色を映して青く輝いていた。


2008/12 豊原駅~白坂駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(7)

2016年12月20日 10:42

03699.jpg


長い距離を走って、次の駅へと向かう。
列車はスピードを上げて、風を切って。


2008/12 黒田原駅~豊原駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(6)

2016年12月19日 10:31

03698.jpg


間もなく出発の時。
何度見ても、僕はこの駅の長いホームが好きだ。


2008/12 黒磯駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(5)

2016年12月19日 10:29

03697.jpg


まるで、日向ぼっこを楽しむかのように。
直流機関車の雄も、もう歳を重ねた。


2008/12 黒磯駅 JR東北本線滞泊列車(EF65形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(4)

2016年12月18日 10:28

03696.jpg


斜めに差し込む陽の柔らかさ。
ホームに陽だまりを作って、旅人を心和ませる。


2008/12 黒磯駅 JR東北本線2133M郡山行(E721系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(3)

2016年12月18日 10:23

03695.jpg


雲一つない、冬の青空。
どこまでも透明、この列車に乗って旅してきた。


2008/12 黒磯駅 JR東北本線1539M黒磯行終着(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
[ 続きを読む ]

冬晴れと寒風・東北本線(2)

2016年12月17日 10:22

03694.jpg


ホームに合わせた、低さが独特な車体。
ここから一ノ関まで、280Kmを守っている。


2008/12 黒磯駅 JR東北本線2133M郡山行(E721系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

冬晴れと寒風・東北本線(1)

2016年12月17日 09:27

03693.jpg


週末ごとに、東北本線を旅していた。
関東平野を渡る風は、乾いて、冷たく、ホームに降りると思わず身震いした。


2008/12 宇都宮駅 JR東北本線1539M黒磯行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(26)

2016年10月25日 12:42

03594.jpg


列車に乗って車窓を眺める度に、車窓が新鮮な風のように心に流れてゆく。
駅に集う列車たち、昔に乗ったことがあるのかもしれない。


2014/10 福島駅 JR東北本線1139M福島行 車窓・3582M快速仙台シティーラビット2号福島行終着(719系)・留置列車(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(25)

2016年10月25日 12:37

03593.jpg


確かに風を感じた瞬間。
大きな車窓が広がった。


2014/10 金谷川駅~南福島駅 JR東北本線1139M福島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(24)

2016年10月24日 12:36

03592.jpg


白く縁取られた信号は、何を意味しているのだろう。
山を登ったこの先に、「風」はどんな風景を表しているのだろう。


2014/10 金谷川駅~南福島駅 JR東北本線1139M福島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(23)

2016年10月24日 12:30

03591.jpg


単線の時代があったと、今でも感じさせてくれる。
大幹線のどこまでも続く複線、気付けば、寄り添っていた上り線は離れて遠くへ。


2014/10 松川駅~金谷川駅 JR東北本線1139M福島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(22)

2016年10月24日 12:07

03590.jpg


また、次の駅を目指して。
雲が流れ、列車はスピードを上げて。


2014/10 五百川駅~本宮駅 JR東北本線1139M福島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(21)

2016年10月23日 11:59

03589.jpg


この列車の始発駅を出れば、車窓を満たす緑の世界。
秋にすすきが揺れ、いつしか、雪の寒さに包まれてゆく。


2014/10 郡山駅~日和田駅 JR東北本線1139M福島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(20)

2016年10月23日 11:56

03588.jpg


この駅に新幹線が隣り合っているだけ、まだ幸せなのかもしれない。
町の中核を走らない新幹線を見るたびに、そう思う。


2014/10 JR東北本線 郡山駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(19)

2016年10月23日 11:31

03587.jpg


同じ形式の車両が、この駅でバトンタッチ。
乗り継いで、また次の区間へ。


2014/10 郡山駅 JR東北本線2133M郡山行終着(719系)・1139M福島行(719系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(18)

2016年10月22日 11:04

03586.jpg


土地に合わせて滑らかに。
線路を眺めていると、起伏がこんなにもあるのだと、少し驚く。


2014/10 泉崎駅~矢吹駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(17)

2016年10月22日 10:56

03585.jpg


一駅ごとに走って、いつでも新しい景色を見せてくれる。
日常から切り離されて、その土地の日常を見ている。


2014/10 白河駅~久田野駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(16)

2016年10月22日 10:53

03584.jpg


駅に停まった列車の窓に、柔らかく色付いた木々。
秋を楽しむ、穏やかな時間。


2014/10 白河駅 JR東北本線2133M郡山行 車内(719系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(15)

2016年10月21日 10:48

03583.jpg


機関車は、勇ましく力強い姿。
すれ違いざまに響いてくる機械音。たくさんの貨車を牽いて。


2014/10 白坂駅~新白河駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓・貨物列車(EH500形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(14)

2016年10月21日 10:43

03582.jpg


列車に乗って、福島県に入る。
僕は今、東北へ。


2014/10 豊原駅~白坂駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(13)

2016年10月21日 10:40

03581.jpg


ホームに、この列車を待つ人はいるだろうか。
秋のある日、旅人が乗った列車を。


2014/10 豊原駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

秋を・東北本線(12)

2016年10月20日 10:37

03580.jpg


駅と駅の間に、都会よりもゆっくりとした時が流れる。
次の駅は、いつ見えてくるだろうか。


2014/10 黒田原駅~豊原駅 JR東北本線2133M郡山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません