すぐ傍を走る電車(2)

2016年10月01日 19:01

03521.jpg


電車の灯、車の灯、街の灯。
そのすべてを受け取って、線路は鈍く光る。


2013/10 高知城前停留所 土佐電気鉄道伊野線535朝倉行


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

すぐ傍を走る電車(1)

2016年10月01日 18:59

03520.jpg


日も暮れて街に繰り出せば、すぐそこに愛らしい電車が走っている。
路面電車のある、南国の街の夜。


2013/10 高知城前停留所 土佐電気鉄道伊野線824領石通行(600形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(12)

2016年09月30日 15:05

03519.jpg


渋谷からまだ2駅。
列車に乗れば、子供の心を思い出す。
忘れかけていた記憶、色鮮やかに浮かび上がっては、胸を苦しくするように。


2012/9 駒場東大前駅 京王電鉄井の頭線吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(11)

2016年09月30日 14:54

03518.jpg


トンネルに挟まれた踏切。
この駅を通過して、列車の向かう先は渋谷の喧騒。


2012/9 神泉駅~渋谷駅 京王電鉄井の頭線急行渋谷行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(10)

2016年09月29日 14:52

03517.jpg


この駅を覚えているのは、吉祥寺寄りの2両はドアが開かなかったから。
トンネルの中で停まったまま、じっと発車を待つ時間は長く、重かった。


2012/9 京王電鉄井の頭線 神泉駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(9)

2016年09月29日 14:48

03516.jpg


開いたと思ったら、またすぐに踏切が閉まってしまう。
頻繁にやって来る列車、危ない、危ない。


2012/9 神泉駅 京王電鉄井の頭線吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(8)

2016年09月28日 14:46

03515.jpg


自然の地形に鉄道を通すために生まれたトンネル。
その中であっても、ここに駅を置きたい理由があったのだろうか。


2012/9 神泉駅 京王電鉄井の頭線渋谷行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(7)

2016年09月28日 14:33

03514.jpg


子供の頃から一度も降りたことがない。
車窓に見るだけだった、幼心に不思議な造りに思えた駅。


2012/9 神泉駅 京王電鉄井の頭線吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(6)

2016年09月27日 14:23

03513.jpg


こんなに一日中混んでいたかな。
昼間は、もっとのんびりとしていて、電車もそこそこに空いていた気がする。


2012/9 渋谷駅 京王電鉄井の頭線急行吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(5)

2016年09月27日 14:19

03512.jpg


どこまでがビルの中で、どこからが地面の下のトンネルなのだろう。
外の光がほんの一箇所だけ、でもはっきりと線路を照らしていた。


2012/9 神泉駅~渋谷駅 京王電鉄井の頭線渋谷行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(4)

2016年09月26日 14:17

03511.jpg


この街は、だいぶ急な坂に囲まれた谷にある。
見上げる高さの駅を発った列車は、道玄坂上辺りで地中に吸い込まれてゆく。


2012/9 渋谷駅~神泉駅 京王電鉄井の頭線吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(3)

2016年09月26日 14:15

03510.jpg


駅を覆うビルは、まるで地下のような雰囲気。
この街の谷に突き出した高架駅なのに。


2012/9 渋谷駅 京王電鉄井の頭線急行吉祥寺行(1000系)・吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(2)

2016年09月25日 14:12

03509.jpg


電車が7色なのは、幼いころの記憶と変わらない。
ただ、時を重ねて、駅も車両も全てが新しいものに変わってしまった。


2012/9 渋谷駅 京王電鉄井の頭線急行吉祥寺行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

渋谷から(1)

2016年09月25日 14:07

03508.jpg


渋谷のスクランブル交差点を一斉に人が歩き始める。
大都会を感じ取る、毎日の山手線の風景。


2012/9 渋谷駅 JR山手線外回り列車(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(10)

2016年09月24日 18:05

03507.jpg


遠路遥か、列車は会津へ。
山を走り、川を眺め、その先を見詰めるが如くに。


2007/9 只見駅 JR只見線434D会津若松行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(9)

2016年09月24日 18:02

03506.jpg


日が暮れ、薄暮に近付き、レールの鈍い輝きが心に残る。
確かに、列車が走っているのだと。


2007/9 JR只見線 只見駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(8)

2016年09月23日 17:53

03505.jpg


この駅で暫く停まる。
外から駅を眺めたこの日、この先へ列車が走らないなど考えもしなかった。


2007/9 只見駅 JR只見線434D会津若松行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(7)

2016年09月23日 17:09

03504.jpg


旅立ちのとき。
駅員氏がホームで列車を見送る、きっと開業から変わらない駅の姿。


2007/9 大白川駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(6)

2016年09月22日 17:01

03503.jpg


川面が線路に近付いてきて、ますます山の中に入ってきたと感じる。
停まった駅には、来た路をこれから辿る列車の姿。


2007/9 大白川駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)・427D小出行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(5)

2016年09月22日 16:57

03502.jpg


鉄橋をゆっくりと渡り、その向こうには一面の深い緑。
窓を開けて、いつの時代も変わらない爽やかな風を受ける。


2007/9 柿ノ木駅~大白川駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(4)

2016年09月21日 16:53

03501.jpg


流れる車窓は、すぐさま僕の視界から消えては、またその先の景色が入ってきて。
そう、全てはぼんやりと、この列車の印象として記憶に残る。


2007/9 柿ノ木駅~大白川駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(3)

2016年09月21日 16:13

03500.jpg


この日も、車内は静かだった。
駅を発つ列車は、ただエンジンの音を響かせている。


2007/9 薮神駅 JR只見線434D会津若松行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(2)

2016年09月20日 16:11

03499.jpg


いつまでも変わらないと思っていた鉄道の風景。
時が経ち、新しい車両が走り始め、まだこの車両は活躍しているだろうか。


2007/9 小出駅 JR上越線1740M越後中里行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

時が流れても(1)

2016年09月20日 13:29

03498.jpg


高崎線から上越線へ乗り継いで、水上まで。
いよいよその先は、僕にとっては特別な時間。


2007/9 水上駅 JR上越線735M水上行終着(115系)・臨時列車(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青い電車が作り出した町(13)

2016年09月19日 16:58

03497.jpg


週末の通勤路線、間延びした空気。
東京を外へと広げてきた青い電車は、今日も走り続ける。


2014/9 門前仲町駅 東京メトロ東西線1651S快速三鷹行(05系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事