支線のある地下鉄(20)

2017年02月21日 18:17

03850.jpg


淡々と、機械的に駅に停まっては発車してゆく。
過ぎ去るホームには、もう誰もいない。


2015/2 中野新橋駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線B18381中野坂上行 車窓(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(19)

2017年02月20日 18:13

03849.jpg


3両だけの列車から、ホームに人が溢れ出す。
駅に、街の賑わいが流れ込む。


2015/2 方南町駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線A18361方南町行終着(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(18)

2017年02月20日 18:11

03848.jpg


ここまで列車が来ることはない。
錆びた3本のレールは、末端の寂しさ。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線分岐線 方南町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(17)

2017年02月19日 18:09

03847.jpg


まだ列車はやって来ない。
都会の駅に、ここには静かな時が流れる。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線分岐線 方南町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(16)

2017年02月19日 18:08

03846.jpg


木製の車止め、古びたブロックの塀。
昭和の時代をそのままに、今もこの駅はある。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線分岐線 方南町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(15)

2017年02月18日 18:07

03845.jpg


線路の終わりを示すサインの灯は柔らかい。
少し薄暗い駅は、今どきのハイコントラストな世界の対極。


2015/2 方南町駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線B18381中野坂上行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(14)

2017年02月18日 18:06

03844.jpg


3キロの距離に、途中2駅。
日がな一日、行ったり来たり。


2015/2 方南町駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線B18381中野坂上行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(13)

2017年02月17日 18:05

03843.jpg


狭いホームには、天井から吊り下げられた扇風機。
走る列車は綺麗でも、どこか昭和の残る地下の駅。


2015/2 方南町駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線B18381中野坂上行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(12)

2017年02月17日 18:03

03842.jpg


この車両は、支線以外を走ることはない。
都会の地下鉄にも、外れた場所の哀愁のようなものがあった。


2015/2 方南町駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線A17383方南町行終着(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(11)

2017年02月16日 17:53

03841.jpg


新宿へ、東京へ、池袋へ。
東京を闊歩する本線を横目に、3両だけの支線の折り返し列車が停まっている。


2015/2 中野坂上駅 東京メトロ丸ノ内線分岐線A17383方南町行(02系)・東京メトロ丸ノ内線B1731池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(10)

2017年02月16日 17:42

03840.jpg


ホームドアがあり、列車はワンマン運転。
開業から半世紀以上が経った今、最新の技術に固められている。


2015/2 荻窪駅 東京メトロ丸ノ内線B1731池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(9)

2017年02月15日 17:41

03839.jpg


地下に潜ったり、外を走ったり、U字を描くようにして東京を巡る。
パラパラと乗客がやって来ては、少しずつ座席が埋まってゆく。


2015/2 荻窪駅 東京メトロ丸ノ内線B1731池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(8)

2017年02月15日 17:40

03838.jpg


住宅街まで延びた地下鉄の終点。
さらに先には、乗客の立ち入ることのできないミステリアスなトンネル。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(7)

2017年02月14日 17:16

03837.jpg


緑に覆われたトンネルに、列車は吸い込まれてゆき、飛び出してくる。
ここは、地下鉄のオアシス。


2015/2 四ツ谷駅 東京メトロ丸ノ内線A1631荻窪行(02系)・B1607池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(6)

2017年02月14日 17:16

03836.jpg


東京に、大きな空と緑を感じる。
落ち着いた、文教の街。


2015/2 四ツ谷駅 東京メトロ丸ノ内線B1607池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(5)

2017年02月13日 16:55

03835.jpg


地下にあるホームへ、窓のある改札口から。
神田川の畔、すぐそこには、水面が広がる。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(4)

2017年02月13日 16:50

03834.jpg


外の光が手に届きそう。
コンクリートを打ち、固め、今なお列車の走るトンネルができたのは、昭和29年。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅~淡路町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(3)

2017年02月12日 16:50

03833.jpg


鉄骨の梁は、この路線が開業したときからのものだろうか。
戦争が終わり、まだ10年も経っていなかった頃。


2015/2 御茶ノ水駅 東京メトロ丸ノ内線B1643池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(2)

2017年02月12日 16:40

03832.jpg


“地下鉄”が、ビルの中層階にあるホームに滑り込む。
その向こうには、もう暮れ始めた冬の外の空気。


2015/2 後楽園駅 東京メトロ丸ノ内線B1641池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(1)

2017年02月11日 16:36

03831.jpg


乗り慣れた地下鉄は、起伏のある風景を走っている。
架線のない、開放感のある線路を。


2015/2 後楽園駅 東京メトロ丸ノ内線A1659荻窪行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

津軽海峡の駅

2017年02月11日 13:51

03830.jpg


空を映して、微かに青味を帯びる雪。
この駅は、津軽海峡と共にある。


2016/2 JR函館本線 函館駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(10)

2017年02月10日 20:10

03829.jpg


線路の終わりから、また夜の旅が始まる。
ここから、猛スピードで走る列車の躍動を感じ取って。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(9)

2017年02月10日 20:09

03828.jpg


ここもまた、線路の終わり。
その先へ延びる意思が形に見えている、今の末端。


2015/2 京急久里浜線 三崎口駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(8)

2017年02月09日 20:08

03827.jpg


僕は、このデザインが本当に好きだ。
スマートさと機能美を兼ね備えて、ダイナミックな真紅。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)・2059SH快特品川行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(7)

2017年02月09日 20:07

03826.jpg


もう一つの終点へ。
美しいデザイン、この路線の看板列車。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線1802A快特三崎口行終着(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事