上越国境・冬(9)

2017年01月20日 10:20

03786.jpg


豪雪から守るために、身を硬くしているよう。
春が待ち遠しいと、旅人さえ深く思う。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(8)

2017年01月19日 10:17

03785.jpg


この駅を出れば、ループ線の坂を下って次の駅へ。
古い車両が、雪と坂の険しい鉄路に挑み続けている。


2010/1 土合駅 JR上越線8730M水上行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(7)

2017年01月19日 10:16

03784.jpg


雪を舞い上げて走る。
険しい山を清水トンネルで貫いて、国境を跨ぎ走る。


2010/1 土合駅 JR上越線8730M水上行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(6)

2017年01月18日 10:14

03783.jpg


雪は音もなく降り続ける。
谷川連峰の麓の駅、真冬に列車を降りた旅人は、何を想うのだろう。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(5)

2017年01月18日 10:11

03782.jpg


列車と乗客の通るところだけ、雪を除けてある。
他は全てが雪の下に。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(4)

2017年01月17日 10:10

03781.jpg


駅に手が入れられたようだ。
地上のホームにも、線路が剥がされた側には柵が建てられた。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(3)

2017年01月17日 10:09

03780.jpg


そして、果てしなく続く階段を上り、地上のホームに出る。
駅は、雪に閉ざされることなく人の手で守られていた。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(2)

2017年01月16日 09:55

03779.jpg


長く、果てしなく続くトンネルの真ん中、ここが関東最後の駅。
剥がされた待避線の場所に、本線に列車を停めるホームが作られていた。


2010/1 土合駅 JR上越線1733M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

上越国境・冬(1)

2017年01月16日 09:37

03778.jpg


雪化粧をした駅に見れば、見慣れているはずの電車が勇壮に見えてくる。
ここから先は、トンネルと雪の鉄路。


2010/1 水上駅 JR上越線1733M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(45)

2017年01月15日 11:27

03777.jpg


永山駅から、列車が遅れていると放送が流れた。
一人のお爺さんが買い物袋を手に、こんな雪で遅れているようじゃあだめだ、とつぶやいた。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(44)

2017年01月15日 11:18

03776.jpg


ポイントの除雪だろうか、作業員氏が雪の線路を歩いて確認している。
鉄道は、人の手で守られている。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(43)

2017年01月15日 11:17

03775.jpg


昭和の時代に、テレビコマーシャルにも出た駅。
その賑わいは、いつまで続いたのだろうか。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(42)

2017年01月14日 11:15

03774.jpg


雪は、音さえも消してしまう。
駅を発った列車は、雪に霞み、エンジン音ももう聞こえない。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(41)

2017年01月14日 11:15

03773.jpg


雪は激しさを増している。
列車の後姿を見送りながら、心に熱いものを感じた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(40)

2017年01月14日 11:14

03772.jpg


ブレーキの空気音。ヘッドライトが点いた。
出発のとき。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(39)

2017年01月13日 11:10

03771.jpg


何人かの人が、ここを通ってホームに降りてゆく。
そして何人かの人が、ここを通って列車から離れてゆく。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(38)

2017年01月13日 11:03

03770.jpg


走り始めて、もうすぐ40年。
次の世代の車両も話題に出始めて、寂しさを感じている。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(37)

2017年01月13日 11:01

03769.jpg


この駅で、60年間見届けてきた。
時代を超えて、走る列車は変わっても、駅はここにずっとあった。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(36)

2017年01月12日 11:01

03768.jpg


爽やかな装いは、純白の風景に似合っている。
雪を纏った列車の姿に魅了されて、いつまでも眺めていた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(35)

2017年01月12日 10:59

03767.jpg


この駅から、旭川の街へと折り返す。
雪の中、この列車を待っていた人がいる。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(34)

2017年01月12日 10:57

03766.jpg


融けかかった雪が、氷柱のように凍ったのだろう。
車体の歪みが見て分かる程に、厳しい環境を走り続けてきた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1363D比布行終着(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(33)

2017年01月11日 10:56

03765.jpg


終着駅は、無人駅だった。
降り続く雪が、静かなこの駅を無音の世界で包み込む。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(32)

2017年01月11日 10:56

03764.jpg


力行を続け惰行せず走り、駅の手前で止まりそうな程に減速、再び力行して停止位置に合わせる。
雪が積もり、凍り付いた鉄路を走る慎重さを感じ取りながら、終着駅に着いた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1363D比布行終着(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(31)

2017年01月11日 10:53

03763.jpg


雪は融けることなく、窓に凍り付く。
内側の窓を上げれば、暑い程の車内に微かな冷たい風。


2016/1 南比布駅~比布駅 JR宗谷本線1363D比布行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

厳寒の鉄路へ(30)

2017年01月10日 10:51

03762.jpg


凍てつく大地を、走る。
スピードを上げて、雪を舞い上げて、走る。


2016/1 北永山駅~南比布駅 JR宗谷本線1363D比布行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事