四国へ、四万十へ(4)

2018年08月15日 14:15

05097.jpg


山に分け入ってゆく。
力を振り絞るようにして、エンジンの音を山に反射させて。


1996/8 JR土讃線261D阿波池田行 車窓(キハ58形・キハ65形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

四国へ、四万十へ(3)

2018年08月15日 14:00

05096.jpg


海を渡って乗り換えた列車は、2両の気動車。
エンジン音を唸らせて走り着いたこの駅で、少しのお休みを。


1996/8 琴平駅 JR土讃線261D阿波池田行(キハ58形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

四国へ、四万十へ(2)

2018年08月14日 10:35

05095.jpg


新快速は、本当にスピード感のある列車。
まだプレハブの残る街を走り抜け、ときに、車窓に海を映しながら。


1996/8 姫路駅 JR山陽本線3611M新快速姫路行終着(221系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

四国へ、四万十へ(1)

2018年08月14日 04:45

05094.jpg


飲み過ぎたまま乗り込んだ夜行列車。
いつまでも寝付けずに、長い夜、ホームで缶コーヒーを飲む。


1996/8 豊橋駅 JR東海道本線快速ムーンライトながら大垣行(373系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(8)

2018年08月13日 19:21

05093.jpg


京急から走ってきたのか、浅草線の端からだろうか。
列車は色とりどり、行先はあちこち、複雑なメインストリームの姿。


2014/8 京成立石駅 京成押上線1825N印旛日本医大行(7500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(7)

2018年08月13日 19:03

05092.jpg


標準軌の線路は、広くて、新鮮な感覚。
踏切を渡りながら、足元を見ている。


2014/8 京成押上線 京成立石駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(6)

2018年08月12日 18:54

05091.jpg


羽田と成田、日本の空の玄関を結んでいる。
古くからの路線が繋がり合って、メインストリームに。


2014/8 京成押上線 京成立石駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(5)

2018年08月12日 18:50

05090.jpg


どの鉄道会社なのか、分からなくなることがある。
京成の車両よりも、他社の方が多く感じられて。


2014/8 京成立石駅 京成押上線1872H羽田空港国内線ターミナル行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(4)

2018年08月11日 18:37

05089.jpg


仄かに光を蓄えた、紺碧の空。
信号の青、列車の青、列車の目指すのは遠く先。


2014/8 青砥駅 京成本線1755K快速芝山千代田行(3600系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(3)

2018年08月11日 18:35

05088.jpg


2層の高架駅、上の階からは見晴らしも良く。
空の色に似合わず、生温い風が吹いている。


2014/8 京成本線 青砥駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(2)

2018年08月10日 18:33

05087.jpg


都心への地下鉄直通列車も、2大空港へのアクセス列車も。
押上線から本線への流れ、大切な役割を担い続けている。


2014/8 青砥駅 京成本線1773H京成高砂行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

メインストリーム(1)

2018年08月10日 18:28

05086.jpg


夕暮れには、想像を超える色がある。
ドアの横から川の景色を見て、ふと思った。


2014/8 八広駅~四ツ木駅 京成押上線1773H京成高砂行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(15)

2018年08月09日 07:35

05085.jpg


旅の終わりに。
ここで列車に乗ってゆけば、またどこか遠くへと。


1993/8 池袋駅 JR東北本線(JR山手貨物線)2523M小金井行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(14)

2018年08月09日 07:30

05084.jpg


真夏の暑さを歩き回り、一晩を座席に過ごした。
帰ってきた、東京の鉄道を気怠く眺めて。


1993/8 池袋駅 JR埼京線貨物列車(DE10形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(13)

2018年08月08日 20:00

05083.jpg


ここが、長距離を走る優等列車の拠点だった証。
特急のシンボルマークもそのままに、贅沢な普通列車が停まった。


1993/8 青森駅 JR津軽線344M青森行終着(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(12)

2018年08月08日 19:55

05082.jpg


青函連絡船で北海道に渡った頃とは、きっと風景も変わってしまったのだろう。
係留されたままの八甲田丸、人気のない岸壁、想像もつかない。


1993/8 青森駅 JR東北本線回送列車(50系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(11)

2018年08月08日 19:50

05081.jpg


磨き上げられたように輝いている。
旅した路線を行く列車、もう一度乗ってしまいたい衝動。


1993/8 青森駅 JR津軽線341D蟹田行(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(10)

2018年08月07日 19:45

05080.jpg


この写真の全てがなくなって、ふと、悲しくなる。
東北本線も、急行列車、客車列車、座席の定期夜行列車も。


1993/8 青森駅 JR東北本線102急行八甲田上野行(ED75形・14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(9)

2018年08月07日 18:00

05079.jpg


ホームのずっと先、本当の終点。
波打ち際、列車が入ってくることは、ない。


1993/8 JR東北本線 青森駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(8)

2018年08月06日 16:00

05078.jpg


傾き始めた夏の太陽は、列車の影を車窓に映す。
この列車に乗って、風を浴びて。


1993/8 JR津軽線336D青森行 車窓(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(7)

2018年08月06日 15:00

05077.jpg


終着駅は、始発駅でもある。
この駅から旅立って、あの海をもう一度見たいと思ったから。


1993/8 JR津軽線 三厩駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(6)

2018年08月05日 12:50

05076.jpg


終着駅は、心に響く。
端の哀愁、その先への羨望。


1993/8 三厩駅 JR津軽線329D三厩行終着(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(5)

2018年08月05日 12:45

05075.jpg


車窓の、向こうの先に、真青な海が見えた。
この線路は、この少し先で、終わり。


1993/8 三厩駅 JR津軽線329D三厩行終着(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(4)

2018年08月04日 12:15

05074.jpg


山の中へ、盛夏の濃い緑の中へ。
エンジンの音、車内の暑さ、坂を上っているのが分かる。


1993/8 JR津軽線329D三厩行 車窓(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三厩へ、青森から(3)

2018年08月04日 12:10

05073.jpg


龍飛崎に行く。
列車は僕を、本州の北の端まで連れていってくれる。


1993/8 JR津軽線329D三厩行 車窓(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事