大糸線を辿れば(10)

2017年10月23日 19:00

04403.jpg


茅野駅のホームは、列車を待つ人もなく静まり返っていた。
秋夜の風は冷たく、列車を待つひと時が、長く感じられる。


2001/10 茅野駅 JR中央本線下り列車(119系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(9)

2017年10月23日 17:50

04402.jpg


帰路、ここにいたい気持ちを抑えながら。
ひんやりと空気が冷たかったことだけしか覚えていない。


2001/10 JR大糸線1542M富士見行(E127系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(8)

2017年10月22日 15:20

04401.jpg


特急列車もやってくる駅、ホームは長い。
在りし日の記憶を呼び覚ますような旧い気動車、1両だけで。


2001/10 南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行終着(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(7)

2017年10月22日 15:00

04400.jpg


川に山の険しさが迫り、線路は少しの隙間に敷かれている。
古き単行の気動車、自然を前に、小さく見える。


2001/10 中土駅~南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(6)

2017年10月21日 15:00

04399.jpg


南小谷駅を出て北へ、姫川はどこまでも澄んでいた。
大きな岩に腰掛けて待っていた、この古めかしい気動車。


2001/10 中土駅~南小谷駅 JR大糸線434D南小谷行(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(5)

2017年10月21日 14:25

04398.jpg


険しさを増して、迫ってくるような山の中にある小さな駅。
数人の乗客が降りた後は、目の前の姫川の響きだけが聞こえてくる。


2001/10 南小谷駅 JR大糸線335M南小谷行終着(E127系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(4)

2017年10月20日 14:00

04397.jpg


今は実りの秋だろうか、それとも、寒く厳しい冬に備える時だろうか。
列車は静かに、軽快なジョイント音と共に走ってゆく。


2001/10 JR大糸線335M南小谷行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(3)

2017年10月20日 13:20

04396.jpg


小さな駅に停まった。
開いたドアから顔を出すと、全身を吹き抜けるかのような爽やかな風。


2001/10 簗場駅 JR大糸線335M南小谷行 車窓(E127系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(2)

2017年10月19日 12:45

04395.jpg


あと少しで、山々は真っ赤に燃えるのだろう。
窓を開けると、時々、鳥のさえずりが聞こえる。


2001/10 JR大糸線335M南小谷行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(1)

2017年10月19日 12:00

04394.jpg


ある秋の一日、美しい山の風景を見たい。
普通列車の旅は、車窓を心に刻むのに最高だ。


2001/10 松本駅 JR大糸線335M南小谷行(E127系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(31)

2017年10月18日 23:15

04393.jpg


新幹線とは違って、時間がかかる。
名古屋に着いたのは夜、駅を出てほろ酔いになり、ゆっくりそんな旅がいい。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(30)

2017年10月18日 23:07

04392.jpg


ベッドタウンに向かう列車を見て、ここは旅先だと心に響く。
僕の家はここにはないのだと。


2014/10 名古屋駅 JR中央本線4101M高蔵寺行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ、名古屋へ(29)

2017年10月18日 23:05

04391.jpg


夜の駅、鈍く光る線路を見ているのが好きだ。
ファインダーから伝わる、柔らかな光が。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(28)

2017年10月17日 23:04

04390.jpg


オレンジ色を見て、名古屋に着いたのだと実感した。
夜の駅、列車の来ないホームは、もう静かになっている。


2014/10 JR東海道本線 名古屋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(27)

2017年10月17日 23:01

04389.jpg


東海道本線を旅して、夜になって着いた大きな駅。
先へと向かう列車を見送って、今日はここで降りよう。


2014/10 名古屋駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(26)

2017年10月17日 21:11

04388.jpg


車両に、車両が近付いてゆく。
連結器の繋がる音がするまで、慎重に、慎重に。


2014/10 浜松駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(25)

2017年10月16日 21:11

04387.jpg


ここから先は、ようやく通常通りのダイヤ。
混み合う夜の時間に備えて、車両を増結している。


2014/10 浜松駅 JR東海道本線5707F区間快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(24)

2017年10月16日 20:39

04386.jpg


JR東海の車掌氏は、手笛を3回吹いてドアを閉める。
国鉄がJRになって四半世紀以上、それぞれの会社の独自に気付くことも多くなった。


2014/10 磐田駅 JR東海道本線473M浜松行 車内(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(23)

2017年10月16日 19:01

04385.jpg


夜の駅の片隅に、列車が1本だけ停まっている。
今日は、この駅を通り抜けてゆく列車は、走っていない。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(22)

2017年10月15日 18:59

04384.jpg


改札を入る人、改札を出る人、案内を見ている人。
いつもと少しだけ違う、駅の人の往来。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(21)

2017年10月15日 18:57

04383.jpg


やっぱり、鉄道の車両は大きい。
代行バスは何台か連なっていたけれど、列車に移ればまだまだ余裕。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行 車内(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(20)

2017年10月15日 18:56

04382.jpg


一日も早く、鉄路が元通りに復旧しますように。
そう願いながら、ここからまた列車で旅できることを嬉しく思って。


2014/10 興津駅 JR東海道本線473M浜松行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(19)

2017年10月14日 18:54

04381.jpg


狭い駅前、スーツ姿の男性が、声を嗄らしてバスを誘導している。
応援で現場に来ているのかもしれない、その努力のお陰様で、僕は旅を続けられている。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(18)

2017年10月14日 18:40

04380.jpg


この先もまた、臨時ダイヤ。
次の下り列車は、40分後。
改札前に集まる人達も、仕方ないね、と。


2014/10 JR東海道本線 興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

西へ、名古屋へ(17)

2017年10月14日 18:31

04379.jpg


暗くなってもなお、東海道本線の復旧作業が続いているのを、見た。
列車代行のバスの中で、一人、胸が熱くなる。


2014/10 JR東海道本線 由比駅~興津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事