四国4県点描(1)

2017年08月23日 13:30

04265.jpg


四国に、まだ国鉄の面影が残っていた頃。
エンジンの轟音を立てて山に挑む気動車は、麓の駅で長く停まっていた。


1997/8 琴平駅 JR土讃線阿波池田行(キハ58形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(18)

2017年08月22日 23:27

04264.jpg


もう少しでここを離れるから、だろうか。
街の灯も、モノレールの去る姿も、陽気な暑さとは裏腹に切なく思えて。


2016/8 旭橋駅~県庁前駅 沖縄都市モノレール2321A首里行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(17)

2017年08月22日 23:27

04263.jpg


那覇の街の中心を、走ってゆく。
朝、昼、夜、いつでも乗客を乗せて。


2016/8 旭橋駅~県庁前駅 沖縄都市モノレール2321A首里行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(16)

2017年08月21日 22:32

04262.jpg


ここが、日本最南端にある「駅」。
住宅の広がる静かな夜空を、モノレールの光が流れてゆく。


2016/8 赤嶺駅 沖縄都市モノレール2228A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(15)

2017年08月21日 22:21

04261.jpg


那覇の夜に、光が輝いている。
夜に出歩きたくなる、また、モノレールに乗って。


2016/8 沖縄都市モノレール 旭橋駅~壷川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(14)

2017年08月20日 13:56

04260.jpg


毎日、いつも、同じように繰り返される風景。
僕が初めてこの街を訪ねたときには、なかった光景。


2016/8 首里駅~儀保駅 沖縄都市モノレール1308A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(13)

2017年08月20日 13:56

04259.jpg


真っ直ぐにつながった軌道、ゴムタイヤの音を立てて発車してゆく。
首里城のある街から、海の近くの空港まで。


2016/8 首里駅~儀保駅 沖縄都市モノレール1308A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(12)

2017年08月19日 13:55

04258.jpg


まだ新しさの残る駅は、モノトーン。
曇り空の光が、駅を明るいグレーに整える。


2016/8 首里駅 沖縄都市モノレール1308A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(11)

2017年08月19日 13:53

04257.jpg


橋桁ごと動くような、モノレールのポイント。
どんな構造になっているのかと、興味津々。


2016/8 沖縄都市モノレール 首里駅~儀保駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(10)

2017年08月18日 13:51

04256.jpg


堅い社名に、親しみやすい愛称。
街に根付いて、これから先も長く走り続けて欲しい。


2016/8 首里駅 沖縄都市モノレール1308A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(9)

2017年08月18日 13:50

04255.jpg


到着して少し経てば、ホームには誰もいなくなった。
折り返しまでの、静かな時間。


2016/8 首里駅 沖縄都市モノレール1308A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(8)

2017年08月17日 13:50

04254.jpg


あと数年で、この先へと延びてゆく。
突然に切れたその先は、未来への余白。


2016/8 沖縄都市モノレール 首里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(7)

2017年08月17日 13:42

04253.jpg


那覇の街を空中散歩。
上下左右に、自由に、街を眺めて。


2016/8 古島駅~市立病院前駅 沖縄都市モノレール1307A首里行 車窓(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(6)

2017年08月16日 13:35

04252.jpg


小綺麗な車両。
戦後の沖縄に走り始めたモノレール、そのトップナンバー。


2016/8 美栄橋駅 沖縄都市モノレール1307A首里行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(5)

2017年08月16日 13:33

04251.jpg


街を見渡す駅に、熱い風が吹いている。
行先は、首里。城のある街。


2016/8 沖縄都市モノレール 美栄橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(4)

2017年08月15日 13:29

04250.jpg


街の隙間を縫うように。
大きな道の上を、淀んだ川の上を。


2016/8 美栄橋駅~県庁前駅 沖縄都市モノレール1316A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(3)

2017年08月15日 13:29

04249.jpg


それまでのバスの市内交通よりは、随分と容量が増えたのだろう。
2両編成が宙を走る、今の那覇の街。


2016/8 美栄橋駅 沖縄都市モノレール1316A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(2)

2017年08月14日 13:29

04248.jpg


潮風が吹いている。
大きな那覇の街も、そのすぐ向こうは、海。


2016/8 美栄橋駅 沖縄都市モノレール1316A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

南のモノレール(1)

2017年08月14日 12:58

04247.jpg


余計な言葉の要らないくらいに、晴れて暑くて、真夏。
街の上空を、モノレールは静かに滑ってゆく。


2016/8 美栄橋駅 沖縄都市モノレール1208A那覇空港行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(26)

2017年08月13日 00:13

04246.jpg


この駅の風景も、変わっていくことだろう。
走る列車も、変わるだろう。
それでも、鉄路が失われずに輝き続けることを願って。


2007/8 宮古駅 JR山田線滞泊列車(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(25)

2017年08月13日 00:12

04245.jpg


キロポストが、盛岡からの距離を示す。
40年以上走り続ける気動車が、明日も、片道100Kmの旅に出る。


2007/8 宮古駅 JR山田線滞泊列車(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(24)

2017年08月13日 00:11

04244.jpg


古き良きデザインの気動車が、夜の駅に休んでいる。
エンジンは止められ、静かに、静かに。


2007/8 宮古駅 JR山田線滞泊列車(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(23)

2017年08月12日 22:43

04243.jpg


この先、海沿いを北へ向かう三陸鉄道北リアス線。
釜石からの山田線は、いつしかそれと統合されて、一つの会社に纏められる。


2007/8 JR山田線 宮古駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(22)

2017年08月12日 22:41

04242.jpg


この駅まで来て、この列車の仕事は終わりになった。
この先へ旅をつづける列車は、もう、ない。


2007/8 宮古駅 JR山田線669D宮古行終着(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(21)

2017年08月11日 22:39

04241.jpg


次の駅に着けば、この列車も、今日の僕の旅もお仕舞い。
列車が揺れるままに揺らめいた光跡、もう一度、車窓に眺めたい。


2007/8 磯鶏駅~宮古駅 JR山田線669D宮古行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事