思い出すこと(16)

2017年03月23日 22:45

03925.jpg


函館・青森、稚内、網走、そして釧路へ。
夜行の急行が旅立つ札幌駅、遠くの町への想いが漂っている。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)411急行まりも釧路行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(15)

2017年03月23日 22:40

03924.jpg


この列車に乗って、夜を旅する。
長距離列車の誇らしげな姿、大きなヘッドマーク。


1989/3 札幌駅 JR函館本線511急行大雪網走行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(14)

2017年03月22日 22:30

03923.jpg


釧路から、350Kmを走ってきた列車。
終着駅に着いて、僕にはほっとしているように見えた。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)44D特急おおぞら14号札幌行終着(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(13)

2017年03月22日 21:55

03922.jpg


走り始めてまだ1年、列車は期待の青函トンネルを目指す。
30年弱の、在来線旅客輸送の歴史を閉じるまで。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(12)

2017年03月21日 21:50

03921.jpg


ディーゼル機関車の重低音が、札幌の都会的なホームに響き渡る。
それを見ている時間が、僕には幸せだった。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(11)

2017年03月21日 21:45

03920.jpg


機関車が客車を牽く姿を、久しく見ていない。
当たり前に走っていた頃を、懐かしく思い出しながら。


1989/3 札幌駅 JR函館本線311急行利尻稚内行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(10)

2017年03月20日 21:15

03919.jpg


まだ、寒かった。
赤い客車を牽く、赤い機関車。
暖房用の蒸気が、白く吐き出された。


1989/3 札幌駅 JR函館本線953岩見沢行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(9)

2017年03月20日 21:10

03918.jpg


あの頃から、変わらない列車もある。
あの頃に見ただけで、いつしか消えていった列車もある。


1989/3 札幌駅 JR函館本線339M札幌行終着(721系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(8)

2017年03月19日 21:05

03917.jpg


それまで見たことのなかった列車が、次々と発着している。
大きな札幌駅で、どのホームにいても楽しくて仕方がない。


1989/3 札幌駅 JR函館本線1289M札幌行終着(711系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(7)

2017年03月19日 21:00

03916.jpg


丸みを帯びたデザインに、愛嬌を感じる。
綺麗に磨き上げられた車体は、特急列車の風格。


1989/3 札幌駅 JR函館本線2029ML特急ライラック29号札幌行終着(781系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(6)

2017年03月18日 20:45

03915.jpg


このとき、既に学園都市線という名があったのかは、覚えていない。
国鉄の頃のままの姿で、都市札幌を走っていた。


1989/3 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)639D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(5)

2017年03月18日 16:55

03914.jpg


日々の当たり前の中で、いつしか記憶も薄れてゆく。
津軽海峡を挟んで、今にして夢のような列車が共演していた、確かにそうだった。


1989/3 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4004特急日本海4号大阪行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(4)

2017年03月17日 16:50

03913.jpg


それまでの国鉄時代の列車とは、明らかに違う装い。
札幌を目指す特急列車は、僕には新しい世界への誘い。


1989/3 函館駅 JR函館本線5013D特急北斗13号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(3)

2017年03月17日 11:55

03912.jpg


客車を牽いて、積年の夢のトンネルを目指す。
今ではそこに新幹線、時は流れた。


1989/3 青森駅 JR津軽線3127快速海峡7号函館行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(2)

2017年03月16日 09:25

03911.jpg


今では北海道まで通じた新幹線は、まだ盛岡まで。
東北の在来線には、活気と情感が溢れていた。


1989/3 盛岡駅 JR東北本線1003ML特急はつかり3号青森行(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

思い出すこと(1)

2017年03月16日 05:55

03910.jpg


北に向けて、遠くへ旅しよう。
まだ幼かった頃、そう決めて乗った列車は、緑色の新幹線だった。


1989/3 上野駅 JR東北新幹線31Bやまびこ31号盛岡行(200系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(21)

2017年03月15日 15:05

03909.jpg


通勤電車に乗っていけば、少しだけ忙しさを忘れるような駅の情景。
東京から離れて、少し過ごした駅の時間。


2016/3 土浦駅 JR常磐線上り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(20)

2017年03月15日 14:30

03908.jpg


貨物列車も、そろそろ出発だろうか。
針路の定まった列車は、凛々しい。


2016/3 土浦駅 JR常磐線上り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(19)

2017年03月15日 14:29

03907.jpg


行先に品川の文字を見て、この路線も変わったと感じる。
拡大する東京、複雑になる東京。


2016/3 JR常磐線 土浦駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(18)

2017年03月14日 14:29

03906.jpg


近郊の駅に、昼下がりの穏やかな時が流れている。


2016/3 JR常磐線 土浦駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(17)

2017年03月14日 14:27

03905.jpg


颯爽と街を目指す。
特急列車は、いつの時代にも華のある存在。


2016/3 土浦駅 JR常磐線1078M特急ときわ78号品川行(E657系)・貨物列車(EH500形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(16)

2017年03月14日 14:26

03904.jpg


都心から来る列車が折り返し、先へ向かうローカル列車が発車する。
そこまで大きくないこの駅が、路線の要衝になっている。


2016/3 土浦駅 JR常磐線557M勝田行(E531系)・貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(15)

2017年03月13日 14:04

03903.jpg


上野から1時間弱、あと一駅でこの列車の終点。
通勤電車は、高い建物がなくなるところまで走ってきた。


2016/3 荒川沖駅~土浦駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓・3192M特別快速品川行(E531系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(14)

2017年03月13日 14:02

03902.jpg


各駅に停まりながら、風景が変わっていくのを確かめていく。
取手を越えれば今も、幹線の郊外の姿、特別快速の名をふと忘れてしまう。


2016/3 荒川沖駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓・回送列車(E501系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(13)

2017年03月13日 13:54

03901.jpg


車窓に木々が増えてきて、車内に穏やかな時が流れる。
昼過ぎの下り列車、淡々と次の駅を目指す列車。


2016/3 佐貫駅~牛久駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事