風光る東北で(7)

2017年04月27日 09:42

03996.jpg


乗り換えの駅、ホームに列車は滑り込んだ。
ブレーキの音、初めての駅。


2009/4 前谷地駅 JR石巻線3921D快速南三陸1号気仙沼行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(8)

2017年04月27日 09:42

03997.jpg


それぞれの行先を目指して、2つの列車が出会った。
途中までしか行けなくなってしまった気仙沼線、復旧を今も夢見ている。


2009/4 前谷地駅 JR気仙沼線3921D快速南三陸1号気仙沼行(キハ110系)・JR石巻線1633D石巻行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(6)

2017年04月26日 09:20

03995.jpg


松島を越えて、東北本線をスピードを上げて走る。
電化された路線を走る気動車、とてもアクティブ。


2009/4 鹿島台駅~松山町駅 JR東北本線3921D快速南三陸1号気仙沼行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(5)

2017年04月26日 08:48

03994.jpg


電車の行き交う東北一の駅に、気動車が停まっている。
快速、行先には港が有名な、海の町。


2009/4 仙台駅 JR東北本線3921D快速南三陸1号気仙沼行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(4)

2017年04月25日 08:28

03993.jpg


駅に停まるごとに、車内が賑やかになっていく。
終点の駅、ホームに若さが弾けだした。


2009/4 仙台駅 JR東北本線573M仙台行終着(719系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(3)

2017年04月25日 07:25

03992.jpg


降りる訳でもない、僕にとっての名もなき駅。
その一瞬に、ファインダーを覗き込みたくなる。


2009/4 貝田駅 JR東北本線573M仙台行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(2)

2017年04月24日 07:22

03991.jpg


長閑な風景が、心にストレートに届く。
僕は今、東北本線を北に向かっている。


2009/4 藤田駅~貝田駅 JR東北本線573M仙台行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

風光る東北で(1)

2017年04月24日 06:58

03990.jpg


今日は、暖かい。
もう春になったとのびのびしながら、改札を通る。


2009/4 JR東北本線 福島駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(15)

2017年04月16日 10:13

03974.jpg


現役でいる限り、古さを超えて、温かみがある。
先月、雪崩で橋に被害が出たという。
この列車は羽前椿までしか行かない。


2005/4 米沢駅 JR米坂線羽前椿行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(14)

2017年04月16日 10:12

03973.jpg


標準軌になった奥羽本線が主役のような米沢駅。
駅の片隅に、昔ながらのディーゼルカーが佇んでいる。


2005/4 米沢駅 JR米坂線羽前椿行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(13)

2017年04月15日 10:07

03972.jpg


“山形新幹線”の開業に合わせて建て直したのだろう。
立派な駅舎になっていた。


2005/4 JR奥羽本線 米沢駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(12)

2017年04月15日 08:49

03971.jpg


終点に着いた。
ばらばらと数名の乗客が降り、すぐにホームには人がいなくなった。


2005/4 米沢駅 JR奥羽本線424M米沢行終着(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(11)

2017年04月14日 08:43

03970.jpg


雪景色の単線、終着駅まであと一つ。
ここを走ったL特急は、さぞかし魅力的だったことだろう。


2005/4 置賜駅~米沢駅 JR奥羽本線424M米沢行 車窓(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(10)

2017年04月14日 08:37

03969.jpg


対向列車と行き違う。
ホームに降りると、身震いする程に寒く感じた。


2005/4 置賜駅 JR奥羽本線424M米沢行(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(9)

2017年04月13日 08:35

03968.jpg


足元の暖房が暖かい。
車窓に流れる景色を見ながら、列車で時を過ごしている。


2005/4 高畠駅~置賜駅 JR奥羽本線424M米沢行 車窓(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(8)

2017年04月13日 08:34

03967.jpg


季節が冬に戻ってゆく。
置賜は、車窓に一面の雪景色だった。


2005/4 高畠駅~置賜駅 JR奥羽本線424M米沢行 車窓(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(7)

2017年04月12日 08:28

03966.jpg


見渡す限りの、春を待つ水田。
遠くの山並みに残る、冬の雪。


2005/4 赤湯駅~高畠駅 JR奥羽本線424M米沢行 車窓(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(6)

2017年04月12日 08:27

03965.jpg


東京を走る通勤列車に似た電車。
見る見る内に100Km/h、ここにしかない風景を快走する。


2005/4 赤湯駅~高畠駅 JR奥羽本線424M米沢行 車窓(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(5)

2017年04月11日 07:42

03964.jpg


まだ吹く風冷たい、山形駅のホーム。
乗り換えるのは、標準軌のローカル列車。


2005/4 山形駅 JR奥羽本線424M米沢行(701系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(4)

2017年04月11日 07:22

03963.jpg


土の色、雲の色、遠くの山に掛かる霧の色。
もう少しで奥羽本線、春は遠のく。


2005/4 高瀬駅~楯山駅 JR仙山線821M山形行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(3)

2017年04月10日 21:01

03962.jpg


上野を出て下町を走り、北千住からはどこまでも複々線。
普通列車も、特急も、走り続ける内にいつしか単線に。


2005/4 鹿島駅 JR常磐線273M仙台行 車窓(455系)・266Mいわき行(717系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(2)

2017年04月10日 19:17

03961.jpg


その先への下り列車に乗り継ぐ。
ボックスシート、仙台の表示、東北に来たことの嬉しさを感じて。


2005/4 いわき駅 JR常磐線273M仙台行(455系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

春まだ遠くへ(1)

2017年04月10日 17:35

03960.jpg


ある日、列車から外を眺めている。
支線へと入っていく列車、少しの出会い。


2005/4 水戸駅 JR常磐線399Mいわき行 車窓・768M小山行(415系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

貨物駅は今(4)

2017年04月02日 17:00

03945.jpg


ここに、大きな貨物駅があったことを僕は見たことがない。
それは、もう、夢。


2015/4 JR総武本線越中島貨物線 越中島貨物駅(小名木川駅跡)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

貨物駅は今(3)

2017年04月02日 16:45

03944.jpg


「新」の文字は、何を表しているのだろう。
昭和42年、この土地の風景は、今とは全く違ったはず。


2015/4 JR総武本線越中島貨物線 越中島貨物駅(小名木川駅跡)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません