北関東を走る(8)

2017年07月25日 12:36

04200.jpg


両毛線でこの駅だけが、列車の行き違いができない。
使われなくなったホームに、跨線橋の跡だけが寂しく残る。


2013/7 大平下駅 JR両毛線449M小山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(7)

2017年07月25日 12:30

04199.jpg


岩船山の異様な姿が、車窓に映り込む。
有名な霊山をも、採石で形を変えてしまうことに驚き。


2013/7 佐野駅~岩舟駅 JR両毛線449M小山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(6)

2017年07月24日 12:18

04198.jpg


刻々と、車窓はうつろう。
列車は走り、僕はゆっくりとそれを眺めている。


2013/7 足利駅~富田駅 JR両毛線449M小山行 車窓(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(5)

2017年07月24日 12:17

04197.jpg


緑濃き車窓は、どこまでも続いている。
列車に揺られて、光のコントラストを楽しんでいる。


2013/7 足利駅~富田駅 JR両毛線449M小山行 車窓(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(4)

2017年07月23日 11:36

04196.jpg


向かいから、高崎に戻る列車が旅立ってゆく。
真夏の日差しに、新しい高架橋が輝いている。


2013/7 伊勢崎駅 JR両毛線449M小山行(211系)・630M高崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(3)

2017年07月23日 11:02

04195.jpg


真夏の暑さが、駅を包み込んでいる。
クーラーの効いた車内に入ろう。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)449M小山行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(2)

2017年07月22日 11:00

04194.jpg


この列車に乗って、旅に出よう。
上野の大混雑からは離れて、北関東の長閑な風景を走る列車に。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)449M小山行(211系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北関東を走る(1)

2017年07月22日 10:45

04193.jpg


この車両には、湘南色が本当によく似合う。
高崎を訪ねれば、駅に停まる列車がいつも魅力的に映る。


2013/7 高崎駅 JR両毛線(JR上越線)633M伊勢崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(12)

2017年07月21日 15:40

04192.jpg


大きな駅舎は、やがて取り壊された。
木原線は廃止され、いすみ鉄道に変わった。
父に連れてきてもらった思い出を心に、せめて小湊鐡道のそのままの姿を見たい。


1987 上総中野駅 小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

千葉・昭和の頃(11)

2017年07月21日 15:30

04191.jpg


外房から走ってきて、この駅で内房への列車にバトンタッチする。
国鉄の気動車と、昔から変わらない私鉄の気動車と。


1987 上総中野駅 JR木原線上総中野行終着(キハ30形)・小湊鉄道五井行(キハ200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(10)

2017年07月20日 15:10

04190.jpg


この駅で、ずっと繰り返されてきた光景。
廃止が決まっていたこのとき、みんな、どんな気持ちだったのだろう。


1987 大多喜駅 JR木原線上総中野行 車窓・大原行(キハ30形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(9)

2017年07月20日 14:40

04189.jpg


外房の駅から、半島の内陸へ。
飾り気のない気動車は、国鉄時代のままの姿だった。


1987 大原駅 JR木原線上総中野行(キハ30形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(8)

2017年07月19日 14:30

04188.jpg


幹線から枝分かれしてゆくローカル線。
その列車を包み込む時の流れは、さっきまでとは違っている。


1987 大原駅 JR木原線上総中野行(キハ30形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(7)

2017年07月19日 14:15

04187.jpg


特急列車が駅を通過する、颯爽と。
普通列車の窓から、その姿を眺めていた。


1987 東浪見駅 JR外房線下り列車 車窓(113系)・特急わかしお号(183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(6)

2017年07月18日 14:00

04186.jpg


国鉄時代から、まだ殆ど変わっていなかっただろう。
30年の歳月は、列車を変え、駅の風景を変えたことだろう。


1987 永田駅 JR外房線下り列車 車窓(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(5)

2017年07月18日 12:40

04185.jpg


ただただ暑い、夏の電車。
路面電車のように小さくて、素朴で。


1987 笠上黒生駅 銚子電気鉄道銚子行 車窓・外川行(200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(4)

2017年07月17日 12:35

04184.jpg


犬吠埼で海を見て、真夏を走る電車に乗って。
薄れかけた記憶は、1枚の写真のように色褪せて。


1987 銚子電気鉄道銚子行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(3)

2017年07月17日 12:30

04183.jpg


この、細い線路は今も変わっていないだろうか。
走る電車は、少し大きくなったけれど。


1987 銚子電気鉄道銚子行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(2)

2017年07月16日 11:03

04182.jpg


いつの時代から走っているのだろう。
骨董品のような電車は、見ていたくなる愛らしさ。


1987 銚子駅 銚子電気鉄道外川行(300形)・JR総武本線特急しおさい号(183系)・やすらぎ号(12系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

千葉・昭和の頃(1)

2017年07月16日 11:00

04181.jpg


終点まで列車に乗り、降りたそのホームの一番先。
古くて愛らしい電車が、楽しげなみんなを迎え入れている。


1987 銚子駅 銚子電気鉄道外川行(700形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いくつもの川を渡り(45)

2017年07月15日 12:07

04180.jpg


豊川を渡り、飯田線と名鉄の線路が離れてゆく。
旅路は、この先も東海道本線で、どこまでも。


2016/7 豊橋駅~西小坂井駅 JR東海道本線2523F快速大垣行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いくつもの川を渡り(44)

2017年07月15日 12:01

04179.jpg


隣のホームには、派手な装いになった名鉄の特急列車。
この魅力ある私鉄、今日は乗れないのが心残り。


2016/7 豊橋駅 名鉄名古屋本線127快速特急新鵜沼行(1700系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いくつもの川を渡り(43)

2017年07月15日 11:48

04178.jpg


列車を降りて、お昼のひととき。
きしめんを食べれば、もう愛知まで来たのだと。


2016/7 JR東海道本線 豊橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いくつもの川を渡り(42)

2017年07月14日 11:43

04177.jpg


JRになって走り始めたこの車両も、登場から四半世紀。
新しい車両に活躍の場を譲り、普通列車に就くようになった。


2016/7 豊橋駅 JR東海道本線931M豊橋行終着(311系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

いくつもの川を渡り(41)

2017年07月14日 11:43

04176.jpg


見慣れた近郊型電車とは、似ていて、少し違うデザイン。
東海道本線を走り続けている。


2016/7 豊橋駅 JR東海道本線931M豊橋行終着(311系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事