列車が来るまで(7)

2018年06月20日 08:38

04971.jpg


昭和38年12月、コンクリートは風雪に耐えて、苔生した巌のように。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(6)

2018年06月19日 08:37

04970.jpg


線路を渡って、列車の来たホームへ。
駅員氏が安全を確認し、乗客は忙しなく。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(5)

2018年06月19日 08:36

04969.jpg


列車が行き違う姿は、もう見られない。
1本だけ残った枕木、レールが乗っていた日々。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(4)

2018年06月18日 08:34

04968.jpg


駅を形作る一つ一つは、どこも同じ。
時刻表、時計、駅舎に待合室。
ただ、この駅は、無人。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(3)

2018年06月18日 08:32

04967.jpg


誰かが来るまで。
駅はただ静かに、その時を待っている。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(2)

2018年06月17日 08:32

04966.jpg


空が、どこまでも青い。
山は、緑盛んにこの駅に吹く風を清めている。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

列車が来るまで(1)

2018年06月17日 08:30

04965.jpg


時間は、今も流れてゆく。
まるで、それが止まっているかのような錯覚を覚えても。


2008/6 JR大糸線 小滝駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(25)

2018年06月16日 22:26

04964.jpg


不夜城から、夜に眠る町へ。
夜の東京を走る姿は、いつもよりも感傷的にさせる。


2015/6 つつじヶ丘駅 京王電鉄京王線5199高尾山口行(7000系)・回送列車(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(24)

2018年06月16日 22:22

04963.jpg


夜、列車は眠りにつく。
今日はこのまま、明かりを落として。


2015/6 つつじヶ丘駅 京王電鉄京王線回送列車(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(23)

2018年06月16日 22:19

04962.jpg


東京の郊外を走ってきた列車は、この駅で休みを取る。
明日、夜が明ける頃から、再び走り始めるまで。


2015/6 つつじヶ丘駅 京王電鉄京王線回送列車(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(22)

2018年06月15日 22:17

04961.jpg


家の近くにも、まだ通ったことのない道があるように。
毎日見ていたこの路線、降りたことのない駅があちこちに。


2015/6 仙川駅 京王電鉄京王線5199高尾山口行(7000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(21)

2018年06月15日 22:11

04960.jpg


馬車軌間、1,372ミリ。
路面電車にルーツを持つ線路が、夜に輝く。


2015/6 京王電鉄京王線 仙川駅~つつじヶ丘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(20)

2018年06月15日 22:07

04959.jpg


23区を抜けて、東京の西側へ。
走り去る列車は、駅の向こうの暗闇へ。


2015/6 仙川駅 京王電鉄京王線5197高尾山口行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(19)

2018年06月14日 22:01

04958.jpg


毎日、どれだけの人がここを通ってゆくのだろう。
何両も連なった列車が、いつも混んでいる。


2015/6 京王電鉄京王線 千歳烏山駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(18)

2018年06月14日 22:00

04957.jpg


新宿まで行かずに、車庫のある駅まで。
夜が更けてきた。


2015/6 千歳烏山駅 京王電鉄京王線7114桜上水行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(17)

2018年06月14日 21:55

04956.jpg


アイボリーは、見慣れた京王のカラー。
昔よりも派手に、マゼンタとインディゴを纏って。


2015/6 千歳烏山駅 京王電鉄京王線5757橋本行(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(16)

2018年06月13日 21:51

04955.jpg


光の帯になって。
美しささえ感じる、普段とは違う感覚。


2015/6 芦花公園駅 京王電鉄京王線0014A特急新宿行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(15)

2018年06月13日 21:50

04954.jpg


整ったデザインの列車に、京王らしさを感じる。
夜になって、ゆったりとした時間の中で眺めている。


2015/6 芦花公園駅 京王電鉄京王線5754新宿行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(14)

2018年06月13日 21:45

04953.jpg


静かな夜の駅だからこそ、列車の躍動感がストレートに伝わってくる。
僕の目の前を走り抜ける、一瞬の出来事。


2015/6 芦花公園駅 京王電鉄京王線1839急行橋本行(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(13)

2018年06月12日 21:41

04952.jpg


列車を先に通す。
通過する列車の風に、車体がゆらりと揺れる。


2015/6 八幡山駅 京王電鉄京王線5195高尾山口行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(12)

2018年06月12日 21:39

04951.jpg


ホームで空を見上げれば、こんなに広いんだ、と。
いつも行き交う電車は、夜空の下で。


2015/6 八幡山駅 京王電鉄京王線5195高尾山口行(8000系)・5752新宿行(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(11)

2018年06月12日 21:37

04950.jpg


隣の駅が見えている。
これが都会の私鉄、輝くヘッドライトはこちらに真っ直ぐに。


2015/6 上北沢駅~八幡山駅 京王電鉄京王線5195高尾山口行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(10)

2018年06月11日 21:32

04949.jpg


ステンレスが、夜に輝きを放っている。
この美しさは、夜にしか分からない。


2015/6 八幡山駅 京王電鉄京王線5755橋本行(9000系)・5750新宿行(7000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(9)

2018年06月11日 21:24

04948.jpg


次々と列車が通過してゆく。
この駅を忘れてしまったかのように、ひたすらに先を急ぐかのように。


2015/6 上北沢駅 京王電鉄京王線1837急行橋本行(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いつもよりも(8)

2018年06月11日 21:21

04947.jpg


夜も深まってきて、上り列車には緩慢な空気。
列車を見渡す車掌氏だけが、凛々しくて。


2015/6 上北沢駅 京王電鉄京王線5748新宿行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事