オホーツク海を望む駅から(4)

2017年11月19日 10:34

04457.jpg


温かいものが欲しい。
駅員室を改装した喫茶店、もう少しで開けばいいのだけれど。


2013/11 JR釧網本線 北浜駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

オホーツク海を望む駅から(3)

2017年11月18日 10:30

04456.jpg


板で塞がれた窓口に、1日上下9本ずつの時刻表。
無人駅になって30年、無造作に貼られた無数の名刺。


2013/11 JR釧網本線 北浜駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

オホーツク海を望む駅から(2)

2017年11月18日 10:27

04455.jpg


打ち寄せ続ける波は、線路まで届きそう。
時に自然の過酷さを目の当たりに、列車は走り続けてきた。


2013/11 JR釧網本線 北浜駅~藻琴駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

オホーツク海を望む駅から(1)

2017年11月18日 10:25

04454.jpg


霙混じりの雨が、降ったり止んだりしている。
海を前にした無人駅、半分は喫茶店になっていた。


2013/11 JR釧網本線 北浜駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(12)

2017年11月17日 18:05

04453.jpg


今から乗る下り列車は、新しい車両。
房総半島を走る列車が、次の世代に移ろうとしていた。


2010/11 大原駅 JR外房線287M安房鴨川行(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(11)

2017年11月17日 18:00

04452.jpg


所狭しと機器が並ぶ運転台。
これを確認し、操作しながら列車を走らせる、すごいことだと思う。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(10)

2017年11月16日 17:52

04451.jpg


空の暗さに、街中にはない夜の駅の寒さを感じて。
ドアを開けた車内に、風が吹き込む。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(9)

2017年11月16日 17:51

04450.jpg


昔から変わらない、ボックスシート。
垂直の背凭れ、硬い乗り心地で走る列車の記憶。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(8)

2017年11月15日 17:49

04449.jpg


日が暮れた駅に、冷たい風が吹いていた。
この駅を出れば線路は単線、ゆっくりとした時の流れ。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(7)

2017年11月15日 17:47

04448.jpg


これから向かう千葉で折り返すとき、この列車は満員になるのだろう。
2つの編成を繋げて、発車の時刻を待っている。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(6)

2017年11月14日 17:45

04447.jpg


消えゆこうとしている電車。
そのデザイン、そのカラー、最後の活躍を心に刻む。


2010/11 大原駅 JR外房線1220M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(5)

2017年11月14日 17:18

04446.jpg


日が暮れて、車窓はもう暗くなった。
千葉の喧騒が想像もつかないくらいに、今、車内は静か。


2010/11 上総興津駅 JR外房線298M千葉行 車内(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(4)

2017年11月13日 17:14

04445.jpg


山に囲まれた狭いホーム。
駅名になった施設がなくなった後も、きっと誰かが乗り降りしている。


2010/11 行川アイランド駅 JR外房線298M千葉行 車窓(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(3)

2017年11月13日 16:58

04444.jpg


黄昏のホームに、普通列車が停まっている。
内房線と外房線、房総半島を巡る2つの列車。


2010/11 安房鴨川駅 JR内房線185M安房鴨川行終着(209系)・JR外房線298M千葉行(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(2)

2017年11月12日 16:36

04443.jpg


京浜東北・根岸線でデビューした通勤電車。
短い編成で房総半島を走る今、窓に映る景色は穏やかに。


2010/11 千歳駅~南三原駅 JR内房線185M安房鴨川行 車窓(209系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

深秋の夜に(1)

2017年11月12日 16:13

04442.jpg


列車の大きな窓が、黄昏の空に満たされる。
海に沿って走る、大きな雲が。


2010/11 富浦駅~那古船形駅 JR内房線185M安房鴨川行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(22)

2017年11月11日 18:10

04441.jpg


日が暮れるのがすっかり早くなった。
外に出ればすっかり夜空、地下鉄のサインが光っている。


2014/11 都営大江戸線 森下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(21)

2017年11月11日 18:03

04440.jpg


初めての人には、まるで迷路のよう。
色が溢れる東京の街、それは、地下にまで。


2014/11 都営大江戸線 森下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(20)

2017年11月10日 18:02

04439.jpg


全線、一度も外に出ることはない。
後から作られたこの路線、マゼンタのサインは地中深くを指し示す。


2014/11 都営大江戸線 森下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(19)

2017年11月10日 18:01

04438.jpg


昭和に開業した新宿線、平成に開業した大江戸線。
地下深くへ、もっと深くへの入口。


2014/11 都営大江戸線 森下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(18)

2017年11月09日 17:59

04437.jpg


大江戸線のホームから、その上を走る新宿線を飛び越えて、改札階へ一直線。
2路線の交わる駅、その全ては地下に。


2014/11 都営大江戸線 森下駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(17)

2017年11月09日 17:58

04436.jpg


レールの真ん中にある鉄板は、どんな役割なのだろう。
僕には、この地下鉄の走る仕組みが分からない。


2014/11 都営大江戸線 森下駅~清澄白河駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(16)

2017年11月08日 17:57

04435.jpg


光がトンネルに吸い込まれてゆく、風を起こして。
小さなトンネル、架線は車体のすぐ上に。


2014/11 森下駅 都営大江戸線1728B1光が丘行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(15)

2017年11月08日 17:57

04434.jpg


ホームの端は、駅の明るさとトンネルの暗がりの、曖昧な境界線。


2014/11 森下駅 都営大江戸線1728B1光が丘行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(14)

2017年11月07日 17:55

04433.jpg


密度の濃い街、その地中を走る。
急な勾配も、急なカーブも。


2014/11 両国駅~森下駅 都営大江戸線1728B1光が丘行 車窓(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事