予土線に乗って(10)

2017年05月29日 16:19

04067.jpg


レールは、この景色は、止まることなく後ろに流れてゆく。
旅、時、言葉が脳裏をよぎっては去ってゆく。


2008/5 半家駅~江川崎駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(9)

2017年05月28日 16:18

04066.jpg


四万十が眼下に広がった。いつしか高台を走っている。
沈下橋を見て、この路線を旅する感情が込み上げてきた。


2008/5 半家駅~江川崎駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(8)

2017年05月28日 16:16

04065.jpg


つつじが咲き、駅の時間はゆっくりと流れている。
少しの人が訪れる、静かな駅に。


2008/5 半家駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(7)

2017年05月28日 16:14

04064.jpg


ここに鉄道を通した時代、想像してみる。
大変な工事だったのだろうか。ここにどうやって大きな資材を運んだのだろう。


2008/5 十川駅~半家駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(6)

2017年05月27日 16:13

04063.jpg


山も、鉄路も、全てが四万十川に沿って。
直線のない、全てが弧を描く世界。


2008/5 十川駅~半家駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(5)

2017年05月27日 16:07

04062.jpg


外の風を全身に浴びて、春の四万十を旅している。
この風景を見るために、予土線を旅しているんだ。


2008/5 十川駅~半家駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(4)

2017年05月27日 16:06

04061.jpg


トンネルの中は、鳥肌が立つような涼しさ。
地中の空気は湿って、外の世界が輝いて見える。


2008/5 十川駅~半家駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(3)

2017年05月26日 16:02

04060.jpg


観光列車に乗ることは殆どないけれど、窓のない、この素朴なトロッコ列車は、本当に楽しかった思い出の列車。


2008/5 十川駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(2)

2017年05月26日 15:58

04059.jpg


大きな川と、大きな山。
その合間の僅かな場所に、線路はどこまでも延びてゆく。


2008/5 土佐昭和駅~十川駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

予土線に乗って(1)

2017年05月26日 15:57

04058.jpg


高度成長期に、鉄道はここまで建設された。
綺麗な弧を描いて敷かれたレールは、四万十川の雄大さの表れ。


2008/5 土佐昭和駅~十川駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(10)

2017年05月25日 15:21

04057.jpg


やって来てすぐに、慌ただしく折り返しを準備している。
整ったデザインの列車、毎分ごとに繰り返される新宿駅の情景。


2015/5 新宿駅 京王電鉄京王線5171高尾山口行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(9)

2017年05月25日 15:21

04056.jpg


列車の去った線路には、空虚な時が流れる。
息つく間もなく次の列車が来るのに。


2015/5 京王電鉄京王線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(8)

2017年05月24日 15:20

04055.jpg


ゆっくりと走り始めた列車は、微かな残影を残していった。
テールライトは、去るものの切なさ。


2015/5 新宿駅 京王電鉄京王線0055特急京王八王子行(7000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(7)

2017年05月24日 15:19

04054.jpg


看板列車が間もなく発車する。
路線の名の通り、八王子に向けて、最速で走る。


2015/5 新宿駅 京王電鉄京王線0055特急京王八王子行(7000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(6)

2017年05月23日 15:16

04053.jpg


反対側は、京王ブルー。
優等列車が、路線網のあちこちに発車してゆく。
目まぐるしく変わる、案内表示。


2015/5 京王電鉄京王線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(5)

2017年05月23日 15:15

04052.jpg


京王線の電車が纏う、2つの色。
京王レッドで纏められた改札は、ターミナル駅らしい大きさ。


2015/5 京王電鉄京王線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(4)

2017年05月22日 14:24

04051.jpg


あちらへ、そちらへ。
数分おきに発着する列車が、縦横に動く混雑を生み出しては、取り込んでいる。


2015/5 京王電鉄京王新線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(3)

2017年05月22日 14:23

04050.jpg


改札を通れば、そのまま地下街。
日本一のターミナル駅は、地下にもどこまでも店が並んでいる。


2015/5 京王電鉄京王新線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(2)

2017年05月21日 14:21

04049.jpg


ポップな色合いが駅に散りばめられている。
地下の閉鎖空間に、せめてもの明るさ。


2015/5 京王電鉄京王新線 新宿駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

新宿、あるとき(1)

2017年05月21日 14:21

04048.jpg


この路線には、2つの新宿駅。
地下鉄にまっすぐつながるこのホームは、普通の途中駅の佇まい。


2015/5 新宿駅 都営新宿線1420T本八幡行(10-300系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

単行列車、頑張る(12)

2017年05月20日 13:31

04047.jpg


単行列車に揺られて、海を感じるまで走ってきた。
この鉄道の旅の終わり、またいつか訪ねる日まで。


2009/5 三国港駅 えちぜん鉄道三国芦原線1239M三国港行終着(MC6101形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

単行列車、頑張る(11)

2017年05月20日 12:39

04046.jpg


町に戻ってきた。
山の爽やかな風を運ぶように、単行列車は走る。


2009/5 福井口駅 えちぜん鉄道勝山永平寺線1148K福井行(MC6101形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

単行列車、頑張る(10)

2017年05月20日 12:19

04045.jpg


できるならば、京福時代からの車両で旅したかった。
単行列車同士、お互いの来た路へ。


2009/5 永平寺口駅 えちぜん鉄道勝山永平寺線1148K福井行 車窓・1155K勝山行(MC2201形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

単行列車、頑張る(9)

2017年05月19日 12:19

04044.jpg


阪神電車のスタイルそのままに、装いを新しく。
アテンダント氏が乗っていることも誇らしげに。


2009/5 永平寺口駅 えちぜん鉄道勝山永平寺線1148K福井行 車窓・1155K勝山行(MC2201形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

単行列車、頑張る(8)

2017年05月19日 12:03

04043.jpg


暖かさを越えて、少し汗ばむくらい。
窓を開けて走る単行列車、この季節を楽しむ列車。


2009/5 小舟渡駅~越前竹原駅 えちぜん鉄道勝山永平寺線1148K福井行 車窓(MC6101形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事