路面電車への興味(10)

2016年12月05日 20:45

02381.jpg


後から来た電車は、すぐ目の前まで間を詰めて停まった。
夜の光と街の時間を通り抜ける。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay~中環 Central 香港電車 Hong Kong Tramways 車窓(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(9)

2016年12月05日 20:30

02380.jpg


混んでいる車内、押されて2階の隅へ。
その車窓は、停留所の屋根も越えた不思議な世界の広がり。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay~中環 Central 香港電車 Hong Kong Tramways 車窓(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(8)

2016年12月04日 20:21

02379.jpg


歩き、そこに見つけた停留所から乗る。
次々と車内へ吸い込まれてゆく人々。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(7)

2016年12月04日 18:55

02378.jpg


あちらへ、こちらへ、交錯する。
タクシー、バス、そして電車、街の灯も。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(6)

2016年12月03日 18:40

02377.jpg


運転台は片側だけなのだろうか。
向こうへと続く線路をよそに、ぐるりと一周して逆方向に向かう姿がおもちゃのよう。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(5)

2016年12月03日 17:13

02376.jpg


既に失われた日本各地の路面電車が今でも残っていたならば。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(4)

2016年12月02日 17:12

02375.jpg


立体的な街を、ガラガラと音を立てて走る。
また1台、そしてまた1台。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(3)

2016年12月02日 16:59

02374.jpg


繁華街に集まる路面電車とバス。
どれもが2階建で、少しでも多くの人を運ぼうとしている。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(2)

2016年12月01日 15:35

02373.jpg


街はクリスマス。
行き交う人々の雑踏、古めかしいデザインの路面電車。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

路面電車への興味(1)

2016年12月01日 15:35

02372.jpg


路面電車が2階建。
全てが高くへ伸びてゆくこの街に似合っている。


2011/12 銅羅灣 Causeway Bay 香港電車 Hong Kong Tramways(香港 Hong Kong)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(14)

2016年11月30日 01:05

03674.jpg


真夜中に駅を巡り、闇に浮かび上がる美しさを見て歩く。
雲は流れ、目映い程の月が一瞬、時の流れを止めた。


2009/11 JR上越線 岩原スキー場前駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(13)

2016年11月30日 00:57

03673.jpg


信号が停止現示に切り替わる。
何両も連ねた貨物列車に、光り輝くテールライトの残影。


2009/11 越後中里駅 JR上越線下り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(12)

2016年11月29日 00:57

03672.jpg


遠くから機械音が聞こえ、ヘッドライトが眩しく輝く。
地響きのような振動、真夜中を走る貨物列車が駅を通過していった。


2009/11 越後中里駅 JR上越線下り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(11)

2016年11月29日 00:56

03671.jpg


長岡から来て、折り返してゆく列車がある駅。
今はただ静かなだけ、暗闇に包まれた駅の姿。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(10)

2016年11月28日 00:53

03670.jpg


「海抜四七〇米」
大きな窓口は、この駅がスキーヤーに賑わった時代の名残だろうか。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(9)

2016年11月28日 00:46

03669.jpg


駅舎に入れば、無人駅だと分かった。
開けられたままのドア、越後湯沢駅長名の掲示物。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(8)

2016年11月27日 00:44

03668.jpg


大きな駅舎は、幹線の駅の証。
真夜中に突然現れた僕を、小さなイルミネーションが迎えてくれた。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(7)

2016年11月27日 00:35

03667.jpg


線路は冷え切っていた。
駅の灯が、暗闇に唯一の拠り所のように思えてくる。


2009/11 JR上越線 土樽駅~越後中里駅 ※踏切より撮影


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(6)

2016年11月26日 00:30

03666.jpg


広がる暗闇に、ささやかな灯が漏れている。
小さくなった無人駅に、朝になれば誰か来るだろうか。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(5)

2016年11月26日 00:27

03665.jpg


本線に接して新しくホームが作られた。
外側の副本線は剥がされ、元のホームは使われずに置かれている。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(4)

2016年11月25日 00:27

03664.jpg


新幹線に主役を奪われて、普通列車ばかりが走る。
煌々と輝く高速道路は、この駅を見下ろしている。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(3)

2016年11月25日 00:26

03663.jpg


雪は、あとどれ程経てば降り始めるだろうか。
流雪溝がこの土地の冬を物語る。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(2)

2016年11月24日 00:23

03662.jpg


夜が明けるまで、誰も来ないだろう。
ホームに、灯は拡散する。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

駅の夜の美しき時(1)

2016年11月24日 00:21

03661.jpg


真夜中の駅に流れる時。
かつてのホームへの副本線は、切れて暗闇に佇んでいる。


2009/11 JR上越線 土樽駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

丹沢の山へ(18)

2016年11月23日 10:26

03660.jpg


地元の人、旅する人、車窓に流れてゆく緑。
みんなを乗せて、山に分け入り列車は走り続ける。


2013/11 駿河小山駅~足柄駅 JR御殿場線2533M三島行 車内(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事